So-net無料ブログ作成

夜桜 [天体写真]

 都内近郊はすっかり桜が満開でもうヒラヒラと散り始めているところもあるようです。天気がいいのも今日明日くらいで週末は雨が降りそうですね。 満開のうちにちょっと撮ってみたかった星の軌跡と夜桜を撮影してみました。 タイミング悪く月があるので光害のうえに月明かりで星が少なかったですが、まあまあ、市街地らしい星空ということでご勘弁を・・・(^-^;)

【機材: K-5IIs DA14mmF2.8  /F3.5 iso800】  ※クリックで拡大します。 大きい写真の方が綺麗です。

↓↓ 地上のビルをギリギリカットして構図を決めました。 約25分のインターバル撮影。1カットの露出は1.5秒、500枚を比較明合成してあります。その後、コントラストなどやや調整。

桜と星の軌跡aa.jpg

↓↓ 月明かりで透過した夜桜。 露出は2秒。

Imgp2161aa.jpg

↓↓ 桜の木の真下から撮影。 露出は2秒。

Imgp2678aa.jpg

続きを読む


恒例スミレツアー! [高尾/奥多摩]

 土曜日はビジターのツアーでしたが、今日は、仲間内のスミレツアーでした。 少しルートは違うものの前日と同じようなところを歩いたので個人的には新鮮みはちょっとありませんが(^-^;) 日影沢の状態の確認は出来たので今後のルートの参考になります。バス停の蛇滝口~小下沢入り口~日影沢~いろはの森コース~高尾山山頂~3号路(作業道)~薬王院~下山というコースでした。

 スミレツアーも毎年やってましたが昨年は無くて2年ぶりでした。午後から雨の予報でしたがスタート時は天気も良くお昼頃から曇ってしまいましたが、ケーブルに乗る頃にちょっと降られただけで済みました。これも皆さんの日頃の行いがよいせいでしょう! 

 見られたスミレはさすがに少ないですが、タチツボスミレ、ノジスミレ、コスミレ、ヒメスミレ、ナガバノスミレサイシン、ヒナスミレ、フイリヒナスミレ、エイザンスミレ、アオイスミレ。フイリもいれて9種類としましょう。まずまずの種類でしょうか? でも高尾山のスミレとしては少ないので来年はもうちょっと考えたいです。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ 定番のタチツボスミレはあちこちで見られます。 花の状態は変化があるので時にはスミラー泣かせになります(^-^;)

IMGP2081a.jpg

↓↓ 【左】 ノジスミレ。いい香りがします。   【右】 コスミレ。これも変化が多いです。

IMGP2072a.jpgIMGP2094a.jpg

↓↓ 石垣のヒメスミレも随分咲き出してましたが、今年は少ない感じです。

IMGP2065a.jpg

↓↓ みなさん熱心に撮影中です。

IMGP2104a.jpg

↓↓ ナガバノスミレサイシン。 高尾山系はやたらに多いです。 これも変化があります。写真は標準的なタイプ。

IMGP2111a.jpg

↓↓ 【左】 民家のショウジョウバカマ。  【右】 ナツトウダイ。

IMGP2078a.jpgIMGP2083a.jpg

↓↓ 【左】 カントウミヤマカタバミ   【右】 ハナイカダのオス株

IMGP2110a.jpgIMGP2108s.jpg

↓↓ 一汗かいて山頂へ。曇って富士山は見えません・・・ 予報が悪かったので人も少なかったです。

IMGP2126a.jpg

↓↓ シュンランは今が見頃。

IMGP2128s.jpg

↓↓ そして、ヒナスミレもけっこう咲き出してました。 昨日歩いた場所も1夜で随分咲いていてびっくり。 写真は白っぽい花と色の濃いタイプが混在しています。ヒナスミレにも花色に変化が多いです。

IMGP2138a.jpg

↓↓ 【左】 葉に斑が入ったフイリヒナスミレ。  【右】 エイザンスミレ。まだちょっと少ないかな?

IMGP2106s.jpgIMGP2129a.jpg

↓↓ アオイスミレ。 普通は淡い紫色ですが、これはかなり白っぽいタイプです。 

IMGP1987a.jpg

↓↓ 定番の天狗焼き。あいかわらずマイウーです。やはり焼きたてのサクサクを食べるのがいいですね。

IMGP2154a.jpg

↓↓ 早めに降りられたので久しぶりに登山口にある老舗、高橋家の蕎麦を食べて締めとなりました。

IMGP2157s.jpg

個人的には同じようなスミレでしたが、参加のみなさんには新鮮だったことでしょう。 6名の参加のみなさんお疲れ様でした。

続きを読む


高尾ビジターセンター スミレ野草ツアー [高尾/奥多摩]

 今日は、高尾ビジターセンター主催の「春の花とスミレ」のガイドツアーに参加してきました。講師はスミレや野草で今はありませんが「東京都高尾自然科学館」の学芸員でもあった著名な新井二郎先生です。人気の講師でもあり定員20名の所に70名の応募があり抽選で運良く当選出来ました。 今回はスミレ専門のツアーではないですが、いろいろ知らないお話が満載で参加して良かったです。また先生ともお話も出来て有意義でした。もっとスミレについて話してみたいです。 また、同行した高尾ビジターの方は以前に尾瀬山の鼻ビジターにも務めていたと聞いてちょっとびっくりでした。 こういうツアーではあまりゆっくり写真が撮れませんが少しばかり掲載します。

↓↓ 小仏関所跡からツアー出発です。 

IMGP2023s.jpg

↓↓ ほとんどおばちゃま方で、男性は私を入れてたったの2人でした。 流石に植物に詳しいと次から次といろんな説明があり、なかに初めて聞く情報もあって楽しめます。一番奥の方が新井二郎先生です。

IMGP2037a.jpg

↓↓ キバナノアマナ。良く見ると左の花は八重かな? 2つ重なってるようにも見えますが・・・ 今年は咲くのが早くて終盤でした。

IMGP2014a.jpg

↓↓ ヤマエンゴサク。 色にはすこし変化がありますが全て同じです。

IMGP2012a.jpg

↓↓ ハナイカダ。 ハナイカダは雌雄異株で、この木は雄花でした。こんな小さな葉っぱのころから花芽がついてるのにはびっくりです。こういうのを一つ覚えればガイドツアーに参加した意義がありますね。

IMGP2028a.jpg

↓↓ 手前がカヤの木、奥がモミの木。カヤは碁盤にも使われる木でとても成長が遅くその分緻密になり堅くなります。モミは成長が早く木も柔らかいので先端がよく折れるそうです。 写真に写ってる2本は数十年前は同じくらいだったのがいまはこんなに差がついたというお話でした。

IMGP2045a.jpg

↓↓ 1号路のヤマルリソウは満開で凄いです! 植えられたものかと思いましたが自生だそうです。ピンク色のものは咲いたばかり、時間が経つと青くなるそうです。

IMGP2049s.jpg

↓↓ 出来るだけ先生の側で聞こうとするのですが、おばちゃんパワーに負けていつのまにか割り込まれて後ろになってしまいます(^-^;)

IMGP2055a.jpg

↓↓ 「春の花とスミレ」と題してる割にはちょっとルートが悪かったようで、みかけたスミレは4種類くらいでした。 これはナガバノスミレサイシン。もうあちこちで咲いてます。

IMGP2021a.jpg

↓↓ ヒナスミレも随分咲いてきてます。 

IMGP2053a.jpg

また機会があれば参加したいですが、週末になることがあまりないのがネックですね。

さて、明日は2年ぶりのスミレツアーで再び裏高尾です。参加の皆さん宜しくお願いします(^o^)/ 

続きを読む


さいたま市宇宙劇場 [散歩/旅]

 ちょっと前の話ですが、大宮駅に近い「さいたま市宇宙劇場」に行ってきました。 目的はプラネタリウムで上映される「星空とともに」という、震災後に仙台市天文台が制作したプラネタリウム番組の特別上映でした。 震災時に大停電になって真っ暗な夜に現れた満天の星空を再現し、星空を見た被災者のコメントを読み上げるというものです。真剣に聞いてるとちょっとうるうるしてしまう内容でした。 この番組は全国の一部のプラネタリウム館で投影されています。 スケジュールなどは下記リンク、仙台市天文台のサイトをご覧ください。

http://www.sendai-astro.jp/

↓↓ さいたま市宇宙劇場は大宮駅から直結で行けるJACK大宮に併設されています。

Img_2647a.jpg

↓↓ ドームはいまどきの傾斜型です。スタッフに一番上が見やすいと言われて座ったら足の場所が狭くてかなり窮屈で、無理矢理席を作った感がありました(^-^;) 以前行った多摩六都科学館より小さいドームでした。 「星空とともに」の前半は生解説のミニ番組がありました。

Img_2649a.jpg

↓↓ ロビーにはプラネタリウム番組ではお馴染みのKAGAYAの星座ポスターなどが展示されていました。とても綺麗な絵ですね。番組も素晴らしいです。

Img_2645.jpg

↓↓ 帰り際に寄った駅ビルのショップでみつけたのがこれ! 「てばまる」(^-^;)  いやいや見つけたときはびっくりでした。鶏肉の骨付きのようですが、手羽先ではないようで、何故このような名前になってるのか・・・ 

Img_2652a.jpg

続きを読む


早春の高尾 花散策 【3】 [高尾/奥多摩]

 さて、前回のさらに続きですが、今回は花ではありません(^-^;)  花散策してると、野鳥や昆虫たちによく出くわしますが、この時期はまだまだ少ないのですが、越冬から覚めた蝶が日だまりでヒラヒラと舞い地面で吸水したりするのをよく見かけます。寝ぼけているのかたまにカメラにとまったりすることもあります。 

 今回はそんな生き物を中心の写真です。おまけは撮り鉄!(^-^;)

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO / DA50-200mmF4-5.6】

↓↓ いちばんよく見かけるのがこのテングチョウです。ちょっと地味な色合いですが、湿ったところに群がってることも多いです。

IMGP1754a.jpg

↓↓ キブシの花で吸密するテングチョウ。

IMGP1897s.jpg

↓↓ 瑠璃色の綺麗なルリタテハ。 タテハチョウの仲間は羽を閉じると地味ですけど広げると綺麗なのが多いですね。

IMGP1750a.jpg

↓↓ 沢沿いで綺麗な鳴き声なのがこのミソサザイですね。薄暗いところでちょこちょこ動くので撮影が難しいです。地味な色合いですが声はとても綺麗です。  写真は35㎜換算で300㎜で撮影して大きくトリミングしてあります。

IMGP1810s.jpg

↓↓ 恋の季節のようで対岸に居るメスに羽を動かしながらアピールして鳴いていました。こういうのをディスプレイといいます。

IMGP1788s.jpg

IMGP1784s.jpg

↓↓ 裏高尾は撮り鉄にも人気の場所で、線路沿いに沢山カメラマンが来てました。いまは梅の花が満開でそれと一緒に撮るのが目的のようでした。都内でもすこし田舎の風景を走る中央線で適度なカーブがあるのも人気のようですね。

IMGP1609a.jpg

IMGP1708a.jpg

IMGP1944a.jpg

↓↓ 久しぶりにいっぱい歩いたので、カロリー補給ってことで高尾山名物の黒ごま団子を頂きました。こおばしくてマイウーです!

IMGP1989a.jpg


早春の高尾 花散策 【2】 [スミレ/野草]

 前回の続きです。今回は野草です。主立った早春の花は揃っているかんじでしたが、ニリンソウなどはまだまだもっと群生してきてこれからが本番ですね。稜線に登る予定が無ければ高尾駅から小仏川沿いに歩くともっといろいろ見れて面白いです。 それにしても22日はポカポカ陽気で歩くだけでも汗がじんわりでした。 まだまだ種類が少ないですが見かけた野草たちを掲載します。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ オオイヌノフグリを見ていたら点々と伸びていたツクシ。 春って感じです。

IMGP1663a.jpg

↓↓ ニリンソウ。 この一角は毎年早く咲き出します。 

IMGP1689a.jpg

↓↓ 咲いたばかりの花の裏はピンクがかっていることが多くて、けっこう綺麗です。

IMGP1816a.jpg

↓↓ アズマイチゲの群生。 日影沢では随分荒らされたり盗掘で減ったそうです。

IMGP1955a.jpg

IMGP1959a.jpg

↓↓ こちらは、キクザキイチゲ。 花はよく似ていますが、やや大柄かな? 葉の切れ込みが多いので見分けはしやすいんじゃ無いかと思います。 なかなかいい株がなくて手前の枝が邪魔ですが比較のため載せて起きます。

IMGP1966a.jpg

↓↓ ヤマエンゴサク。 このなんともいえない青紫色が綺麗です。

IMGP1918a.jpg

↓↓ ユリワサビ。 早春から初夏の始めに掛けてけっこう長く見られる花です。あちこちにあるので、いつでも撮れるかなと後回しにしてると撮り忘れてしまうので、この日は一番に撮りました(^-^;)

IMGP2011a.jpg

↓↓ ヤマルリソウ。 小下沢などではまだまだですが、高尾山の稜線ではかなりもう見頃になってました。

IMGP1997a.jpg

↓↓ ツルネコノメソウ。 

IMGP1881a.jpg

↓↓ ヨゴレネコノメ。 汚れたように見えるのかもしれませんが、このグラデーションは綺麗ですよね。

IMGP1891a.jpg

↓↓ ギブシ。 ブドウの房のように吊り下がって咲いてる姿は面白いです。

IMGP1894s.jpg

↓↓ ダンコウバイ。 

IMGP1980a.jpg

↓↓ シュンラン。 

IMGP1707s.jpg

↓↓ カタクリ。 残念ながら高尾山系では自生はほとんど無くなっています。 これは庭先のものです。

IMGP1951a.jpg


早春の高尾 花散策 【1】 [スミレ/野草]

 22日、日曜日は朝から天気も良く春うららって感じでした。下見も兼ねて予定通りひさしぷりに高尾山界隈の花散策です。 この時期はやはり裏高尾がメインなのでいつものように高尾駅からバスで出発。途中蛇滝口で降りて散策開始です。ポカポカ陽気に誘われて道々にはスミレや野草が沢山咲いているし、梅も満開! このあたりは撮り鉄のポイントでもあるので、あちこちで道草をしてしまい小下沢から景信山に登って稜線を歩こうかと思ってましたが時間オーバーで断念して、日影沢、いろはの森ルートから高尾山へ登り1号路を下りました。  まだ足も慣れてないので1時間あまりの登りも体が重たかったです。でもいい足慣らしになりました。

 歩いていてもあちこちからお呼びがかかるのでなかなか前に進めませんが、花が多いので丸一日遊べますねこのフィールド(^-^;) そんなわけで花を中心に何回かにわけて掲載したいと思います。 まずは、ハナネコノメとスミレです。ハナネコノメは日影沢は終わり。小下沢の奥の方はまだ新鮮なのがありました。何とか間に合って良かったです。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ 小下沢は日影沢より川幅もあり水量も豊富です。緩やかな流れもあれば急流もあって変化に富んでいます。

IMGP1916a.jpg

↓↓ お昼前後になると太陽が差し込むのでキラキラバックが撮りやすくなります。 沢の日当たりの悪いところはちょうど見頃で新鮮な花が咲いてました。

IMGP1874a.jpg

↓↓ 逆光でキラキラバックもいい感じ。 今日は沢山のカメラマンが一塊のハナネコの群生を時間を掛けて撮影してました。じっくりとるにはいい場所です。

IMGP1886a.jpg

↓↓ 流れをバックに撮影。やっぱりハナネコノメは流れの近くが絵になります。

IMGP1858a.jpg

↓↓ ハナネコの前ボケで撮影。

IMGP1865a.jpg

↓↓ 小下沢入り口の梅林では梅祭りの真っ最中で梅は満開で見事でした。雨が降らなければ1週間くらいは保つかな?

IMGP1722a.jpg

IMGP1720a.jpg

↓↓ ひだまりの道沿いにはスミレも咲きだしています。 有名な石垣のヒメスミレ。 まだまだ咲き出したばかりで少ないですがこれから2週間くらいは楽しめるでしょう。

IMGP1633a.jpg

↓↓ ノジスミレ。 

IMGP1668a.jpg

↓↓ コスミレ。 

IMGP1672s.jpg

↓↓ タチツボスミレ。

IMGP1942a.jpg

↓↓ アオイスミレは見頃ですね。今年はどこも花付きがいいようです。

IMGP1832a.jpg

↓↓ ナガバノスミレサイシン。まだまだ少ないです。

IMGP1821a.jpg

↓↓ エイザンスミレ。 咲いてたのはこの株しか見てませんので、まだまだこれからです。

IMGP1834a.jpg

↓↓ ヒナスミレもこれ1つ見ただけ。 一昨年に大豊作だった場所では沢山のつぼみが出てました。一昨年にはほど遠いですが1週間後くらいは見頃になるのではと思います。

IMGP1984a.jpg

↓↓ お昼はハナネコノメ咲く沢で頂きました。 いやいや至福の時ですね。 お弁当も数倍美味しく感じます。

IMGP1893a.jpg

スミレは日だまりに多いもののまだまだこれから本番で種類も増えることでしょう。楽しみな季節になりましたが、今は花粉があるので今日も鼻水すすりながらの散策でした。 

続きを読む


春めく小川 [野鳥/カワセミ]

  21日土曜日。ボウズで終わりたくなかったのでもう一度ヤマちゃんを狙って始発で渓谷へ行くものの早朝から釣り人がやってきて撮影どころでは無くなり、おまけに小雨が降る予想外の天気、それでも11時まで粘りましたが、結局ボウズ・・・ もう釣り人、沢遊び天国になるしヤマちゃんは繁殖期で行動パターンがよく分かりません。まあこれは例年通りなので諦めですね・・・ 様子を見て時折覗いてみるつもりですが、とりあえず終わり。

 ヤマちゃんに振られたので超久しぶりにカワちゃんポイントへ! 到着するなりチーチーと現れました。しかもペア! そしていきなり目の前で巣穴掘り~! でもよく観察してると試掘しているだけのようで、あちこちの壁に穴開けてます。期待を裏切らないこのポイントで夕方までカワちゃんに遊んで貰えました。

【機材: K-5IIs SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 OS HSM】  ※クリックで拡大。

↓↓ 川沿いの桜は急激に膨らんで明日にも咲き出しそうなつぼみがいっぱいでした。いよいよ桜シーズン到来ですね!

IMGP1501a.jpg

↓↓ いきなりペアで現れたカワちゃんたち、土の壁をしばし見つめてから交互に突撃してました。 でもこの壁のいくつかの穴は昨年もあったもので、利用できそうなのは利用しようという考えでしょうか? 実際、既に掘られた穴を再利用することもあるそうです。 それにしても、どの穴にも入ったりしてました。(ノートリ)

IMGP1287a.jpg

↓↓ あまり中までで入らず覗くような感じですが、土は咥えてましたので掘ってるようですね。 (ノートリ)

IMGP1312a.jpg

IMGP1282a.jpg

↓↓ こちらは別の場所の土壁。こちらはしっかり掘ってるようですが、すぐ上は遊歩道ですから、さすがにマズイでしょう。子供に見つかると最悪です! でも賢明に掘ってます! さらに他の壁でも掘ってるようで、どの穴が本命になるのかはまだ判りませんがどこも遊歩道から丸見えでして、人が通っても子供が騒いでもカワちゃん気にもとめてません(^-^;) 都会のカワちゃんは逞しい! (ノートリ)

IMGP1395a.jpg

↓↓ 穴をじっとみつめるカワちゃんオス。  くちばしは泥だらけです。 (大トリ)

IMGP1381s.jpg

↓↓ メスも泥だらけ・・・  (大トリ)

IMGP1320s.jpg

↓↓ しっかり水浴びして泥を洗い流します。 (ノートリ)

IMGP1327a.jpg

↓↓ 至近に止まったオスカワ。 7~8mくらいしかありません。 完全に人慣れしてます。 それでも、遊歩道から外れて河原に降りたりして近づきすぎると逃げます。 (ノートリ)

IMGP1593a.jpg

↓↓ 夕暮れ時に、ホバもしてくれました! でも背後の草にAFが引っ張られてピントがこなくて、ほとんどボツ・・・  (ノートリ)

IMGP1545a.jpg

↓↓ カワちゃんが見当たらなくなったら、モズペアが間近に出てきました。 こちらはオス。 (ノートリ)

IMGP1497a.jpg

↓↓ こちらはメス。 なにやらオスに向かって盛んに鳴いてました。モズも給餌するのかな? と観察してましたが見ることは出来ませんでした。 止まってる木はオオシマザクラです。 咲いたときにとまれば綺麗でしょうね。 (ノートリ)

IMGP1492a.jpg

↓↓ こちらもモズのメス。 可愛らしい表情をします。 (ノートリ)

IMGP1466a.jpg 

↓↓ 再びカワセミ、メス飛翔。  (大トリ)

IMGP1356s.jpg

↓↓ オオシマザクラは咲くのが遅いのですが、満開の時にとまってくれると絵になるでしょうね~ 今年は咲いた頃にいけるかな?  (ノートリ)

IMGP1415a.jpg

続きを読む


尾瀬沼大規模整備ですって!! [尾瀬]

 気になるニュースが飛び込んできました。まずは下のアドレスと整備概念図をご覧ください。びっくりしますよ!

 https://www.minpo.jp/news/detail/2015031821602

 尾瀬沼のビジターセンター周辺部の大規模整備が4年前倒しで行われることが決まったようです。 ビジターセンターの老朽化で建て替えが中心になってますが、概念図を見ると、新センターは現センターとなりのカラマツの林を伐採して新築、現センターの跡地には多目的な広場をつくる。 さらに、チシマザクラ越しに燧ケ岳が見える場所にも広場をつくる。これも伐採するのでしょうか!? さらに、元長蔵のベンチ付近にも広場をつくる。これも伐採でしょうか? そしてそれらの広場を結ぶように湖畔沿いに散策路を設ける。 さらにさらに釜っ堀湿原にも散策路を造るというとんでもない愚かな整備計画です! 

 ビジターセンターの建て替えにしても修繕すればまだまだ使えるはずです。長蔵小屋なんてずっと古いのにまだまだ現役です。ちゃんと整備すれば使えるのです。なにより、カラマツ林を伐採するなんて言語道断ですね。あそこは、多くの野鳥やオコジョなどの小動物の住処であります。某山小屋の修繕にあたっては一切の木の伐採などは認めないという話も聞いたことがありますが、環境省のものなら大規模に伐採が許されるのは大問題です。

 湖畔沿いの散策路。元長蔵のあのベンチからの風景がとても綺麗で多くの人を癒していますが、そこに広場をつくり散策路を造ればもうあの風景は台無しになるでしょう。 概念図の書き方の問題かもしれませんが、もしかしたら元長蔵小屋は取り壊し?

 釜堀湿原にしても、今の木道から水芭蕉咲く湿原越しに見える青い尾瀬沼と燧ケ岳が素晴らしいのに水際に作ろうとしている散策路で台無しになります。あのあたりは水鳥の休憩場所や営巣地にもなってます。また、具体的にはここでは書けませんが。劇レアな植物の群生がありその環境も破壊されかねません。というかあまり一般にさらすと盗掘の原因になります。

 この整備に地元の檜枝岐村の要望が大きいようですが、だとしたら地元の集客目的なのは明らかですね。昔は人を減らす運動をしていたのが今度は人を増やすことを考えているなんて本末転倒です。

 とにかく広場や新しい散策路はいらないでしょう。いまので十分です。100歩譲ってビジターの立て直しはOKとしても、建て替えの間だけ周辺の山小屋(アネックス)とかに間借りさせてもらい事務所機能を移転すればいいと思います。 展示物が見れなくても来る人にはさほど問題ないと思います。 カラマツ林の伐採は絶対反対です! 

 そんなことより尾瀬沼南岸のいつまでも荒れたままの木道をさっさと直してほしいです。とっても危険です!

オリンピックで外国人増加? そんな一過性のためだけに環境破壊を伴う整備計画はやめてほしいです。檜枝岐村の要望が大きいようですが、大規模な環境破壊をしてまで整備すれば風評被害どころか悪評に繋がるでしょう。考え直してほしいものです。

↓↓ 伐採しようとしているカラマツ林の近くに現れた尾瀬のアイドル、オコジョさん! 

1382938_1411938592367408_593247782_n.jpg

ちょっと熱っぽく書いてしまいましたが、尾瀬を愛するゆえですのでご容赦を・・・


続きを読む


ちょっと撮り鉄 [鉄道、乗り物]

 14日は上野駅で北斗星を撮影したあと、用事で大宮まで移動。 そのさい時間があったので新幹線など撮り鉄してみました。同じような撮り鉄さんがホームに結構いまして、「鉄」人気を改めて感じました。  私は基本、俄か撮り鉄、というかこれ以上撮影対象を増やすと収拾がつかなくなりますから(^^;) 

 そんなわけで、待ち時間の間に撮った電車たちです。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO / DA50-200mmF4-5.6ED】

↓↓ 大宮駅ではありませんが、尾久の電車車庫です、とても広く新幹線や在来線を柵越しですがまじかに見ることが出来ます。特に在来線の方は一般道を横切る形で入ってゆくので、ここも撮影のメッカになっているようです。 このときは北斗星目当てでした。赤い牽引車は車庫内を移動させるためのものです。

IMGP0973a.jpg

↓↓ 新宿駅から東武線乗り入れて鬼怒川まで向かう「きぬがわ5号」です。赤い車体が目立ちますね。

IMGP1044a.jpg

↓↓ スーパービュー踊り子、回送です。 

IMGP1161a.jpg

↓↓ 高崎線か宇都宮線が忘れましたが、尾瀬の行きかえりなどてはよくお世話になってます。バンバン走ってますので撮り鉄としての対象としてはやや外れでしょうか? 地方から来れば珍しいかもしれませんが・・・。 あまり本格的に撮らないのでどうとるのがいいのか判りませんが、ちょっカーブしたりポイント通過などで曲ってくるところはカッコいいですね。

IMGP1073a.jpg

↓↓ 緑のストライプのやつ。 185系、以前はたしか特急車両として使われてましたね。 今はホームライナーとして使われてるようです、珍しいのか撮り鉄さんが撮ってたので私も撮ってみました(^^;)

IMGP1142a.jpg

↓↓ 貨物系もバンバン通過しますので、ついつい撮ってしまいます。 

IMGP1137a.jpg

↓↓ これも珍しいのかな? 数人の撮り鉄さんが猛ダッシュで走ってきて撮ってましたね(^^;)

IMGP1125a.jpg

↓↓ 上の写真と同じやつです。

IMGP1132a.jpg

↓↓ お馴染みの桃太郎です! ちなみに金太郎というのもあります。 浦島太郎はないのか?(^^;) 名前の通り重量級の貨車や何十台もの台車を引っ張ることが出来るタイプです。

IMGP1165a.jpg

↓↓ 寝台特急カシオペアなどの号車番号案内板。 北斗星は臨時になるのか見当たりませんでした。 ちなみにカシオペアは今のところ廃止はかどうかは決まってません。

IMGP1085a.jpg

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。