So-net無料ブログ作成

週末は惨敗 [野鳥/カワセミ]

 週末土日ともに渓谷へヤマちゃん撮影に出向きましたが、このところ出が悪くなってましたが、ついに2日とも、姿さえ見えないどころか一声も聞かないという惨敗となりました。 ヤマちゃんの繁殖期が始まり、巣穴をどこかに確保すべく移動してしまったようです。ヤマちゃんのテリトリーは長くて7㎞といいいますから、探すのはちょっと難しいでしょうね・・・ とくに渓谷では巣穴作りに適した土の崖がないのでおそらく山間のどこかに掘っているのでしょう。 そろそろ今シーズンのヤマちゃん撮影も潮時のようです。

【機材: K-5IIs SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 OS HSM / Nikon P510】

↓↓ この時期は上流のダムで放流をしてないので水も澄んでとても綺麗です。

Dscn7311a.jpg

↓↓ 土曜日の朝方、ブラインドの背後の山の中をバキバキと通る者がいました。シカかと思ったら、いきなり川に飛び出して渡っていったのは巨大なイノシシでした!! 口には立派な牙がありかなりの大物です!! こんなのに突進されたらと思うと恐ろしい思いでした・・・

IMGP9323a.jpg

↓↓ オシドリの雄。 模様が綺麗ですね。でもとても警戒心が強いです。

Dscn7308a.jpg

↓↓ カワガラスはどこでもいます。このカワガラスも繁殖時期で縄張り争いやメスの争奪戦で追いかけ廻っていました。

IMGP9039a.jpg

↓↓ 今日、河原を歩いていたら、突然岩陰からカワガラスが飛び出してきたので、岩の隙間を見ると巣がありました。 まだ卵を暖めてはないようでしたが苔を集めて作られた巣が暖かそうですね。 脅かしてゴメンゴメンと呟きつつも、しっかり撮影してから離れました(^-^;) 

Dscn7317a.jpg

続きを読む


金星と三日月と火星 [天体写真]

 宵の明星の金星が高度を増して輝くようになってきました。 そして今日は細い三日月が近くに輝いて綺麗でした。さらに金星の隣には火星も加わる豪華共演です。 本当は天王星もあるのですが、さすがに写りません。

【機材: K-5IIs DA50-200mmF4-5.6】

↓↓ 三日月、金星、火星。 三日月は地球照になってます。

IMGP9339a.jpg

↓↓ 公園の池にも映っていたので撮影してみましたが、風でゆらゆら揺れるのでいまひとつですが、雰囲気はこんな感じでした。

IMGP9356a.jpg

続きを読む


久しぶりのラブジョイ彗星 [天体写真]

 5等星になりずいぶん暗くなったラブジョイ彗星を久しぶりに確認してみました。市街地では5等星はやはり厳しくて双眼鏡でもわかりませんでしたが、このあたりだと何枚か撮影すると青白い彗星が写り健在ぶりを確認出来ました。 ずいぶん小さく暗くなりましたね~ コンポジットすれば尾も映るようですが、ちょっともう難しい感じですが、核の部分は暫くは見れるようです。また、これからカシオペア座に近づくので視野にいれるのは比較的簡単になります。

【機材: K-5IIs M200mmF4 / SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO 】  ※クリックで拡大します。

(共通データ: F4 露出2秒 iso3200 固定撮影  画像処理強め)

↓↓ 5等星台になったラブジョイ彗星。 写真にするとまだまだしっかり写ります。

IMGP9313a.jpg

↓↓ カシオペア座とペルセウス座の間にある二重星団と一緒に写してみましたが、広角側になるほど光害を多く拾ってしまうので星もあまり映らなくなります。  (トリミングあり)

IMGP9319s.jpg

↓↓ 二重星団をトリミングで拡大してみました。散開星団が2つ並んでいます。  それにしても30年以上前のレンズであるM200mmF4の解像力も捨てたものじゃないですね。 (超大トリミング)

IMGP9308s.jpg 

続きを読む


久々のプラネタリウム [散歩/旅]

 今日は、久しぶりにプラネタリウムを見てきました。たぶんもう10年ぶりくらいかも?(^-^;) 場所は東京都田無市にある「多摩六都科学館」です。 ここのプラネタリウムは1億4000万個を越える星が再現され世界一に認定されているそうです。 再現される星空はとても綺麗でまるで本当の星空を見ているかのようで圧巻でした。 最近は普通でしょうが、投影スクリーンが斜めになっているのを初めて入りました(^-^;) 

【機材: Nikon P510 / iPhone6】

↓↓ 多摩六都科学館の外観。この中にドームがあります。

Dscn7297a.jpg

↓↓ 今回は、大型映像メニューの「富士の星屑」とプラネタリウムメニューの「ベテルギウスの最期」を見ました。 「富士の星屑」は心地よい曲とあいまって素晴らしい富士山と星空の映像がとても綺麗でした。 プラネタリウムの解説はまあ普通ですが、街灯のある星空とまったくない星空の比較はびっくりしますね。

Img_2596a.jpgImg_2595a.jpg

↓↓ この手の傾斜ドームは上段真ん中よりから見るのが一番見やすいです。斜めになってると前の人の頭とかが邪魔にならないのでいいですね。ここのドームは直径27.5mあります。

Dscn7281a.jpg

↓↓ 横からみるとこんな感じ。 

Img_2593a.jpg

↓↓ プラネタリウムは、五藤光学研究所の「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」で高輝度LEDを使っています。 良く見ると星が瞬いているのには感心しました。また解説にはなかったのですが、ラブジョイ彗星がしっかりと再現されてました。

DSCN7286s.jpg

↓↓ 以前に使われていたプラネタリウムが展示されてました。 

Dscn7289a.jpg

↓↓ ボイジャーのレプリカも展示。

Dscn7288a.jpg

↓↓ 多摩六都科学館のマスコットキャラ「ペガロク」。 

Dscn7291a.jpg

多摩六都科学館のサイトはこちら→ http://www.tamarokuto.or.jp/






ポイント変更で当たり! [野鳥/カワセミ]

 土曜日も日の出前から渓谷へ・・・随分と夜明けが早くなりました。 以前良く出ていたポイント付近はさっぱり出なくなったので別のポイントに一か八か変更。実際には11日にちょっとロケハンしておりました。 早朝はヤマちゃん現れませんでしたが、9時も過ぎた頃、上流でケケと鳴いたので覗くと遙か彼方に発見! でもそれ以上寄ってこず居なくなりました。 さらに少しポイントを移動して待機。15時頃メスが現れ、暫くするとオスも登場! オスメス居たので安心でした。 しかし、なかなか近くに来てくれず遠い写真ばかりでしたか撮影出来たのでヨシとしましょう。

【機材: K-5IIs SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 OS HSM】  ※クリックで拡大。

↓↓ ヤマちゃんは午前中に遠くに姿を見せたきりでその後はひたすら待ち、待ち・・・ 風が強くてトビが川の上をいったりきたり。 (ノートリ)

IMGP9042a.jpg

↓↓ セグロセキレイが目の前をちょこまかと・・・  (ノートリ)

IMGP8989a.jpg

↓↓ トリッキーにホバリングするので捉えるのが難しい・・・  (ノートリ)

IMGP9024a.jpg

↓↓ カワガラスは沢山いて綺麗な声で鳴いてました。 (ノートリ)

IMGP9039a.jpg

↓↓ 15時ころやっとヤマちゃん再来!! でも、トビが飛び交うので緊張しているようです。 トビがヤマちゃんを襲うことはほとんどありません。 (トリミング)

IMGP9052s.jpg

↓↓ トビがいなくなると降りてきて水面ギリギリに飛び何度も何度も水しぶきをあげます! これは緊張をほぐすための行動だといわれてます。かなり遠いので鮮明では無いですが、初めてみました。 (超大トリミング)

IMGP9083s.jpgIMGP9089s.jpgIMGP9101s.jpg

↓↓ そして、落ち着いたのかこの枝へ! うーん遠いです。 魚狙ってます! (ノートリ)

IMGP9162a.jpg

↓↓ 飛びこんでお魚ゲットしたら少し近づいたこの枝へ! でもまだ遠いです・・・ (ノートリ)

IMGP9199a.jpg

↓↓ 遠いので拡大。 カジカのようです。  叩かないで食べました。  暗いのでiso3200ですが拡大するとノイズが酷いですね。こういうときに大口系の明るいレンズが欲しくなります。  (大トリ)

IMGP9200s.jpg

↓↓ するとオスも上流からやってきました。どこにいたのでしょうね~? 離れてますが2羽並び! (ノートリ)

IMGP9247a.jpg

↓↓ まずはメスが対岸のこの枝にきて魚狙います。 ブラインドから80~100mくらいかな? なかなか近寄ってくれませんが、撮れないよりは良いです。 (大トリ)

IMGP9261s.jpg

↓↓ 魚を獲ったら何とオスの居る枝に!! メスは枝かぶりですが同じ枝止まりが撮れました! オスがじっと見ているのが面白いですね(^-^;) (大トリ)

IMGP9275s.jpg

IMGP9279s.jpg

↓↓ 見ていたオスも欲しくなったのか、メスが止まった同じ枝に移動して魚を狙います。 (大トリ)

IMGP9287s.jpg

↓↓ なかなか見つからないようで、遠くの枝に移動。 横長にトリミングしてみました。 雰囲気出てていいですね~ (大トリ)

IMGP9298s.jpg

このあと、2羽とも遠くに移動したので、時間だし撤収~ 新しいポイントに早朝から入りましたが運良くオスメス撮ることが出来ました。でも遠くばかりでちょっと消化不良ですが、撮れないよりは良いでしょう。 しかしこのポイントは視界が良い反面ヤマちゃんが遠くになりがちなのが難点のようです。Canonのハチゴローが欲しくなります(^-^;)

続きを読む


★祝★PENTAXフルサイズ続報 [カメラ・撮影機材]

 矢継ぎ早の投稿失礼します。やっと発表になったペンタックスのフルサイズ機なのでネット検索で情報をあさる毎日です(^^;) 横浜で行われているCP+2015ではモックアップが展示されているようですが、かなりの人だかりになるので、行く気が起きません(^^;)

 モックアップの全体がだいたいわかってきましたが、やはりペンタックスらしいやや角ばったデザインで他社よりやや小さい感じですね。背面はバリアングルの噂がありますが、この写真ではそのようには見えませんがかなり出っぱってる感じなので可能性はありそうです。ファインダーももう少し大きくなるでしょうか。グリップが大きいので手持ち撮影も良さげです。 やや厚みがあるのは手ぶれ補正が5軸になってる可能性もありそうです。

P2670765s.jpgP2670780s.jpgP2670752s.jpg

フルサイズの発表と同時に、「超解像」技術の発表もありました。 ざっくり説明すると、画素をずらし数枚撮影して、コンポジットして1枚に仕上げるという技術です。 すでに次機種に搭載すると発表されているオリンパスの「ハイレゾショット」も同じような技術でオリンパスのOM-D E-M5 Mark IIでは4000万画素相当になるそうです。ハイレゾショットでは、1~0.5画素ずらして8枚撮影してコンポジットで、ファイルサイズも相応に増えてしまうようです。 しかし、ペンタックスの「超解像」では、1画素ずらして4ショットをコンポジット、ファイルサイズはほとんど変わらないとのことだそうです。どの程度の解像感が出るのかはわかりませんが、オリンパスのサンプルを見る限りかなりのものですね。 但しコンポジットなので、どうしても動きものには使えませんから風景でも無風で三脚は必須ですね。 

続報が楽しみです。

そろそろ、ヤマちゃん撮影も私的には終盤戦で3月になれば野草やスミレを求めて高尾山通いになりそうです。

続きを読む


ラブジョイ彗星(C/2015 Q2) [天体写真]

 久しぶりにラブジョイ彗星を確認してみましたが、今日は気温が上がったこともあり透明度がすこぶる悪いようで双眼鏡では確認出来ませんでした。彗星自体も随分暗くなっているようで地球から遠ざかっているのが実感出来ます。夜空の暗いところではまだ尾も出ているようですが、市街地からではそろそろ見納めという感じですね。 

【機材: K-5IIs M200mmF4  ナノトラッカーで自動追尾】  ※クリックで写真拡大。

↓↓ 空のコンディションも悪いですが彗星自体小さくなり暗くなりましたね。  (露出6秒 ISO800)

IMGP8966.jpg

続きを読む


液晶が!! [カメラ・撮影機材]

 2週間前のヤマちゃん撮影の際、風でブラインドごとカメラが倒れてひやりとしました、その場でざっと大丈夫か確認して大丈夫とホッとしたのですが、帰ってから数日後星を映してモニターを見ると画面右に黒い筋が出てました。あわわわ、と一瞬あ然としましたが、よくよく見るとセンサーの問題ではなく、液晶モニタの問題のようで下の写真のように拡大表示しても画像自体は問題ありませんでした。 ひとまず最悪ではないようなので良かったのですが、一瞬買い替えか!?と肝を冷やしてしまいました(^^;)

 さらにこの黒い部分は時間が経つにつれて小さくなって現在は右上だけになってます。倒れた衝撃で空気が入り込み黒く見えているものの次第に空気が消えて元に戻っているのではないかと推測してます。 皆さんも強風時の三脚撮影は気を付けてください。重い機材なので倒れると衝撃が強く最悪の結果になりかねません・・・。

↓↓ 画面右上に黒いのが! 最初はずーと下まで続いてましたが、今はここだけです。

IMG_2585.JPG

↓↓ 拡大表示てても画像自体には問題はありません。液晶モニタの問題です。

IMG_2586.JPG


ヤマ祭り 【2】  【写真を追加!】 [野鳥/カワセミ]

 土曜日の続きです。 15時半くらいに下流近場に戻って来てから、さらに正面に移動。ここからお祭り状態で何度も何度も飛び込んだりしてくれました。しかも、別の所ではメスが飛び込んだりしていてどちらを狙えばいいのか迷うくらいでしたが、やはり正面のオスに集中して撮影しました。 何度も飛び込むのでショット数はどんどん増えてますがちゃんと撮れてるのかどうか確認する暇がないくらい忙しい数十分でした。 いいシーンが多いのでかなり枚数多めに掲載します。 

【機材: K-5IIs SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 OS HSM / Nikon P510】 

※クリックで拡大。 枚数多く、トリミング面倒なので特に記載が無い限りノートリミングです。

↓↓ 前回の続きではこのゴミのぶら下がった枝に移動。 魚は獲らずに一気に飛んでブラインド正面に・・・

IMGP8625a.jpg

↓↓ ブラインド正面に来ましたが、なんだか様子がおかしい!? ウグッッ・・・ これはあれですねきっと!

IMGP8657a.jpg

↓↓ ウゲッと口をあけると奥に白いのが見えます。 ペレットです。魚の骨や鱗など消化仕切れなかったものを固めたものです。必死で吐き出そうとしてます・・・ (大トリミング)

IMGP8663s.jpg

↓↓ ベゲッと吐き出します。連写したはずですが出し物が写ってませんでした。 どうも枝に隠れてしまってるようです。

IMGP8664s.jpg

↓↓ 吐き出してすきっりしたら、ヨシッ!行くぜっ!!と飛び出しました。

IMGP8669a.jpg

↓↓ 下流へ・・・と思ったら急旋回して上流へ・・・ 至近でそんな動きされたら追えません!! 何とか捉え直してまあまあピンが来てたのはこれだけ(^-^;) 

IMGP8676a.jpg

↓↓ そして、このよく止まる枝に。ケケケと鳴いてます。下流でも鳴いてます!

IMGP8683a.jpg

↓↓ 下流を向くとちょうどメスが遠い枝から飛び込んでました。 そしてカジカをゲット! 水浴びをするとさらに下流へ移動。 (大トリミング)

IMGP8687s.jpg

↓↓ メスを見ていたらオスがケケケケと大きく鳴いたので振り向くと正面上部の枝に移動!! でも太い枝かぶり・・・

IMGP8728a.jpg

↓↓ そこから飛び込むけど、ピン来ない~! あ~水面に落ちるまでまったくピンこなくて最悪・・・ いいシーンなのに・・・

IMGP8733a.jpg

↓↓ お魚をゲットして食事岩へ。これもカジカのようですね。

IMGP8748a.jpg

↓↓ つかみが甘いので咥え直そうと放り投げますが、ツルと滑って!!

IMGP8750a.jpg

↓↓ ワワワワ、アブねぇ~ となんとか寸ででくちばし先に捉えました(^-^;)  

IMGP8751a.jpg

↓↓ ふぅ~

IMGP8752a.jpg

↓↓ でも、まだ気に入らないので、更に放り投げます。

IMGP8760a.jpg

↓↓ 今度は美味くキャッチして、叩かないで食べました。 まいう~!

IMGP8762a.jpg

↓↓ さても食べたので水浴びだぞ~ でも、何だか突っ込むような体勢? 

IMGP8772a.jpg

↓↓ ピョンッと飛び上がって水面へ

IMGP8773a.jpg

IMGP8774a.jpg

↓↓ こういうのを鳥写真用語で「背撃ち」というらしいです。 

IMGP8777a.jpg

↓↓ 飛び込みましたが、どうも水浴びではないよです!? 

IMGP8782a.jpg

↓↓ 飛び出してきたらまたカジカげっと~!! 食べ終わって水面見つめた一瞬でカジカを確認したようですね。凄い眼力!

IMGP8785a.jpg

↓↓ そしてまた食事岩であっち向きで叩かないで食べちゃいました。

IMGP8789a.jpg

↓↓ 食べたら、飛び出してこんどこそ水浴びです。

IMGP8793a.jpg

↓↓ バシャバシャ

IMGP8802a.jpg

IMGP8808a.jpg

↓↓ けっこう念入りに水浴びして飛び上がり下流へ・・・

IMGP8811a.jpg

【ここから写真10枚追加!!】

↓↓ 水浴び後はちょっと下流の高い枝に移動! まったりせずまだ魚を獲る体勢のようです! 高い所からだとホバリングの可能性があるので待ち構えます・・・ ドキドキ・・・  (この写真のみNikon P510 1000㎜ノートリ)

Dscn7215a.jpg

↓↓ しかーし、そのまま飛び込んでお魚ゲット~! 残念・・・ それにしてもよく食べます!!

IMGP8822a.jpg

↓↓ 超大トリ。 カジカの模様がよく見えますね。 

IMGP8827s.jpg

↓↓ 下流のこの岩へ移動。 ちなみに岩の近くの枝にはメスがいましたのでもしかしたら給餌か? と期待しましたが、メスは降りてこず、オスは叩かないで食べちゃいました。やはりまだ求愛までは至ってないようですね。 (大トリミング)

IMGP8847s.jpg

↓↓ 食べたらまたまたこちらに飛んできて目の前を通過します。忙しいですね~(^-^;)  (大トリミング)

IMGP8858s.jpg

↓↓ そして、目の前の高い木の枝に着地。 (ノートリミング)

IMGP8876a.jpg

↓↓ 1分くらい滞在して、こちらを睨んだりしてまた飛び出し。 (ノートリミング)

IMGP8889a.jpg

↓↓ そしてこの枝へ。 少しグルーミング。時々目のあたりをポリポリしますが痒いのかな? もうかなり薄暗いです。 ここで10分くらいご休憩。 (大トリミング)

IMGP8912s.jpg

↓↓ オスが休んでいるとメスがまた目の前の高い木に飛来。鳴いてます! (ノートリミング)

IMGP8916a.jpg

↓↓ 上流かと思いましたが、いったん下流へ、暫くすると大きな「ケッ」という声が真上から聞こえたので止まってるかと思いましたが通過したようです。メスが通過後しばらくしてオスも上流へ行きました。  (ノートリミング)

IMGP8924a.jpg

 15時半頃に現れてからおおよそ30分間2羽の乱舞を堪能出来ました。なかなかこういうのは無いでしょうから貴重な30分ですね。なのにしっかり撮れてないのが悔やまれます・・・。 次回に期待です(^-^)/

 日曜日は雨なので行かないつもりでしたが、降雪になっているとの情報で午後から急遽出かけましたが、17時まで粘ったのですがボウズでした。これまでのパターンなら夕方に上流に移動するのが見れるのですが駄目でした。 天気が悪いので一時的に行動に変化が出た可能性もあるけど、同じような状況が続くようだと今後は難しくなるかもです・・・。 

続きを読む


ヤマ祭り  【1】 [野鳥/カワセミ]

 土曜日は天気も良いので日の出前から渓谷へ出動しました。すっかり週末の日課のようになってます(^-^;) でも、これも効率よくヤマちゃんが出ているからコソですね。出ないと行くのも苦痛になります。

 この日もポイントに日の出前の6時20分に到着、ブラインドの設営が終わると同時くらいにケケケケとオスが近くにやってきました。少し上流に入ってる知り合いのところにはさらに早くから来ていたようです。 オスの撮影をしていると今度はメスが現れました。 先週末もみましたが、さらに2羽の距離が縮まりペアリングも間近な感じです。 この日は夕方までこの2羽は少し距離は置きますが一緒に行動していました。2羽近くにくるとどちらを撮影していいのか判らないので贅沢な悩みになります。

【機材: K-5IIs SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM】 ※クリックで拡大。

↓↓ まだ日の差さない渓谷に現れたヤマちゃん♂  この時間の感度は最大iso6400まで上げてます。 (大トリミング)

IMGP8309s.jpg

↓↓ オスを狙っていたらケケケと現れたのはメスです。少しまわりを警戒気味です。 ブラインドのちょうど真正面30mくらいですのでファインダーでは結構大きく見えるので興奮します!  (ノートリミング)

IMGP8341a.jpg

↓↓ キョロキョロと付近を伺ってました。 オスとの違いは胸のあたりに茶色の斑点がないのがメスです。 (大トリミング)

IMGP8338s.jpg

↓↓ 暫くはブラインドの近くでいた2羽ですが、やがて飛び立ち下流へ・・・ 途中でオスメス近づいて仲良く飛んでいきました。 こういうのを撮影したのは初めてですので後ろ向きだけど嬉しいショットとなりました。おまけにアオサギ入り! (大トリミング)

IMGP8370s.jpg

↓↓ 途中で二手に分かれてしまい、わわわわ、どっちにカメラ向ければ! (大トリミング)

IMGP8373s.jpg

↓↓ でも、結局、お互いの距離10mくらいで並んでくれました。 かなり遠くですが、2羽並びです!  (ノートリミング)

IMGP8382a.jpg

↓↓ しばらくここでまったり、そのうちオスが飛び出してお魚ゲット! (超大トリミング)

IMGP8433s.jpg

↓↓ 少し移動した岩で食べてるとメスが河原に着地!(矢印のところにメス) オスをじっと見つめていました。 お魚が欲しかったのかな? でもオスは一気に飲み込みました(^-^;) まだ求愛給餌をする気はないようです? (大トリミング)

IMGP8442s.jpg

↓↓ 再び、枝に戻ってしばしまったりしてから、下流へ消えました。 最初より距離が縮んでますね。 真ん中のぼんやり赤いのは手前の枝についた枯葉です。 (ノートリミング)

IMGP8458a.jpg

↓↓ 2羽が下流へ消えてからはひたすら待ち時間です・・・ 上流と下流にいる知り合いとメールでやりとりしながら情報交換です。その間にあらわれたカワちゃんが遊んでくれました。 (大トリミング)

IMGP8543s.jpg

IMGP8527s.jpg

↓↓ そして、15時半過ぎに再びケケケケと下流からオスが戻ってきました! ちょっと遠くの高い枝に止まって魚を狙ってるようです。(大トリミング)

IMGP8590s.jpg

↓↓ そして飛び込みます! もしかしたらホバリングかと思いましたが、そのまま減速しながら飛び込みました。途中に枝が多くAFが持っていかれるのでことごとくボツで水面から出るところしか撮れませんでした(T-T)  しかし魚はゲットならず! しかしここから至近距離でお祭り騒ぎとなります! それはまた次回へ・・・  (大トリミング)

IMGP8608s.jpg



続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。