So-net無料ブログ作成
検索選択
カメラ・撮影機材 ブログトップ
前の10件 | -

あああ・・・また壊れた [カメラ・撮影機材]

 メインズームレンズとして使っているシグマの17-70mmF2.8-4 DC MACRO HSM [C]、新規購入してまだ1年ですが壊れてしまいました・・・。 実は購入当初からズームが少し引っかかるなと思ってましたが、まあ使えていたのでそのままだったのですが、このところ急に引っかかりが強くなりましたがそれでも騙し騙し使ってました。が、先日の飛行機撮影の際についにガクっと動かなくなってしまい、グッと力を入れたらサクッとリングだけスカスカ動いたのですが、鏡筒自体がピクリとも動きません・・・ そしてカラカラと何か中にあるご様子(T-T) 中から出てきたのは、何かの部品・・・先端が折れた跡がありました。不良だったのか何か判りませんがこれが引っかかりの原因で使っているうちに完全に引っかかるようになって遂に折れたという事のようです。 

 御存じのように旧タイプの同レンズの時もネジが内部から出てきて動きが悪くなり、新規購入した経緯ですが、再び同じような悪夢が襲うとは・・・ 検索してもこのような事例はないようですし、シグマと私が相性悪いのか、それともKマウントとの相性が悪いのか? レンズ内部の問題ですから使い方の問題でもないでしょうし・・・ 

↓↓ ズームリングはスカスカ動きますが鏡筒は連動せず手動でもこの状態から戻らなくなってます。そして中から出てきた小さな何かの部品。

Img_4676a.jpg

↓↓ 部品の拡大です。先端部分が欠けているので折れたのでしょう。

FullSizeRendea.jpg

 このレンズ分割で買ってるのでまだ1年弱支払いがありますし、すぐに買うこともままならず、でもすぐに買わないと花の時期ですし・・・ でも先立つものが・・・ とりあえず修理依頼してみましたが、メーカー保証期間の1年ギリギリでしたが、無償で直る範疇なのかどうか・・・ 数万円もかかるようならまた新規購入しかありません・・・ メーカーからの修理状況の連絡が入るまではマクロ機能のないキットレンズを使うしかなさそうです。  

続きを読む


祝★初フルサイズPENTAX K-1 [カメラ・撮影機材]

K-1-1.jpg ペンタックスファン待望の初めてのフルサイズ機がやっとこさ発表になりました(^-^)/ その名も「K-1」。 でも、APS-C機の上位機がすでにK-3まで来てるので、このあたりどういう割り振りになってゆくのか細かな疑問ですが、なんにしても嬉しい1日となりました。

 仕様は大まかに・・・ 詳しくはペンタックスのサイトをご覧ください。

  • 有効画素数 3640万画素  ローパスレス
  • 視野率100% 倍率0.7倍
  • 5軸、5段分手ぶれ補正、流し撮りにも対応
  • AF 33点測距(中央25点クロス)/SAFOX 12。 EV-3~18(ISO100)。
  • 秒間4.4コマ / APS-Cクロップ時は 6.5コマ
  • スマートファンクションダイアル
  • ISO 100-204800 (常用)
  • フレキシブルチルトモニター
  • リアル・レゾリューション・システム 動体ブレ補正機能追加。
  • アストロレーサー
  • アウトドアモニター
  • 1010グラム (バッテリー、SDカード含む。)
  • 標準ズームレンズ HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WRなども同時発表。

K-12.jpg いろいろ新機能もてんこ盛りのようです。見た目にはやはりフレキシブル可動モニタが目を惹きますね、ローアングルでの縦撮りでも光軸が動かないで撮れるので使いやすそうです。5軸5段分の手ぶれ補正はありがたいですが、フルサイズで4.4コマは動体撮影では少なすぎです。クロップでAPS-Cに出来ますがそれでも6.5コマですから今持ってるK-5IIsより少ない。ペンタの場合追尾モードにするとこのコマ数は発揮されませんので・・・ 

 ペンタらしいところは、暗い所でも接続などが出来るようにレンズマウントスロット、端子部にLEDがついたことですね、これは嬉しい配慮ですね。 さらに欲しいと思っていた、モニターの輝度調整機能「アウトドアモニター」もつきましたね、星空撮影でファインダーを覗くとモニターが眩しいと思うこともしばしばでイチイチ消してました。 星空といえばK-3II同様にGPS内臓でアストロレーサーが付きました。

 感度は100-204800、これは拡張ではなく常用感度だということですから凄いです。ペンタサイトに小さな写真がありましたが102400なのにとても綺麗でした。 野鳥撮影や星空撮影にもかなり威力を発揮できそうです。

 大きさもAPS-CのK-3IIよりちょっと高さがあるだけで、かなりのコンパクト設計です。ただ重さはバッテリー入れると1キロ越えちゃいますのでそれなりに重いですね・・・ 

 なんにせよ、発表されてペンタファンとしては嬉しい限りです。 発売は4月下旬とのこと。 実売で27万円前後。

 クロップもついてるので買おうかと一瞬思いましたが、AF周りは野鳥撮影にはちょっと不向きのようなので、見送りかな。 K-3II の後継機待ちかな。 きっとフルサイズで使われた機能もついてくるでしょうし、AFはそちらの方が強くなると思われます。







PENTAXのフルサイズ 【写真追加】 [カメラ・撮影機材]

 まだ試作機のようですが、やっと形になって出てきたようです。 画像を勝手に持ってきましたが、これを見ると、一番目立つのはやはりモニタ部ですね。世界初と以前開発陣が言ってましたが、たしかにこれは突飛です(^-^;) ファンは可動モニタを熱望しましたが、こんなにゴッツくしなくてもというのが本音でしょう(^-^;)

 でも、その構造は、ゴリラポッドをカメラ本体に据え付けたような感じでしょうか? まず、上下にチルトします。引き出して捻ることで回転するようです。おおよそ100度くらいは回転するのかな~? それだけ動いてもレンズとファインダーの光軸上にあるので目線は違和感がないので見やすいかもしれませんね。 星の望遠撮影ではかなり活躍しそうな気がします。 

※元画像ソース。http://ricehigh.blogspot.com/

pentaxff-front.jpg

pentax-back.jpg8220272_1445578378.jpg

↓↓ 上部液晶が小さくなり、新たなダイヤルがついてます。何に使うのか? Wi-Fi にも対応しているようです。

120545zb6zjkkhj898vjhw.jpg1205428shs0xx0lah07jxj.jpg

↓↓ 【追加】 モニターを収納した状態です。ここからあれだけメカメカしいのが出てくるって面白いですね。

286066d1445599072-some-crappy-shots-new-ff-camera-photoplusexpo2015-007aa.jpg

24-70㎜のキットでも40万くらいいきそうですから、これを買う予定はまったくありませんが、初のフルサイズということで今後の発表が楽しみです。 

 さて、今週末は龍宮小屋最終宿泊の週末にですが、財政具合も良くないのでお留守番になりそうです。 昨年も挨拶できなかったので今年こそはと思ってましたが・・・ しかも、寒気が入りもしかしたら土曜夜から日曜未明に掛けて雪の可能性もあるのかな? 気温を見ると微妙で、2000m以上なら積雪するかもしれませんね。 

 11月初旬は何とかラスト尾瀬したいです。





続きを読む


Nikon P510 三脚台座作成 [カメラ・撮影機材]

 Nikon P510の三脚座が割れて使えなくなったと先日記事にしましたが、ちょっと閃いた案があったので早速作ってみました。 本体に直接細工するのは難しいので、それなら別に台座を作ればいいのでは? という単純な発想です。で、出来上がったのが下の写真です。

 材料に使ったのは秋葉原に売ってた電気配線器具や基板などを入れる自作用の軟質プラスチックの箱です。Nikon P510にちょうどいい箱があったのでこれをいい案配に削ったり切ったりして作りました。見た目は悪いですが、本体はぐらつくこともなくとりあえず動画はこれで撮れるでしょう。

↓↓ 四角い箱を背面とレンズユニット部がうまく収まるように切りました。 そして、本体が動かないようにウレタンを本体の外観がきっちりハマるように貼り付けて完了です。

Img_3386a.jpg

↓↓ 三脚用のネジ用の穴を開けて本体に元々付いていたメスネジを埋め込みます。小さなネジで四隅を止めるのですが、最初に割れたときに使った接着剤がドライバの溝に入って固まっていたので使うのが厳しいので、とりあえずテープで仮止めしてあります。あとで購入してきて固定するつもりです。ネジ穴は既に開けてあります。

Img_3387a.jpg

↓↓ 本体を入れた状態。 背面のモニタも可動できますしボタン類も操作可能です。

Img_3394a.jpg

↓↓ 上から見るとこんな感じ。箱が四角いのででっぱりはありますが、ウレタンのおかげでピッタリ固定されてます。 手持ちの時は箱から抜いて使います。

Img_3391a.jpg

↓↓ 三脚に取り付けた状態です。動画や夜景などはこれで何とか撮れるようになりました。

Img_3392a.jpg

材料費は、箱と糊付きウレタンで550円でした。 ネジは100~200円くらいかなと思ってます。





続きを読む


遂に・・・ [カメラ・撮影機材]

 今年の1月にヤマセミ撮影中に三脚ごと倒れて三脚台座が割れてしまったNikon P510ですが、その後、接着剤とガムテープで補強してだましだまし使ってましたが、先日の北斗星最終日の帰り際、不用意に三脚を持たないでカメラを持って持ち上げてしまったら、バキッとさらに割れて完全に崩壊してしまいました。 

 ただ三脚ネジは使えないものの、カメラの機能自体はなんら問題ないので使えますが、ネジが使えないと動画撮影などに支障が出てしまいます。新しいのを買うか、このまま暫く使うか・・・ 悩みどころです。ちなみにNikon P900は光学2000㎜と魅力的ですが大きすぎるのでサブで山などに持って行くには不向きです。 しかし、コンデジとはいえネジ部の補強はあまりされてないようです。

↓↓ ネジの周りがバラバラに崩壊してしまいました。以前は大きくバキッと割れただけだったので接着剤とテープで止まっていたのですが、これではもうどうにもなりません。

Img_3360a.jpg

↓↓ 割れた下にはレンズユニットカバーが見えてます。茶色いシールドのは電源の配線のようです。 金属部も見えているので水が入るとアウトですね。 とりあえずまたガムテープで覆っておきますが・・・

Img_3359a.jpg

↓↓ ネジの部分ですが、こんな小さなネジ4つで薄いプラスチックのボディに直接止まってるだけですから雲台をあまりキツく締め付けたりすると割れる可能性もありそうですね。まあコンデジなのでそこまでガッチリ締めることは想定外でしょう。

Img_3361a.jpg

Nikon P510の直接の後継機のNikon P610が出てますので今のところ買い換えならこれが第一候補です。レビュー記事を見ても悪くないようです。


デジタル遺産 [カメラ・撮影機材]

 先日テレビを見ていたら、「デジタル遺産」という言葉を耳にしました。 パソコンに保存されている大量の写真動画、さらに銀行などの取引用の口座などなど、これらがパソコンに残ったまま、使用者が亡くなってしまったとき遺族はどう扱っていいのか途方に暮れるということが多々あるようです。特に配偶者など遺族が知らない銀行口座が発見されてもパスワードなどの問題でなかなか手が付けにくいとか・・・ 私の場合は隠し財産は無いですが、大量の画像データが入ってます。 

  病気が発覚して死を覚悟したという場合ならいろいろ処分の考えも出来るでしょうが・・・ 不慮の事故や病気による突然死となるとこれらのデータがどうなるのか? 遺族に託されても興味がなければ取り扱いに困るでしょうね。

  データ以外に昔の銀塩フィルムのポジ、ネガも大量にありますから、実際どうしていいのか検討もつきません・・・ 最終的には機器ごと破壊して処分という方法しかないのかもしれませんね・・・ 番組を見た後、ちょっと真剣に考えてしまいました・・・。

 下の写真は特に関係ございません。 

IMGP0235a.jpg

ま、いろいろ考えることもありますが、今はバシバシ撮ってゆく所存です(^o^)/

続きを読む


新レンズ導入 [カメラ・撮影機材]

 以前報告したSIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACROの内部のネジと思われる物がとれましたが、問題なく稼働していたので使っていたのですが、尾瀬ヶ原にいったおり、ズームが異常に重くひっかかる感じになっていたので、これは流石にヤバイと思って、とうとう購入しました。 同じレンズの最新版である。SIGMA 17-70㎜F2.8-4 CD MACRO HSM (Contemporary)です。 今まで使っていたのは初代で、新しいのは3代目という位置づけです。

 何がどう変わったかというと、ワーキングディスタンスが若干長くなりました。また、テレ側のF値が若干明るくなりF4.0です。 そして超音波モーターですね。 さすがに超音波ですから無茶苦茶静かで、え?動いてるの?みたいな第一印象でした(^-^;) これまでのがジージーと音が大きかったので余計に静かに聞こえます。 AFも速いですね。

  • 最短撮影距離22cm
  • 最大倍率1:2.8
  • 70mm時のワーキングディスタンスは、5.52cm

 で、肝心の映り具合ですが、とりあえず手近な花を写してみましたが、まあ総合的にはさほどの大きな差はないようです?

【機材:K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 CD MACRO HSM /SIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACRO】

↓↓ カメラに装着してるのが新レンズ。

Img_3020a.jpg

↓↓ 新旧レンズの大きさは本体部分はあまり変わりませんがテレ端に伸ばしたときは以前より短くなってます。フードの形状が小さくなりました。これは最短撮影距離がレンズ前数㎝程度なのでフードが邪魔になるからですね。 

Img_3018a.jpg

↓↓ ヒルガオ。 カリカリのシャープさはありませんが、すっきりした線です。

IMGP8258a.jpg

↓↓ 3つ並んだ花を見るとボケてゆく段階が柔らかい感じがします。

IMGP8269a.jpg

↓↓ アジサイ。 色再現も悪くはなさそう。

IMGP8260a.jpg

↓↓ 小さな花にもかなり寄れるのは相変わらずです。 やっぱりボケが柔らかくなってるようです。

IMGP8262a.jpg

↓↓ 左が新しいレンズ。 右がこれまでのレンズ。 構えた位置の距離差が少しありますが、これを見てもやはりボケ具合が柔らかくなってるのが判りますね。どちらも同じテレ端で開放値ですから、F値が少し明るくなった分の柔らかさでしょうか?

IMGP8266a.jpgIMGP8277a.jpg

とりあえず、新しくなったので安心して使えます。 星の映り具合も気になりますので、尾瀬に行ったときにでもまた確認してみたいです。


あなたはどこのネジ? [カメラ・撮影機材]

Img_2837A.jpg 先日の土曜日、北斗星を撮りに行った時に急に常用レンズであるSIGMA 17-70㎜F2.8-4.5 MACROがズーム出来なくなりました。このときは撮り終わったあとだったので事なきを得ましたが、帰宅後、どうしたものかと弄りますが動かず・・・ もう新しいの買うつもりで壊れてもいいやと、ガチャガチャと降ったり45度で叩いたり(^-^;) してると動くようになりました! しかし、中でカラカラと音がするので傾けたりしてるとコロンと出てきたのが写真の小さなネジです! どうやらこのネジが外れて引っかかっていたようです。

 しかしどこのネジなんでしょう? レンズから出てきたのでレンズだとは思いますが、ズームもAFも問題ないです。ただ、振るとカクカクと音が・・・ まあ何かのネジが外れたのには違いないですが・・・ ライトで内部を照らしても外れたような穴は見あたらずでした。ちなみにカメラ側も問題無しのようです。 

 なんとかレンズは稼働するとはいえ、ちょっとこのままでは不気味ですよね。 ネジが外れるなんてことってあるのだろうか? やはりそろそろ買い換え時かな。

IMG_2838S.jpg


★祝★PENTAXフルサイズ続報 [カメラ・撮影機材]

 矢継ぎ早の投稿失礼します。やっと発表になったペンタックスのフルサイズ機なのでネット検索で情報をあさる毎日です(^^;) 横浜で行われているCP+2015ではモックアップが展示されているようですが、かなりの人だかりになるので、行く気が起きません(^^;)

 モックアップの全体がだいたいわかってきましたが、やはりペンタックスらしいやや角ばったデザインで他社よりやや小さい感じですね。背面はバリアングルの噂がありますが、この写真ではそのようには見えませんがかなり出っぱってる感じなので可能性はありそうです。ファインダーももう少し大きくなるでしょうか。グリップが大きいので手持ち撮影も良さげです。 やや厚みがあるのは手ぶれ補正が5軸になってる可能性もありそうです。

P2670765s.jpgP2670780s.jpgP2670752s.jpg

フルサイズの発表と同時に、「超解像」技術の発表もありました。 ざっくり説明すると、画素をずらし数枚撮影して、コンポジットして1枚に仕上げるという技術です。 すでに次機種に搭載すると発表されているオリンパスの「ハイレゾショット」も同じような技術でオリンパスのOM-D E-M5 Mark IIでは4000万画素相当になるそうです。ハイレゾショットでは、1~0.5画素ずらして8枚撮影してコンポジットで、ファイルサイズも相応に増えてしまうようです。 しかし、ペンタックスの「超解像」では、1画素ずらして4ショットをコンポジット、ファイルサイズはほとんど変わらないとのことだそうです。どの程度の解像感が出るのかはわかりませんが、オリンパスのサンプルを見る限りかなりのものですね。 但しコンポジットなので、どうしても動きものには使えませんから風景でも無風で三脚は必須ですね。 

続報が楽しみです。

そろそろ、ヤマちゃん撮影も私的には終盤戦で3月になれば野草やスミレを求めて高尾山通いになりそうです。

続きを読む


液晶が!! [カメラ・撮影機材]

 2週間前のヤマちゃん撮影の際、風でブラインドごとカメラが倒れてひやりとしました、その場でざっと大丈夫か確認して大丈夫とホッとしたのですが、帰ってから数日後星を映してモニターを見ると画面右に黒い筋が出てました。あわわわ、と一瞬あ然としましたが、よくよく見るとセンサーの問題ではなく、液晶モニタの問題のようで下の写真のように拡大表示しても画像自体は問題ありませんでした。 ひとまず最悪ではないようなので良かったのですが、一瞬買い替えか!?と肝を冷やしてしまいました(^^;)

 さらにこの黒い部分は時間が経つにつれて小さくなって現在は右上だけになってます。倒れた衝撃で空気が入り込み黒く見えているものの次第に空気が消えて元に戻っているのではないかと推測してます。 皆さんも強風時の三脚撮影は気を付けてください。重い機材なので倒れると衝撃が強く最悪の結果になりかねません・・・。

↓↓ 画面右上に黒いのが! 最初はずーと下まで続いてましたが、今はここだけです。

IMG_2585.JPG

↓↓ 拡大表示てても画像自体には問題はありません。液晶モニタの問題です。

IMG_2586.JPG


前の10件 | - カメラ・撮影機材 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。