So-net無料ブログ作成

尾瀬沼大規模整備ですって!! [尾瀬]

 気になるニュースが飛び込んできました。まずは下のアドレスと整備概念図をご覧ください。びっくりしますよ!

 https://www.minpo.jp/news/detail/2015031821602

 尾瀬沼のビジターセンター周辺部の大規模整備が4年前倒しで行われることが決まったようです。 ビジターセンターの老朽化で建て替えが中心になってますが、概念図を見ると、新センターは現センターとなりのカラマツの林を伐採して新築、現センターの跡地には多目的な広場をつくる。 さらに、チシマザクラ越しに燧ケ岳が見える場所にも広場をつくる。これも伐採するのでしょうか!? さらに、元長蔵のベンチ付近にも広場をつくる。これも伐採でしょうか? そしてそれらの広場を結ぶように湖畔沿いに散策路を設ける。 さらにさらに釜っ堀湿原にも散策路を造るというとんでもない愚かな整備計画です! 

 ビジターセンターの建て替えにしても修繕すればまだまだ使えるはずです。長蔵小屋なんてずっと古いのにまだまだ現役です。ちゃんと整備すれば使えるのです。なにより、カラマツ林を伐採するなんて言語道断ですね。あそこは、多くの野鳥やオコジョなどの小動物の住処であります。某山小屋の修繕にあたっては一切の木の伐採などは認めないという話も聞いたことがありますが、環境省のものなら大規模に伐採が許されるのは大問題です。

 湖畔沿いの散策路。元長蔵のあのベンチからの風景がとても綺麗で多くの人を癒していますが、そこに広場をつくり散策路を造ればもうあの風景は台無しになるでしょう。 概念図の書き方の問題かもしれませんが、もしかしたら元長蔵小屋は取り壊し?

 釜堀湿原にしても、今の木道から水芭蕉咲く湿原越しに見える青い尾瀬沼と燧ケ岳が素晴らしいのに水際に作ろうとしている散策路で台無しになります。あのあたりは水鳥の休憩場所や営巣地にもなってます。また、具体的にはここでは書けませんが。劇レアな植物の群生がありその環境も破壊されかねません。というかあまり一般にさらすと盗掘の原因になります。

 この整備に地元の檜枝岐村の要望が大きいようですが、だとしたら地元の集客目的なのは明らかですね。昔は人を減らす運動をしていたのが今度は人を増やすことを考えているなんて本末転倒です。

 とにかく広場や新しい散策路はいらないでしょう。いまので十分です。100歩譲ってビジターの立て直しはOKとしても、建て替えの間だけ周辺の山小屋(アネックス)とかに間借りさせてもらい事務所機能を移転すればいいと思います。 展示物が見れなくても来る人にはさほど問題ないと思います。 カラマツ林の伐採は絶対反対です! 

 そんなことより尾瀬沼南岸のいつまでも荒れたままの木道をさっさと直してほしいです。とっても危険です!

オリンピックで外国人増加? そんな一過性のためだけに環境破壊を伴う整備計画はやめてほしいです。檜枝岐村の要望が大きいようですが、大規模な環境破壊をしてまで整備すれば風評被害どころか悪評に繋がるでしょう。考え直してほしいものです。

↓↓ 伐採しようとしているカラマツ林の近くに現れた尾瀬のアイドル、オコジョさん! 

1382938_1411938592367408_593247782_n.jpg

ちょっと熱っぽく書いてしまいましたが、尾瀬を愛するゆえですのでご容赦を・・・







nice!(11)  コメント(17)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 17

achami

オリンピックオリンピックって・・・
騒ぎすぎです。
そんなことで自然を壊さないで!!!
ですよね。。。
by achami (2015-03-19 17:38) 

horiguti

環境省もよくわからないことが多いですね。尾瀬沼キャンプ場の水場も??ですが、今度の釜堀湿原も沼側から湿原を眺めるように配置するのでしょうか?
自然にはできるだけ干渉せず、親しめるようにするのが本来の環境行政だと思います。お役人のご都合主義がひど過ぎますね。
by horiguti (2015-03-19 19:13) 

ヴェール

美しい今の自然環境が破壊されそうで残念です。
なんとか、自然環境を残す形で整備できませんかね。
by ヴェール (2015-03-19 19:51) 

てばまる

achami さん
 別にオリンピックに合わせる必要も無いですよね! もっとじっくり環境アセスメントをして考え直してほしいものです。

horiguti さん
 詳しいことは判りませんけど、今ある木道とは別に作るようなイメージ図ですよね。当然木々の伐採などはするのでしょうから由々しき事態です。
 どうも檜枝岐村と環境省が結託しているようにも見えます・・・。片品村やガイドさん、ボランティアさんも承知しているなら幻滅ですよね。

ヴェールさん
 特別保護区に指定しておきながら、環境保全は二の次のこの計画は大問題ですよね。三本カラマツ側からの景観もすこぶる悪くなりそうですよね。

by てばまる (2015-03-19 20:44) 

とも

ビジターセンターについては、築何年か知りませんが、建て替えなければならないほど補修もできない状態になっているのなら、設計自体にも問題があったんですかね?って思ってしまいます。
ここは、某テレビ番組の匠に登場していただいて、低予算でリフォームしていただきましょう(冗談じゃなく、実現できればいいとホントに思います。)

展望広場もいらないと思います。
三平下や沼尻に眺望のステキな場所があるんです。展望広場が具体的にどこに作られるかわかりませんが、大きな土台をつくったり、木を伐採してまで作る必要なないでしょう。

新しい施設ができれば、”尾瀬沼の魅力が向上”して”国際化”するのでしょうか?

by とも (2015-03-20 08:41) 

てばまる

ともさん
 まったくその通りで、普通の木造建築物より太い柱と梁を使っているのですから構造自体は何十年ももつはずです、設備が老朽化してるならそこだけとりかえればいいだけでしょう。お役所理論の修繕するなら建て替えろみたいな感じでしょう。そしてそこには、地元企業との関係もあるかもしれませんね。工事は基本的にその県の企業に発注しますから。広場や散策路もきっとそうでしょう。
 国際化とか復興のためとかと付け加えれば話が通りやすいというこの手の決まり文句です。いろいろ言っておけば予算が付きやすくなるという理論です。 何とか阻止できるといいのですが・・・
 VCは匠にやってもらうのも案ですね! テレビ取材も入れば、アピールにもなりますし。

by てばまる (2015-03-20 09:33) 

鉄まんアトム

『地元からは尾瀬沼周辺の魅力を向上させるよう要望が出ていた』

ここで言う「地元」って、何なんですかね? 誰なんでしょう?
本質的には尾瀬沼を自動車道路でぶち抜こうとした時代と何も変わっていないように見受けます。15億円以上もの金を使ってハコモノこしらえて「国際化」とか笑止千万。そう言えば、中止に追い込まれた予定道路の名前も「尾瀬・只見国際観光ルート」でした。

尾瀬のような場所は、基本的に、人の手が加われば加わっただけ魅力が減退するのは、尾瀬を知っている人であれば皆承知のことでしょう。
逆に人が手を加えなければならない既知の問題は山積みなのに、そっちを全部放ったらかして、よくもまあこういうことが思いつくもんだ、と感心しきりです。
by 鉄まんアトム (2015-03-20 10:39) 

てばまる

鉄まんアトムさん
 「同省が県や檜枝岐村の意見を踏まえ・・・」と書いてるので、福島県と檜枝岐村が地元ということでしょうね。片品村はあまり関与してないのかな? 環境を破壊してまでこれ以上の散策路や広場など作っても尾瀬沼の魅力をアピールすることにはならないでしょう。役人のエゴですね。 
 関係者が集まった尾瀬サミットで要望が出されたようですが、もしボランティアさんや尾瀬ガイドさんがこれに承知して賛成しているなら減滅ですね。
by てばまる (2015-03-20 11:47) 

hina02

こんばんはぁ~
大きく見れば自分も地元なんですが
初めて見た話題すぅ~...
結構問題になりそうな事だと思うのですが
目標が目先のオリンピックで
地元の意向と上がシンクロしてしまったのでしょうね...
なんか寂しい感じです...
by hina02 (2015-03-20 22:06) 

shin

イメージ図を見ると釜堀湿原観察路は沼の上ですね。
まさかと思いますが~橋でも架けるのでしょうか?

そんな工事をしたらあの植物は全滅ですね。
悲しい話です。
by shin (2015-03-21 05:37) 

てばまる

hina02さん
 まだ全国的なニュースにもなってないし、群馬県、新潟県でも報道されてないみたいですね。福島メインということで、こっそり決めて着工する気かもしれません。

shinさん
 そうなんです、あのイメージだと陸の周りに木道をつけて、釜っ堀湿原の水際を通る感じに見えますね。希少な湿原ですし希少な植物もあるので、これを環境省と地元だけで決めるのは大問題です!

by てばまる (2015-03-21 21:20) 

m_hiro

はじめまして。情報ありがとうございました。
驚きました。反対運動とか起きないよう気付かれないように
進めているような感じですね。
カラマツの伐採はやめてほしいですね。
止める手段はないものでしょうか。
by m_hiro (2015-09-08 22:47) 

てばまる

m_hiroさん
 初めまして。この件は他地区ではまったく報道もされてないようです。福島県の要望が新潟、群馬の関係者からも何の反対もされずに通った形ですね。普通なら大規模開発は許可がおりませんから。 
 保護活動しているガイドさんやボランティアさんなどは昔のダム反対運動の頃より多いはずですが、そういう方たちから反対の声を上げてくれるといいのですが、だんまりですね・・・ 
 やはり今はネットの力を借りて声を大きくするしかないかもしれません。反響が大きくなればマスゴミも取り上げるでしょうから。
by てばまる (2015-09-09 00:28) 

m_hiro

こんばんは。お返事どうもありがとうございました。

長蔵小屋HPでも発表されてましたが、残念だけど承諾しているような感じでした。
福島桧枝岐の集客が目的なら都市圏からの直通高速バスや早朝送迎とかしない限り集客UPしないと思います。
(私は福島出身神奈川在住ですが、桧枝岐は尾瀬に頼らなくても素晴らしい場所だと思ってます。)
反対出来ない大きな理由があるのでしょうか?

伐採されようとしているカラマツは植林されたものだそうなので、
すでに人の手が加わった里山化しているのであれば景観を考慮した
計画的な伐採とかなら理解できます。
建て替えのための伐採というのはやはり理解できません。

ビジターセンター解体廃止のほうがよいです。

やはり何か理由があるんですかね。

by m_hiro (2015-09-09 20:11) 

てばまる

m_hiroさん
 長蔵小屋は過去のゴミ埋め立て問題であまり強く出れない経緯があるので黙って見ているしかないのかもしれませんね。でもゴミは他の山小屋でも多少なりとも埋めていたようなので、長蔵小屋だけやり玉に挙げられるのは事情を知ってる方としては可哀想と思ってしまいます。
 おっしゃるように、都心から檜枝岐への交通の便をなんとかしないと観光客は来ませんからね~ 
 もともとセンターの建て替えの話はあったようですが、そこに檜枝岐からの提案で、現ビジター跡に大きな広場を造り、そこから伸びるように湖畔に散策路を整備という案がそのまんま了承された形のようです。最初から伐採だったのかどうかは不明ですが、作らなくてもいいものを作ろうとしているわけですから、カラマツの伐採と合わせての大規模破壊開発なわけです。それで反対がひとつも出ないのは解せませんね。
 
 福島側の風評被害で客が減ったと言われると、関係者でもあまり強く反対も出来ないのかもしれません・・・ 特に環境省は尚更でしょう。

by てばまる (2015-09-09 21:51) 

m_hiro

こんばんは。たびたびすいません。
ゴミ問題とかあったんですか、知りませんでした。

尾瀬沼のビジターセンター周辺施設からの観光収益upが狙いなのかなあ。尾瀬の保護に長年尽力してきたはずなのに理解できませんね。
きれいに建て替えられたビジターセンターときれいな遊歩道、カラマツ伐採して開放的になった尾瀬沼を想像してみましたが、それで新規のお客さんが増える気は全然しませんねえ。
逆に尾瀬ヶ原にお客さんが流れる気がします。

建て替え中は「オコジョの為にプレハブで我慢してください」、とか言ってほしいですね。

by m_hiro (2015-09-09 22:32) 

てばまる

m_hiroさん
 かつてのダム建設をの反対運動の中心になって勝ち取った長蔵小屋がゴミを埋めていたというので随分叩かれましたね。
 尾瀬沼のあのカラマツの景観が北欧的で好きというファンも多く尾瀬沼の売りの一つのはずですが、それを壊して整備というのですから本末転倒ですね。要は檜枝岐村や福島県は尾瀬沼を上高地のように観光地にして収益そして財源にしたいのでしょう。 
 私も整備したからと来る人が増えるとは思えません。豊かな自然と景観を残す方が財産になるでしょう。 
by てばまる (2015-09-10 10:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。