So-net無料ブログ作成

尾瀬オフ会 【3】 お花たち [尾瀬]

 例年だと9月第一週目くらいにオフ会をやるのですが今回は第二週目でちょっと遅く、晩夏や初秋の花も少なく感じました。このところの気温低下で秋の訪れも早かったというのもあるのでしょうが、湿原での花は少なかったのであまり撮影していませんが、なんとか見せられるものをかき集めて掲載してみます。

【機材:K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ 初秋の代表の花のひとつというとこのミヤマアキノキリンソウでしょうか。 湿原のあちこちでも見られ黄色いのでよくめだちます。

IMGP5413sa.jpg

↓↓ そして、一番の代表とするならやはりこのエゾリンドウですね。 晴天でないと花が開かないのですが、しぼんでいてもハナハチの類は強引にこじ開けて中に入って花粉を頂くようです。

IMGP5212a.jpg

↓↓ 稜線や標高のたかいとろにはこのオヤマリンドウが咲きます。花はよく似てますが葉が違うので見分けは簡単です。

IMGP5152a.jpg

↓↓ 毎年悩むのがこのトリカブトです。湿原に垂直に立つのがオゼトリカブトと言われています。 オゼトリカブトはオクトリカブトの変種、さらにヤマトリカブトもオクトリカブトの変種です。 この写真は垂直に立つのでオゼトリカブトとすべきでしょうか?

IMGP5440a.jpg

↓↓ こちらはちょっと垂れてますが花が多いので垂れていると思いますが、上の写真と比べると花の付き方と花感じが違うので別種と思われます。 となると、これはオクトリカブトか? 判別が難しい・・・

IMGP5426s.jpg

↓↓ 左は、ハンゴンソウ。  右はゴマナ。 どちらも背丈があるのでよく目立ち初秋の代表花です。

IMGP5448s.jpgIMGP5421a.jpg

↓↓ 左は、アケボノソウ。  右は、オオニガナ。 アケボノソウはもう殆ど綺麗なのが残ってませんでした。オオニガナは、絶滅危惧種に指定されてます。今年は個体数が少なく感じました。

IMGP5422s.jpgIMGP5204s.jpg

↓↓ ウメバチソウ。 これも代表花ですね。湿原に疎らにですが群生しています。

IMGP5205s.jpg

↓↓ これも判別が難しいのですが、たぶん トネアザミ と思います。

IMGP5435a.jpg

↓↓ オオマルバノホロシの実はあちこちで見かけました。

IMGP5200a.jpg

↓↓ 林床にはいろいろなキノコが出てますが、赤いキノコは綺麗です。

IMGP5072a.jpg

↓↓ もともと赤っぽいモウセンゴケですが秋にはさらに紅葉します。このころになると葉の粘液も減るようで水玉のように吹き出ていた様子があまりみかけなくなります。

IMGP5153a.jpg

↓↓ 花ではないですが、一早くツタウルシが紅葉してました。 このツタウルシは猛毒なのでかぶれやすい人はあまり近づかない方が良いです。

IMGP5077a.jpg

 

次第に花が少なくなって寂しくなる季節ですね。次回行く頃にはほとんど花もなくなり黄葉の季節になりそうです。尾瀬もいよいよ終盤が近づいてきて、ちょっぴりセンチな気分です・・・。

 

 


nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 1

hina02

こんばんはぁ~
リンドウにトリカブト!
青紫が目を引きますぅ~

やっとアド街尾瀬編放送されましたぁ~
まだ時間なく全部見てないですが
あとでゆっくり見てみますぅ~
by hina02 (2014-09-23 23:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。