So-net無料ブログ作成

水芭蕉咲く尾瀬ヶ原 【1】 [尾瀬]

 4月の尾瀬沼以来尾瀬に行ってませんでしたが、ようやく2回目の尾瀬に行ってきました。当初の予報の日曜日の雨が曇り時々晴れになったので決行しましたが、結局は土曜日夜から日曜日午前中だけ小雨に降られてしまいました。そんなわけで夕焼けも朝焼けも無しです。 しかし、土曜日は夕方近くまでピーカンの快晴で気温も夏のようになり暑かったです。ハイシーズン直前で空いてるかと思いましたが人は多かったです。沼山峠の道路の陥没の影響で尾瀬ヶ原の方に廻ってきたのかもしれません。

 水芭蕉は見頃でしょう! 定番のところなどは茶色になってきているのも多く、本当のハイシーズンには終盤になっていると思います。尾瀬ヶ原の水芭蕉目的の方はお早めに行った方がいいです! また、目的の一つだったトガクシショウマも満開でした。

 まずは、風景写真を中心に掲載します。 現地では多くの尾瀬仲間さんにお会い出来ました。 kazuさん夫妻、アクアさん、かおるるさん、安類さん、永井さん、山好きなおっちゃんさん、youicさん夫妻。皆さんお疲れ様でした。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ 研究見本園の池塘に映る残雪抱く至仏山が綺麗でした。 

IMGP7645a.jpg

↓↓ 上田代。 山の鼻出発が正午近くだったので太陽がさんさんと降りそそぎ暑かったです。

IMGP7683a.jpg

↓↓ 牛首山の新緑が綺麗です!

IMGP7686a.jpg

↓↓ ゆるぎ田代の池塘に映る新緑。風があるのであまり綺麗には映り込みませんでした。

IMGP7710a.jpg

↓↓ 水芭蕉の定番ポイント。下の大堀川。景鶴山と水芭蕉の群生。

IMGP7734a.jpg

↓↓ 定番スポットですね。もう見頃過ぎでしょうか? 

IMGP7751a.jpg

↓↓ 龍宮の出口と景鶴山。 このころの水き透明で綺麗ですね。夏は濁ったようになります。

IMGP7775a.jpg

↓↓ 逆さ燧。ここで見れると予想外でした。 久しぶりの龍宮小屋が見えてきました。

IMGP7770a.jpg

↓↓ 東電小屋、赤田代分岐付近には小振りで綺麗な水芭蕉が多いです。

IMGP7849a.jpg

↓↓ リュウキンカもかなり咲いてます。

IMGP7834a.jpg

↓↓ 下田代。燧ヶ岳の裾野から新緑が昇ってゆく様子がよく分かります。 ちなみに今回は見晴らしでテント泊でした。

IMGP7809a.jpg

↓↓ 新緑シャワー!! 向こうに見えるのは至仏山。

IMGP7577a.jpg

↓↓ 東電尾瀬橋付近の湿原の水芭蕉群落。いっぱい咲いてますがもう終盤で茶色くなってました。

IMGP7940a.jpg

↓↓ 小降りの水芭蕉が流れ沿いに咲いていい感じです。

IMGP7840a.jpg

↓↓ 長沢の群生。この写真は日曜日の朝です。かなり沢山咲いてました。ここも終盤。

IMGP7988a.jpg

↓↓ 夕方から小雨が降ったりやんだり、星空も無理そうでしたが時々空を覗くと雲間に星がぁぁぁ~急いで湿原へ出て撮影したら天の川やいて座が映ってました。ただこれ以上晴れることはなかったです。 右下の灯りは龍宮小屋。

IMGP7980a.jpg

そして、土曜日の夜は大きな地震があり皆さんと談笑中にゆらゆらと揺れてビックリでした。

次回は花です!


尾瀬ヶ原Now

image1.JPG今週末は尾瀬ヶ原に来てます。
日中は快晴でしたが、夜は小雨になってしまいました。おまけに地震でびっくり!
埼玉、東京はかなり揺れたみたいですね。

尾瀬ヶ原の水芭蕉は見ごろです。来週末は終わりかも? 見本園あたりはまだ新鮮。

nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

のんびり高尾山 【写真追加】 [高尾/奥多摩]

 昨日の疲れもありましたが、天気予報が大きく外れて午後も晴れの様子。のんびりしようと思ってましたが、午後から高尾山に行ってきました。この時期の花は少ないですが、セッコクの花がそろそろだろうという一つの目的はありましたが、行って見るとタイミングバッチリで満開でした。今年も杉の木に花が咲いたように咲いていてじっくりと撮影してしまいました。 通りすがる人は何かあるのは判るけど遠いのであまり気にはしてない人が多数ですが、説明してやると驚いてました。同じようにスコープを2台設置して説明している方もいました。高尾山のガイドかなにかやってる方かもしれません。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO/Nikon P510】

↓↓ 山頂に行くつもりはなかったのですが、久しぶりに行ってみました。この時期には珍しく富士山がまあまあ見えてました。夕方には夕焼けにシルエットで綺麗だろうな~と思いましたが、曇ってしまったようです。

IMGP7359a.jpg

↓↓ お目当てのセッコクです。いくつか生育地がありますが、標高的には一番高い位置かな? ややうっすらピンクがさすタイプですが見事な密集度ですね。双眼鏡で見るととても美しかったです。 セッコクの撮影は全てNikon P510です。このれでないと大きく撮れないくらい高い木に着生しています。

Dscn7704a.jpg

↓↓ 白いタイプが多いです。

Dscn7658a.jpg

Dscn7660a.jpg

↓↓ 中にはこのくらいピンク色のもありますが少ないですね。

Dscn7664a.jpg

↓↓ 枝にびっしりと着生している様子が観察出来ます。セッコクは漢字では石斛と書き、文字通り岩や岸壁に着生することが多いですが、ここ高尾山では杉の木に着生しています。普段はわかりませんが花が咲くと、あちらにもこちらにも着生しているのが確認出来ます。今回は1号路でも初めて見つけましたし、薬王院の近くでも少しですが見ることが出来ました。

Dscn7649a.jpg

↓↓ これも見事な群生ですね。 午後からでしたが満開のセッコクを堪能出来ました。

Dscn7683a.jpg

↓↓ こちらはジャケツイバラ。

Dscn7675a.jpg

↓↓ 上ばかり探してると見落としますが、イナモリソウも見頃でした。やや薄暗い林床に静かに咲いています。この淡い色がなんとも綺麗ですね。

IMGP7345a.jpg

↓↓ オカタツナミソウ。これも林床に多い花です。青紫色が綺麗です。

IMGP7321a.jpg

↓↓ マルバウツギ

IMGP7308a.jpg

↓↓ コゴメウツギ

IMGP7348a.jpg

↓↓ サイハイラン。 谷筋に多いランですが、尾根でもぽつぽつ咲いてます。

IMGP7367a.jpg

↓↓ 雨予報は完全に外れて青空も広がってました。時間が遅かったので人も少なくてゆっくり歩けます。午後の高尾山、お薦め!

IMGP7393a.jpg

IMGP7379a.jpg

【追加写真】

↓↓ 高尾山口駅は改札付近のリニューアル工事が終わり木をふんだんに使った駅舎になってます。新しいので木の香りが良いです。売り場にはしっかりモンベルが入り高尾山オリジナルのグッズが沢山置かれてました。

Img_2901a.jpg

↓↓ また、温泉の掘削が完了した、駅の裏手には鉄骨の建物がずいぶん出来上がってました。高尾山の後はここでひとっ風呂浴びれそうですが混みそうですね~ 完成したら1回くらいは入ってみたいです。 オープンは2015年秋。 「高尾山温泉」 泉質、アルカリ性単純温泉。毎分300リットルの湧出量だそうです。 

Img_2974a.jpg

続きを読む


バラ満開! [散歩/旅]

 アパートの玄関先に大家が植えているバラが今年も満開になりました。 なんという品種かわかりませんが蔓のように伸びて絡ませてあります。花は中輪タイプの八重ですね。真っ赤で天気がいいと飽和しちゃってうまく赤が出ませんが、いつもながら見事な咲きっぷりでご近所の方もスマホなどで写真を撮っていくほどです。

↓↓ 青空に赤いバラが綺麗です。

IMGP6866a.jpg

IMGP6861a.jpg

↓↓ クローズアップ。八重です。 飽和してます・・・ 

IMGP6868A.jpg

↓↓ こちらはiPhone6での写真。 私はアパートの1階なのでこのバラの下をくぐって出入りしてます。咲いてないときは邪魔です(^-^;)

Img_2956a.jpg


見つからず・・・ [スミレ/野草]

 土曜日は、午前中は雨でしたが午後は回復という予報だったので久しぶりにタチスミレを見たくてちょっと出かけました。午後でも良かったのは以前に見たポイントを知ってるからで、すぐに見れるだろうという魂胆でした。 しかし、行って見るとどこにも見つからずでした。 以前よりヨシの勢いが増して道のような場所も判りづらくなってたので環境の変化の可能性もありますが、1株もないというのは盗掘の可能性も高いです。タチスミレはほぼこのエリアにしかないので希少なスミレで盗掘は後を絶たないそうです。 私的には1箇所しか知らないのでここで見れないとなるともう見ることもないのかもしれません。 まあ探せばどこかにあるのは判ってますが、とにかく広大で背丈ほどもあるヨシ原のなかを探すわけですから、蒸し暑くて大変すぎます。

 前回見たのは6月でしたのでまだ少し早い可能性もあるのですが、それでも株自体が無かったのがガッカリでした。

↓↓ タチスミレで検索すれば直ぐに出てくるので隠しても仕方ありませんので書いちゃいますが、渡良瀬遊水池です。とにかく広大なエリアです。

IMGP6677a.jpg

↓↓ キショウブがあちこちで見頃でした。自然に自生しています。

IMGP6685s.jpg

↓↓ ヒレアザミ。全身トゲトゲでかなり印象深いです。

IMGP6678a.jpg

↓↓ ハナムグラ。 絶滅危惧種です。渡良瀬遊水池の湿原には希少な植物がとても多いです。尾瀬でも同じようなのがありますね。

IMGP6682a.jpg

↓↓ そしてこちらがタチスミレです。これは5年前(2010年6月13日)に撮影したものです。 草丈が高くなるし葉も特徴的なので花がなくてもわかるのですがまったく見かけませんでした。花期が一ヶ月くらいと長いので5月中旬でも早くは無いのですが・・・ 6月にもう一度行って見ようかな~ 

IMGP3158a.jpg

土曜日に蒸し暑い中を散々歩き回り、帰りに夕方の北斗星の撮影も失敗してすっかり疲れが出てしまったので、日曜日は天気が良かったですが、ゴロリと過ごしました。

続きを読む


ちょっと高尾山 【2】 [スミレ/野草]

 先日の高尾山の続きです。 すぐに掲載しようかと思ってましたが、あまりいいのがないのでどうしようかと悩んだのですが、何とか選択してみたので掲載します。この時期は花の端境期で目立つ物は少ないですね。 もう少し梅雨の時季になるとまたいろいろ咲き出しますので、また出かけたいです。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ 爽やかだった早春の沢も、すっかり茂って、あちこちに蜘蛛の巣が張られてうかつに入り込むと餌食になります(^-^;) 

IMGP6379a.jpg

↓↓ 虫の姿も増えてきました。ヒラヒラと飛んでいたのは、オオカワトンボかな?

IMGP6347s.jpg

↓↓ こちらは、オナガアゲハ。

IMGP6382a.jpg

↓↓ オナガアゲハが吸蜜していたのは、ミツバウツギの花。

IMGP6385a.jpg

↓↓ クワガタソウ。

IMGP6348a.jpg

↓↓ マルバウツギ。

IMGP6388a.jpg

↓↓ オオバウマノスズクサ。 この独特の花は毎年見たいとおもいます(^-^;) 

IMGP6496s.jpg

↓↓ ホウチャクソウ。

IMGP6416a.jpg

↓↓ スミレは、コミヤマスミレ以外はほとんど終わってますが、こんな怪しいのもみつけました。雑種のような気もしますが、普通の多花のアカネスミレかもしれません。来年確認したいです。 このほかには、2箇所目のフギレナガバノスミレサイシンを見つけました。

IMGP6465a.jpg

続きを読む


ちょっと高尾山 【1】 [スミレ/野草]

 日曜日は朝から素晴らしい青空、ノンビリしようかと思っていましたがこの青空に外に出ないのはもったいないということで、午後からですが高尾山へ散策に行ってきました。高尾山で最後に咲くコミヤマスミレがその目的です。 なので短ルートでさくっと戻ってこようと思ってましたが、何かに呼ばれるようにあちこちと歩いてしまい、結局朝から歩くくらいの距離をバタバタと歩いてしまいました(^-^;) でもバタバタしたわりにはけっこうレアな物も見れたし、新たな発見もあったりと収穫ありでした。 さらに。駅ではばったり新井二郎先生とお会いしました。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO/Nikon P510】

↓↓ カツラの林もぐっと緑色が濃くなり初夏の様相です。爽やかだったあのスミレの時期とはまるで違います。でも森の中を吹く風はとても涼しかったです。

IMGP6342a.jpg

↓↓ 今日の一番の目的だった、コミヤマスミレ。 今年は咲くのが早くてなおかつ花付きがイマイチのようで、なかかないい株がなかったですが、この株はとても綺麗な花でした。もう17時過ぎで暗かったのですが三脚使って絞り込んで撮りました。

IMGP6529a.jpg

↓↓ こちらも花の数は多いですがややは終わりかけです。

IMGP6509a.jpg

↓↓ まだ少し早いのかと思いましたが、もうキンランが咲いていました。ちょうど見頃ですので1週間後だったら終わっていたかもしれませんね、呼ばれるように歩いてラッキーでした(^-^;)

IMGP6436a.jpg

↓↓ 左がササバギンラン、右がギンランで。ササバギンランは葉っぱの方が花より高く飛び出るのが特徴です。 どちらもキンランほど開かないです。

IMGP6419a.jpgIMGP6397a.jpg

↓↓ キンランが咲くなら、エビネも咲いてるだろうと、さらに足を伸ばしてみたら、満開でした! 何カ所か知ってるうちの数カ所しか廻れませんでしたが、それぞれ違う色合いで綺麗です。どれもジエビネと呼ばれる品種です。 下の写真は黄緑色と白色の組み合わせです。

IMGP6422a.jpg

↓↓ 萼は同じ色ですが弁に紅が濃く入ったタイプや、そうでないタイプ。

IMGP6440a.jpgIMGP6471a.jpg

↓↓ さらにこちら、杉などに着生するカヤランですが、これも早くに終わってしまったようで、辛うじて花が残っているのはこれだけでした。Nikon P510で1000㎜です。かなり高い所に着生してました。

Dscn7569a.jpg

↓↓ 木々に絡まるヤマフジが綺麗です。なかなか近いところに無いのでこちらもNikon P510で撮影です。

Dscn7576a.jpg

↓↓ 大きな花のホウノキ。 独特の香りがします。

IMGP6399a.jpg

↓↓ そして発見! ホタルカズラの大群落! いや~ こんな群生は初めて見ました。 環境が少し変わるとこうして復活というか繁盛するのですね。スミレも同じようなことがいえます。大切に残したいものです。

IMGP6490a.jpg   

もう少し続きます。

続きを読む


ちょっと上州へ [山歩き]

 4日5日とダラダラと休足してましたが連休最終日は、ちょっと上州の榛名山に行ってきました。 今回は散策程度ですが、まあスミレもポツポツあるのでそれなりに楽しめました。ただ春霞が酷くてあまり遠くまで展望できませんが、尾瀬方面の山も見えていたようです。

 山を下りた後は初めて榛名神社を参拝~ 巨大な岩が圧巻です。ここは山そのものをご神体にしているようです。

【機材:K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ 名前忘れた急峻な山の中腹からの榛名山のシンボル?榛名富士と少し榛名湖がみえてます。新緑はほぼ山頂まで上がってました。

IMGP5975a.jpg

↓↓ 山頂から高崎方面、南側は春霞が酷いです。 ここまで登るのはかなりの急峻なところを登るのでちょっと大変でした。その苦労のわりにはスミレは少ない。 

IMGP5993a.jpg

↓↓ 榛名神社本殿。まわりはすごい岩の壁に囲まれています。

IMGP6029a.jpg

↓↓ 本殿はこの岩と一体になるように造られています。岩の上に玉串があるのですがどうやって取り付けたのか? 

IMGP6032a.jpg

↓↓ お昼は参道にあるお蕎麦屋さんで手打ち蕎麦を頂きました。味は普通です(^-^;) ただわき水だという水は冷たくて美味しかったです。

IMGP6011a.jpg

↓↓ エイザンスミレもまだ新鮮なのが点々と。

IMGP5984a.jpg

↓↓ ニオイタチツボスミレはけっこう多い。

IMGP5966a.jpg

↓↓ おおこれは! 新種か? と一瞬色めいたのですが、単に重なって生えてるだけでした(^-^;) タチツボスミレ系とエイザンの雑種は出来ないようです。

IMGP6007a.jpg

↓↓ 乾いた尾根にはフモトスミレが少し咲いてました。 ほとんど斑入りです。 日よけの傘持って行かなかったので白いのは飛んじゃいます・・・

Img_2870a.jpg

↓↓ 草原ではキジがケーンケーンと鳴いてました。人慣れしてるのかあまり逃げません。

IMGP5999s.jpg

なんだかあっという間の5連休でした・・・ 世の中には今週いっぱいGWという会社もあるようですが、貧乏人は明日から仕事です(T-T)

続きを読む


怒り心頭・・・ [スミレ/野草]

 数年前にみつけたアソキクバスミレ(アカネスミレ×ヒゴスミレ)。昨年は綺麗な花を見せてくれました。今年も知人から咲いているということで楽しみにして行って見たのですが、あったはずの場所がざっくり掘られていました。 盗掘です!! 堀り方が荒っぽく花も葉もちぎれ、カラカラに干からびた小さな株の残骸が残っていました。衝動的に持って行ったのでしょうね・・・ とても残念で、怒り心頭で下山しました(T-T) 獲っていった人に怨念を飛ばしてやるぅぅっっ~~~~~!!! ウラァァァァ!!!!!

IMGP9048s.jpg

続きを読む


もっとスミレ行脚 [スミレ/野草]

 前日の疲れも残ってましたが、今年はスミレの花期が早いので早めに行った方がいいかも~と1週間前倒しで、ちょっととある山に遠征してきました。昨年、葉っぱだけ確認したハーフのスミレの確認です。

 天気も良く青空が広がりますが風があるので昨日よりは過ごしやすい感じで、こちらも山々は新緑に包まれて美しいです。しかし、交通機関の遅延が重なり時間も無くなりバタバタとスミレのポイントの往復だけになってしまいましたが、目的は達成出来たのでウキウキと下山しました。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ ここも新緑満開で目に青葉ですね。

IMGP5757a.jpg

↓↓ 山、ホトトギスはいませんでしたが、オオルリが美しい声でさえずってました。

IMGP5759s.jpg

↓↓ 日だまりにはフデリンドウ。

IMGP5756a.jpg

↓↓ チチブシロカネソウ。 ここにもあるのですね。 昨年訪れた時は花期が終わっていたようで見かけませんでしたが、今回はベストだったようです。結構な個体数見かけました。

IMGP5919a.jpg

↓↓ シコクスミレも沢山咲いてました。 珍しく1株に2つ花がついてました。

IMGP5792a.jpg

↓↓ エイザンスミレもあちこちで新鮮な花が見られます。

IMGP5826a.jpg

↓↓ 尾瀬でも多い、ミヤマスミレ。 奥多摩だとごく一部でしか見られません。

IMGP5897a.jpg

↓↓ そして、今回の目的、フギレミヤマスミレです。 エイザンスミレとミヤマスミレの雑種。 親のミヤマスミレが綺麗な色なので雑種も美しい色合いです。 しかし、今年は花付きが悪いようでした。なので同じ株を何十枚も撮影してしまいました(^-^;)

IMGP5847a.jpg

↓↓ こちらは片親のミヤマスミレと一緒に咲いてました。 でも花は終わりかけ。

IMGP5883a.jpg

↓↓ 見つけた中では一番新鮮な花かな? ミヤマスミレが1株に1輪しか花が出ないことが多いので雑種もその性質を受け継いでいるようです。

IMGP5905a.jpg

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。