So-net無料ブログ作成

森に響く鳴き声♪♪ 【追加画像】 [野鳥/カワセミ]

 1週間前に初めて聞いたアカの鳴き声。再び深い森へ踏み行ってきました。 晴天なので出ないかと思いましたが、いきなり鳴き声が聞こえたので、キョロキョロと鳴き声を動画で拾いながら移動していると突然、至近で鳴いて、ドキドキ! しばらく待機していればいいものをやっぱり気になるのでどこに居るのかと覗いてると、赤いものがスーと森の中を飛びました! はっきりと見たわけでは無いですが、くちばしが赤くほかは赤黒いように見えましたのでおそらくはアカで間違いないでしょう!? でもあまりにも早いので記憶が薄い(^-^;)

 しばらく近くで遠くで鳴いていて楽しませてくれたと同時に居場所が定まらずヤキモキ・・・結局ちゃんと姿は見れませんでしたが、はっきりと鳴き声を聞いたので嬉しかったです。 なんとか姿を見たいものですが・・・ どうも2羽いるようです。番なのか同性なのか?? 

鳴き声の動画です。 他にもありますが、一番大きく聞こえるのをアップしました。 最初の出会いが一番至近距離でした。もう少し慎重に行動していれば撮影できたかもしれません・・・ 

↓↓ 【追加画像】 冒頭の動画をコマ送りしていたら、アカらしいのが映ってました!? 光のいたずらの可能性もありますが・・・ 写真真ん中の枝にいるそれらしき姿??  移動中はモニタ画面は見てないし肉眼でも捉えてませんのでこれではなんともいえませんね。なんとか夏のうちに探索に行ってしっかり姿を見たいものです・・・。

Image3.jpg 

※検索に引っかからないように本文中には固有名を入れてません。コメント書く場合もご協力ください。





続きを読む


素敵な夕焼け♪ [散歩/旅]

 夕食をしていたら外が赤くなっていたので、慌てて外に出るとほんのりと空全体が色づいてました。これは焼けるぞ~とカメラを持って近くの公園へダッシュ! 案の定、どんどんと色づいてゆき、やがて空全体が燃え上がりました!! 全ての建物が赤く染まるほどの焼けっぷり! こんな夕焼けを尾瀬で見てみたいと思ったのは言うまでもありません(^-^;)  半ズボンだったのでずいぶん蚊に食われながら夕焼けが薄くなるまで見てしまいました。 

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ 最初はオレンジ色でした。これでも凄く綺麗です。

IMGP9279a.jpg

↓↓ そして急激に赤く染まります!! まさに燃えるようです。

IMGP9287a.jpg

↓↓ 端正な樹形の桜のシルエットが夕映えにいい感じです。

IMGP9293a1.jpg

↓↓ 子供の遊び用の水たまりに映る夕焼け。

IMGP9300a1.jpg

↓↓ ちょうどお父さんに連れられた子供が自転車で通過しました。

IMGP9297a.jpg

↓↓ 池に映る夕映えの街灯。

IMGP9301a.jpg


上弦の月 [天体写真]

 夏至を過ぎて一転し昼がどんどん短くなり夜が長くなってきますが、それでも20時くらいにならないと暗くなりませんね。 そんな24日は上弦の月、いわゆる半月でした。 ちょうど、窓から見えていたので久しぶりにNikon P510で撮影してみました。 デジタル2000㎜で撮影してすこしトリミングし、色温度も調整。 元画像はさすがに荒れてますがこのくらいに縮小するとクレーターも綺麗に見えますね。

【機材:Nikon P510】 ※クリックで拡大。

↓↓ 上弦の月(月齢8)。 撮影は19時35分頃。 実際の上弦は20時03分でした。

DSCN7832s1.jpg


梅雨の山間散策 [スミレ/野草]

 日曜日は雨の予報、でも午前中は日差しもあったりと、こりゃ~降らないんじゃ? とまあ降ってもたいしたことないだろうと言うことで、別件もあったので都内の山に行ってきました。

 着くなり降り始めてしまいました(^-^;) でも強く降ることもなく帰る頃には青空も出てきました。しっとりと濡れた山道をノンビリと散策しましたが、あまり花が少なかったです、でもお目当てのランは見つけました。3年ぶりに見たかな~?

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM/Nikon P510】

↓↓ 遠目にも花のように目立つ白い葉っぱ。マタタビです。花の時期になると白くなります。

IMGP9027a.jpg

↓↓ そしてこれがマタタビの花。結構大きい花です。 猫にマタタビのあのマタタビです。

IMGP9038a.jpg

↓↓ ホタルブクロ。 大きな花なのでよく目立ちます。

IMGP9015a.jpg

↓↓ アカショウマ

IMGP9084a.jpg

↓↓ ヤマアジサイ

IMGP9040a.jpg

↓↓ サワギク。ちょっと濡れてしおしおです。

IMGP9076a.jpg

↓↓ そしておめあてのキバナノショウキラン! ちょっと見頃は過ぎて痛んできてましたが久しぶりに見ました。 遠目には枯れ枝に見えたのですが、むむむ? と近寄ると、おおおっっ!と思わず声が出ました!(^-^;)

IMGP9045a.jpg

↓↓ 花のアップ。 けっして綺麗な花では無いですが、珍しいランです。尾瀬ではショウキランというピンク色のがありますね、あちらの方が見た目には綺麗です。

IMGP9068a.jpg

↓↓ 木ノ上でカサカサと何か食べていたのはリスくんでした。ちょくちょこ動くのでなかなか全体が捉えられず、ボケボケ写真連発でしたが、何とかピントがきてたのがこれですが、顔が映ってません(^-^;) 正式には、ホンドリスというのかな?

Dscn7818a.jpg

今回一番の収穫は、雨の中、遠くでアカが鳴いてました。 キョロロロロ~ という独特の鳴き声は間違いありません! でも姿は見えず・・・ 初めて生で聞いたので感動しました。 【検索に引っかからないように名前は伏せておきます。】

動画で鳴き声拾ってみましたが、かなーり遠いので聞きづらいですがけっこう鳴いてます。ボリューム最大にして聞いてみてください。 お使いのスピーカー性能によっては再生周波数の関係で聞き取れないかもしれませんのでご了解ください。会社のノートPCではまったく聞こえませんでした(^^;)


鉄な散策 [散歩/旅]

 まさしく梅雨の晴れ間で朝から青空でしたね。 尾瀬に行きたいけど、訳ありでちょっと我慢ってことで、北斗星の撮影に埼玉方面に出かけました。このあたりは田園地帯で高尾山や奥多摩にはない風景が広がってますね。 山間ではよくみかけるソバ畑もあったりします。あぜ道歩けばカエルが鳴いたりおたまじゃくしが泳いでたり、郷里を思い出します。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ ソバ畑を駆け抜ける電車もなかなか良いです。 北斗星の写真は姉妹ブログ 「たまに撮り鉄」 に掲載しています。

IMGP8934a.jpg

↓↓ ソバの花。 夕方には曇ってしまい光線具合はイマイチでした。

IMGP8940a.jpg

↓↓ あぜ道に咲いていたネジバナ。かな沢山見かけましてちょっと嬉しかったです。

IMGP8916a.jpg

↓↓ そして、白花のネジバナ! これはかなりレアでしょう(^-^)/

IMGP8921a.jpg

続きを読む


王子・飛鳥山の紫陽花 [散歩/旅]

 北斗星を撮影にいく序でに紫陽花で有名な王子の飛鳥山に行ってきました。ここの線路際の路地沿いに色とりどりの紫陽花が植えられていて今が見頃になっています。 「あじさいの小路」と言われてます。とても狭いとおりで人も多いですが、鮮やかな色の紫陽花が素晴らしかったです。 すこし水滴がついていたりするともっと梅雨の雰囲気も出たかもしれませんね。 これから色づく物も多いのでまだ暫くは楽しめそうでした。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ 湘南新宿ライン、宇都宮・東北線、高崎線、京浜東北線、少し離れて都電が走るそのよこの路地沿いに沢山の紫陽花が今が盛りと咲いていました。山の上は飛鳥山になります。 この鉄柵がなければ電車とのコラボも良いのですが・・・

IMGP8601a.jpg

↓↓ いろんな色合いの紫陽花が混在していて綺麗です。

IMGP8607a.jpg

↓↓ こちらは、同じ色合いの紫陽花が並んでます。まだ色づき始めなので満開になると綺麗でしょう。

IMGP8620a.jpg

↓↓ 紫陽花というとこの色でしょうか?

IMGP8616a.jpg

↓↓ 最近は赤いのも多いですね。

IMGP8599a.jpg

↓↓ 200mくらいに渡って紫陽花が続いてます。

IMGP8611a.jpg

続きを読む


再びチャレンジ! [スミレ/野草]

 蓮田で北斗星などを撮り鉄 (写真はこちら) した後は、さらに北上し、とある場所へ・・・ ここでは3週間前に、タチスミレを探しに来たのですが、まったくダメで徒労に終わりましたが、もう一度再訪してみました。 今回はちょっと違うポイントです。 かなり歩きましたが、何とか見ることが叶いました!! 5年ぶりにの再会です。 このポイントはかなりの個体数があるようでした。 花はやや終盤でしたが、新鮮なのを探して撮影することが出来ました。 

それほど綺麗な色でもないですが、スミレファンには幻のスミレの一つでしょう。 朝の雨はすっかり上がって日差しが強かったのですっかり腕が焼けてしまいました。 

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM / DA50-200mmF4-5.6】

↓↓ 今日は青空で透明度も良く遠くの山までよく見えてました。

IMGP8470a.jpg

↓↓ やっと再会した、タチスミレ!株の大きさに比べると花は小さいです。 まわりのヨシや草の背丈に比例するように成長し時には人の腰くらいまで伸びることもあります。 葉は上部に行くほど細長くなります。

IMGP8406a.jpg

↓↓ 花が2つ以上あるのが少なかったです。

IMGP8382a.jpg

↓↓ 花の大きさは5ミリくらい。

IMGP8437a.jpg

↓↓ 花弁の裏側は紫色を帯びることがあります。 以前のポイントでは表側も紫色のが見かけたのですが、ここは見かけませんでした。

IMGP8417S.jpg

↓↓ 絶滅危惧種のハナムグラ。

IMGP8460a.jpg

↓↓ 遊水池の湿原は野鳥も多いです。 これはオオヨシキリ。 枝の先で盛んにさえずって縄張りを主張しあってます。

IMGP8375s.jpg

↓↓ オオセッカかな?

IMGP8368s.jpg

↓↓ こちらは、コアジサシかな?

IMGP8474s.jpg

続きを読む


新レンズ導入 [カメラ・撮影機材]

 以前報告したSIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACROの内部のネジと思われる物がとれましたが、問題なく稼働していたので使っていたのですが、尾瀬ヶ原にいったおり、ズームが異常に重くひっかかる感じになっていたので、これは流石にヤバイと思って、とうとう購入しました。 同じレンズの最新版である。SIGMA 17-70㎜F2.8-4 CD MACRO HSM (Contemporary)です。 今まで使っていたのは初代で、新しいのは3代目という位置づけです。

 何がどう変わったかというと、ワーキングディスタンスが若干長くなりました。また、テレ側のF値が若干明るくなりF4.0です。 そして超音波モーターですね。 さすがに超音波ですから無茶苦茶静かで、え?動いてるの?みたいな第一印象でした(^-^;) これまでのがジージーと音が大きかったので余計に静かに聞こえます。 AFも速いですね。

  • 最短撮影距離22cm
  • 最大倍率1:2.8
  • 70mm時のワーキングディスタンスは、5.52cm

 で、肝心の映り具合ですが、とりあえず手近な花を写してみましたが、まあ総合的にはさほどの大きな差はないようです?

【機材:K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 CD MACRO HSM /SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ カメラに装着してるのが新レンズ。

Img_3020a.jpg

↓↓ 新旧レンズの大きさは本体部分はあまり変わりませんがテレ端に伸ばしたときは以前より短くなってます。フードの形状が小さくなりました。これは最短撮影距離がレンズ前数㎝程度なのでフードが邪魔になるからですね。 

Img_3018a.jpg

↓↓ ヒルガオ。 カリカリのシャープさはありませんが、すっきりした線です。

IMGP8258a.jpg

↓↓ 3つ並んだ花を見るとボケてゆく段階が柔らかい感じがします。

IMGP8269a.jpg

↓↓ アジサイ。 色再現も悪くはなさそう。

IMGP8260a.jpg

↓↓ 小さな花にもかなり寄れるのは相変わらずです。 やっぱりボケが柔らかくなってるようです。

IMGP8262a.jpg

↓↓ 左が新しいレンズ。 右がこれまでのレンズ。 構えた位置の距離差が少しありますが、これを見てもやはりボケ具合が柔らかくなってるのが判りますね。どちらも同じテレ端で開放値ですから、F値が少し明るくなった分の柔らかさでしょうか?

IMGP8266a.jpgIMGP8277a.jpg

とりあえず、新しくなったので安心して使えます。 星の映り具合も気になりますので、尾瀬に行ったときにでもまた確認してみたいです。


水芭蕉咲く尾瀬ヶ原 【3】 [尾瀬]

 先週末の尾瀬ヶ原では一眼レジ、コンデジで合わせて400枚くらい撮影しています。まだ花も少ない状態でこれですから、花の季節には倍くらいになるんじゃないかと・・・(^-^;) 2TのHDDも遂に満杯になってきたので新規増設しました。 デジタルにするとデータばかりどんどん増えてしまいますね。まあフィルムほど場所を取らないので良いですが・・・ 

 沢山撮ったので、もう少しばかりいろいろ取り混ぜて掲載したいと思います。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO / W60】

↓↓ 新緑と至仏山。 昨年は至仏山に登ってませんので今年は花の時期に登りたいですね。それにしても青空が綺麗な日でした。

IMGP7576a.jpg

↓↓ 新緑の林床にはまだ残雪が残る場所も多いです。 このギャップがまた綺麗ですね。

IMGP7586a.jpg

↓↓ アカシボの沈着した湿原に咲いた水芭蕉。なんだか凄い情景ですが、印象深かったので撮影してみました。

IMGP7658a.jpg

↓↓ 上田代の定番シラカンバですが、左の木がかなり弱ってきているようです。いづれ枯れてしまうのでしょうね。

Imgp0219a.jpg

↓↓ 山の鼻湿原。昨年同じ時期に歩いたときは、沢山のワタスゲの花が出ていましたが、まったくといって良いほど見当たりません、これは尾瀬ヶ原全体にいえることで、今年は大不作のようです。昨年が良かったので完全に裏年です。 尾瀬沼の方も少ないという情報ですので、今年は期待薄ですね・・・

Imgp0202a.jpg

↓↓ 牛首の三つ叉分岐で昼食でした。 鳩待峠で買ってきたおにぎり弁当。大きなおにぎりはいい塩加減で梅と昆布。他にウインナー、卵焼き、唐揚げなどが入って500円はかなりお安いです。 お薦めの一品ですです!

Imgp0230a.jpg

↓↓ 今年も試験的に鹿よけ網が設置されてましたが、もはや試験なんてやってる場合では無いのですけどね・・・ 役所は対応が遅すぎ! そもそも試験しなくても網の中は食べられることは無いです! 小学生でもわかることです(^-^;)

Imgp0247a.jpg

↓↓ 今回は泊まりませんでしたが、今年もお世話になります龍宮小屋さんです。

Imgp0250a.jpg

↓↓ その龍宮小屋裏の沼尻川沿いの木道が土台からえぐられてやや浮いたような状態で、片側通行になってますのでご注意ください。ここをこのまま直すのは不可能なので、川から離して木道を設置することになるかもしれません。

Imgp0251a.jpg

↓↓ 見晴らしの山小屋メイン通り。日帰り客はあまりここまで来ないので意外と空いてたりします。今回は見晴らしのテント場でテン泊でしたが、ほとんど龍宮小屋で談笑していたので寝床だけのテントでした(^-^;)

Imgp0261a.jpg

↓↓ 見晴らしのテント場やトイレに向かう通路ですが、土曜日夜まではなんともなかったのに、早朝にはこんな風に大木が倒れていました。根元から折れた感じです。夜に風とか吹いては無いので不可思議です。もしかしたらクマが登ったりして倒れたのかもしれません。ちなみにこの木は枯れてませんでした。

IMGP7985a.jpg

↓↓ ヨッピ吊り橋。 転落など防止のためでしょうか? 網が張られてました。 でも、端を歩いたりしたときに引っかかりそうで逆に危険かもしれません・・・

Imgp0284a.jpg

↓↓ 日曜日の朝は龍宮小屋で朝食のラーメンを作り頂きましたが、それだけではお腹が空くので売っていたパンと珈琲を頂きました。相変わらずここの珈琲はマイウーですね。 この酵母パンはかなり日持ちがするので山小屋では定番のようです。

Imgp0298a.jpg

↓↓ 日曜日は朝から雨模様でした。しっとりと濡れた湿原と水芭蕉を見ながら下山しました。

Imgp0305a.jpg

↓↓ 研究見本園中ほどの水芭蕉群生地。満開ですね。このころには雨もやみ回復の兆しで太陽が顔を覗かせるようになってました。

Imgp0321a.jpg

次回の私の尾瀬入りは、6月中下旬か、7月上旬の至仏山になりそうですが、北岳も気になります。宿題が残ってますので(^-^;)


水芭蕉咲く尾瀬ヶ原 【2】  [尾瀬]

 早春~春の尾瀬で湿原にはあまり花も無いのですが周辺の林床などではいろいろな花が咲き出していてついつい足が止まってしまいますね。花の本番の初夏はもっと鈍足になることでしょう。 花の尾瀬、序盤の花達を掲載します。これが全てではありませんが、出来るだけ多くということで枚数多めに掲載です。同じ花もありますが・・・

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO / DA50-200mmF4-5.6 / Nikon P510】

↓↓ 下の大堀川沿いに咲く水芭蕉。緩やかに流れる川と白い水芭蕉、新緑の木々。いいコントラストですね。

IMGP7759a.jpg

↓↓ キラキラばっくの水芭蕉。

IMGP7852a.jpg

↓↓ どちらもオチクラミズバショウです。普通は白い「ほう」が1枚ですが、2枚あるものをこう呼びます。 今回はあちこちで見ることが出来ました。

IMGP7931a.jpgIMGP7959a.jpg

↓↓ リュウキンカと小粒の水芭蕉の組み合わせが可愛らしくていっぱい撮りましたが、両方にピンを合わせたのを撮るのを忘れました(^-^;)

IMGP8047a.jpg

↓↓ ザゼンソウ。 ちょっと時期が遅くていいのがありませんでしたが、これが一番新鮮かな? IMGP7811a.jpg

↓↓ イワナシ。 これはかなり色の濃いタイプですね。ふつうはもつと淡いピンク色です。

IMGP7594a.jpg

↓↓ 左は普通のエンレイソウ。 右はミヤマエンレイソウで花は白いです。

IMGP7582a.jpgIMGP7630s.jpg

↓↓ ウスバサイシン。 エンレイソウもそうですが花には幅があり暗紫色~緑っぽいものまで様々です。

IMGP7626a.jpg

↓↓ ヒメイチゲ。 小さな白い花を1つだけつけるイチゲの仲間です。 意外と日当たりの良いところに咲いてるので光ってなかなか撮りにくいです。 キクザキイチゲもありましたが咲いてるところに着くと曇ってしまい閉じてるものばかりでした。

IMGP7799a.jpg

↓↓ 尾瀬では一番早く咲くだろう、ミネザクラ。 尾瀬ヶ原の各所では見頃になってました。

IMGP7651a.jpg

↓↓ アズマシャクナゲ。 いつもの大木なのですが、例年もう少し赤色が入るのですが今年は白花ばかりでした。何かの要素が絡んでいるよですね。 【Nikon P510】

Dscn7722a.jpg

↓↓ ショウジョウバカマ。 なかなかいいのが無いのですがこれはいい形でした。越冬した葉っぱも見えてますし花色もやや濃いです。

IMGP7964a.jpg

↓↓ お待たせ!? スミレたちです。 まずはアオイスミレ。尾瀬のアオイスミレは新葉が完全に出てくる前から花を咲かせます。豪雪地帯に特化した性質変化でしょうか? 花もすっきりしているので、エゾアオイスミレと間違いますが、実際の所どうなのか専門家の意見を聞きたいですね。越冬葉はあるようです。

IMGP7654s.jpg

↓↓ ミヤマスミレ。 この時期尾瀬のあちこちの林床で咲いてます。

IMGP7817a.jpg

↓↓ オオバキスミレ。 雪国の代表的なスミレですね。日本海側ではあぜ道に咲いていたりするそうですが、尾瀬では一部の林縁だけです。

IMGP7565a.jpg

↓↓ まだ少しですが、オオタチツボスミレ【左】とオオバタチツボスミレ【右】が咲いてました。

IMGP7948a.jpgIMGP8006a.jpg 

↓↓ スミレサイシン。 これも尾瀬では多いです。 

IMGP7822a.jpg

↓↓ 尾瀬ではかなりレアな、キバナノアマナ。 知ってる限りほんとにごく一部でしか見れません。しかも、木道から離れているので望遠レンズが必要。この写真もNikon P510で撮影してます。

Dscn7760a.jpg

↓↓ そして、今回の目的の花、トガクシショウマです。いつみても個性的ですね。氷河期からの生き残りで日本にしか無い一属一種の希少な植物です。ちょうど満開でタイミングは良かったです。少し遠いところに咲いてるので望遠レンズ必須です。 これで300㎜くらい。

IMGP7888a.jpg

↓↓ Nikon P510でも大きく撮影してみました。 尚、希少種のため場所の問い合わせはご遠慮ください。

Dscn7733a.jpg

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。