So-net無料ブログ作成
検索選択

北岳Now(^。^)

image1.JPG今日は、2年ぶりに北岳に来てます。
バテバテでしたが、何とか肩の小屋にテントを上げました! 現在ガスガスでしたが何も見えなくなりました。明日朝は快晴の予報なので日の出と雲海の富士山に期待です。
右のが私のテントで、テントから東側大パノラマなんですが…

nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

尾瀬の番組 [尾瀬]

 7月始めに尾瀬に行ったときに龍宮小屋で見かけたNHKの「小さな旅」のロケですが、至仏山や、尾瀬ヶ原、尾瀬沼などでロケを行ったようですね。その小さな旅の放送が決まったようです。サブタイトルに「尾瀬」という文字は入ってませんが写真は尾瀬でしたので間違いないでしょう(^-^;)

  • 「小さな旅」 シリーズ山の歌 夏 ~楽園に抱かれて~尾瀬 至仏山~
  • NHK 総合7月31日(日) 午前8時~8時25分
  • HP http://www4.nhk.or.jp/kotabi/

↓↓ 逆光でキラキラひかるヤマドリゼンマイを撮影中?のNHKスタッフと龍宮小屋小屋主さん(奥、右から2人目)。 手前左に永井さんと山本アナが談笑中。

IMGP0350s.jpg

さて、私の次の尾瀬は8月前半になりそうです。

続きを読む


小仏城山の猫 [高尾/奥多摩]

 奥高尾の小仏城山には猫が住み着いてます。捨て猫なのかそれとも売店の方の猫なのかちょっとわかりませんがもう随分前からいて訪れるハイカーたちにも可愛がられています。すっかり人慣れしているので触られても逃げたりしませんが、さわり方が下手だと嫌がって逃げますね。特に子供はやはり苦手のようです(^-^;)

 ハイカーの中には毎週のように来てカリカリ餌をあげる方もいるようで、そういう人が来ると駆け寄っていきます。先日の高尾山散策の時はお昼をしていると同じテーブルの腰掛けに座ってくれました。私が猫好きだとわかったのでしょうか?(^-^;)

 今回はそんな城山の猫写真を少し掲載します。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ 小仏城山の売店付近にいる猫は3匹です。 噂では左の猫が母猫だと言われてます。右のがその子供の猫、もう1匹はどこかに隠れてます。母猫の方が人慣れしていてよく触らせてくれます。 

IMGP4054a.jpg

↓↓ すぐそばの腰掛けに座って念入りに毛繕いしてました。

IMGP4034a.jpg

IMGP4028a.jpg

IMGP4035a.jpg

↓↓ 暑いので日影にきてお昼ね。

IMGP4037a.jpg

↓↓ 子供の猫です、子供と言ってももう大人ですけどね。常連の人がマタタビを持ってきてあげたらもうすっかり虜で舐め舐めスリスリして恍惚の表情でした(^-^;) 母猫も貰ってましたが、薬におぼれること無くひとときの恍惚感を味わったらキリっとしてましたね(^-^;)

IMGP4050a.jpg

IMGP4047a.jpg

IMGP4051a.jpg


蒸し蒸しの高尾山 [高尾/奥多摩]

 例年3連休は尾瀬に入ることが多かったですが、今年も財政難や天気が思わしくないということで遠出はしてません。土曜日はカシオペア撮影して、今日は高尾山を散歩してきました。 もう少し晴れるかと思いましたが、一日中曇り空で、気温は25度くらいですがかなりの湿度が高くて蒸し暑かったです。 特に日影沢や6号路は湿度100%あるんではないだろうかというくらい蒸し暑かったです。

 すでに夏の花々が咲いてますが、端境期ですね。 どこも鬱蒼と茂ってるのでスミレの時期のようにあまりガサガサと首を突っ込みたくないですね毛虫も居ますし・・・ 今回の目的はヤマユリとイワタバコでしたが、イワタバコは見頃は過ぎてました。ヤマユリは稜線でかなり咲いてました。まだまだ蕾も多くて今年は豊作では無いかと思います。

 コースは、日影沢~小仏城山~稜線~6号路でした。 暑いけど人は多いですね・・・

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM/Nikon P510】

↓↓ ヤマユリ咲く山道。少し離れたところからヤマユリ独特の甘い香りが漂ってました。 花も大きいのですぐに見つかりますね。

IMGP4096a.jpg

↓↓ とにかくデカイです!! 花の奥の方から香りがします。

IMGP4092a.jpg

↓↓ 花が大きいのですぐに傾いてしまいなかなか直立しているのがありませんが、この株は花付きがいいわりにはまっすぐ立っていて格好が良かったです。 まだまだ蕾の株が多いので暫く楽しめると思います。

IMGP4080a.jpg

↓↓ キツリフネ。 赤いツリフネソウよりこちらの方が早めに咲き出します。高尾山にはもともと無かったとも言われてます。

IMGP3964a.jpg

↓↓ タマアジサイが咲き始めました。多摩紫陽花ではなくて「玉紫陽花」で、蕾が玉のようだということが名付けられたとか。

IMGP3982a.jpg

↓↓ キキョウ。 野生のキキョウです! 高尾山でもめっきり少なくなった植物の一つですね。最近過ぎの伐採のおかげで増えている感じです。

IMGP4020a.jpg

↓↓ 綺麗な花ですね~ でもまだ花ではありません。答えは下の写真

IMGP4062a.jpg

↓↓ 答えは、オオバギボウシです。 まだ蕾が伸びてない状態の集まりで真上から見ると上の写真のようになり、下の方から蕾が伸びてくると紫色に見える部分は緑色に変色してしまいます。

IMGP4063a.jpg

↓↓ 今回2つめの目的はこのイワタバコです。 琵琶滝付近のしか見てませんが見頃は終わってました。しっかり花がついてるのは僅かです。

Dscn0273a.jpg

IMGP4115a.jpg

↓↓ ジャコウソウは咲き始め。

IMGP4009a.jpg

↓↓ チダケサシ。 あまり見かけませんが、かたまって咲いてるのを見つけました。

IMGP4056a.jpg

↓↓ 枯れ枝に着いていた小さなキノコ。 沢沿いは湿度が高いので良ーく見るとキノコがいろいろ出てます。

IMGP3997a.jpg

↓↓ ヤブミョウガ。 あちこちで咲いてるのですが何故か撮ろうという気にならない植物のひとつです(^-^;) が今日は撮って見ました。でもやっぱり撮りづらい・・・

IMGP4123a.jpg

↓↓ ヤブミョウガの花の部分をマクロ撮影です。 

IMGP3941a.jpg

↓↓ ムラサキニガナも果穂になってタンポポのように飛び始めました。 飛んだのが引っかかっていたのを窒息しそうになりながら撮影(^-^;)

IMGP3976a.jpg

↓↓ ウラシマソウの実に這う何かの幼虫。

IMGP3968a.jpg

↓↓ 高尾山には杉以外の木でも巨木が結構多いですね。

IMGP3965a.jpg


尾瀬ヶ原と至仏山 【2】 ~至仏山編~ [尾瀬]

 尾瀬ヶ原編から続きまして至仏山編です。夜中は雨という予報で、ホタル狩りのあとはぐっすり寝て6時くらいに出発しようかと考えてましたが、夜中の1時ころ目が覚めると満天の星空が広がっていましたが、すぐに曇ってしまい再び就寝・・・ 3時過ぎに起きるとなんだか天気は良好? このあと雨だとしても、テントが乾いてるうちに畳んじゃえとと薄暗い中、撤収~ その勢いで行っちゃえ~ということで登りましたが、森林限界に来たあたりで本降りの雨となってしまいました。30分ほど停滞して雨が上がってきたのでそのまま登頂しました。その後もパラパラすることはありましたが、本降りになることもなく鳩待峠まで下山しました。

 稜線は絶えず強風で花の撮影には難儀しましたが、さすが花の百名山! 稜線はとにかく花が絶えることがなくて楽しい山歩きでした。風待ちもありますが8時間も掛かって下山でした。 オゼソウやホソバヒナウスユキソウは例年よりは多く見ることが出来ました。特にホソバヒナウスユキソウは花付きがいいようで高天が原はかなりの密生具合でした。

 とにかく花が多いのでまたまた大量にアップしたいと思います。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ 3日の未明1時頃には一時的に満天の星空でした。急いで外に出ましたが、あっという間に雲が広がりまともに撮ることは出来ませんでした。でも結果的にはこれで良かったようで、それほど寝不足にはなりませんでした(^-^;)

IMGP3038a.jpg

↓↓ 3時過ぎにテントを撤収して、4時過ぎに登り始めました。朝焼けになりそうな空模様で雨は降らないかも?と淡い期待もありましたが、森林限界あたりで本降りの雨・・・ 

IMGP3072a.jpg

↓↓ 雨がやんだので、再び登り始めます。イワシモツケがあちこちで白い花が満開でした。

IMGP3076a.jpg

↓↓ 【左】 イワイチョウ    【右】 ダイモンジソウ

IMGP3682s.jpgIMGP3097a.jpg

↓↓ 快調に登って鎖場のあるあたり、このあたりまでくると展望もぐっとよくなります。蛇紋岩の岩場に咲くイワシモツケと尾瀬の大展望が素晴らしいです。青空ならもっとよかったですが、天気が悪い予報の中でこの展望はラッキーでした。

IMGP3131a.jpg

↓↓ 中腹ベンチで朝食、しばし展望を楽しみました。

IMGP3152a.jpg

↓↓ Nikon P510でぐぐっと引き寄せて撮影。ここは上田代の逆さ燧ヶ岳が見れる大池塘付近です。右上には上の大堀川橋が見えてます。

Dscn0247a.jpg

↓↓ ムシトリスミレが沢山咲いてました。

IMGP3183a.jpg

↓↓ マルバヘビノボラズ

IMGP3191a.jpg

↓↓ 更に登ると傾いた木道階段がちょっと怖いですが、この高度感がこのルートの魅力の一つですね。

IMGP3178a.jpg

↓↓ 高天が原下部にくるといよいよホソバヒナウスユキソウが出てきます。大きい株は少ないですがびっしりと咲いてました。今年は特に多い感じです。

IMGP3201a.jpg

↓↓ 蛇紋岩の間に咲くホソバヒナウスユキソウ。このあたりはややピーク過ぎのようです。

IMGP3306a.jpg

↓↓ 【左】 タカネバラ、まだまだ新鮮なものばかりでした。  【右】 ジョウシュウアズマギク。 これも沢山咲いてます。

IMGP3235a.jpgIMGP3271a.jpg

↓↓ カトウハコベ。 まだ咲き始めのようですが、昔より個体数が減ってる気がしました。

IMGP3282a.jpg

↓↓ このあたりではまだ小至仏山は見えてましたが急激にガスガスになり更に強風になってきます。

Imgp0399a.jpg

↓↓ オゼソウがこのあたりもかなり多く咲いてました。

IMGP3352a.jpg

↓↓ カラフトヒメシャクナゲ。 ヒメシャクナゲより楕円形の花で色も濃く、花びらにあたるおちょぼ口が狭いのが特徴だそうです。尾瀬の文献には至仏山に分布と記載があるのでコレだと思います。

IMGP3356a.jpg

↓↓ ネバリノギラン。 ランでは無くユリ科の植物です。花や茎など全体的にネバネバします。

IMGP3442a.jpg

↓↓ 至仏山山頂。昨年は小至仏山ばかりだったので久しぶりの本山頂です。 ちょっと雨もパラパラして急激にガスがかかり展望は無し。さらに強風でした。幸い暖かな風なのでカッパを着ていれば寒くはありませんが、長居は無用です・・・

Imgp0404a.jpg

↓↓ 【左】 イワハタザオ   【右】 まだとても新鮮なユキワリソウが咲いてました。可愛いですね~

IMGP3380a.jpgIMGP3439a.jpg

↓↓ コケモモの花はとても小さくて撮影が大変です。

IMGP3409a.jpg

↓↓ ジョウエツキバナノコマノツメ。 ピークは過ぎたかと思ってましたが、まだまだ沢山咲いていてくれて感激でした。

IMGP3427a.jpg

↓↓ イブキジャコウソウは咲き始め。

IMGP3464a.jpg

↓↓ 【左】 タカネシオガマ   【右】 ヨツバシオガマ

IMGP3517a.jpgIMGP3660s.jpg

↓↓ キンロバイ。 この花も意外と少ないです。

IMGP3506a.jpg

↓↓ ハクサンシャクナゲ

IMGP3530a.jpg

↓↓ 【左】 ホソバツメクサ   【右】 ウラベニダイモンジソウ。葉の裏が赤くなります。

IMGP3494a.jpgIMGP3545s.jpg

↓↓ 小至仏山山頂。急激にガスが切れて展望が良くなりましたがすぐにまたガスガスになってしまいました。

Imgp0415a.jpg

↓↓ 【左】 まだまだ新鮮なホソバヒナウスユキソウ  【右】 崖っぷちに咲くホソバヒナウスユキソウ

IMGP3475s.jpgIMGP3597a.jpg

↓↓ 今回一番の花付きの良いホソバヒナウスユキソウを真上から撮影してみました。

IMGP3575a.jpg

↓↓ イワカガミの周りにオゼソウ、奥にはチングルマがさいていました。

IMGP3629a.jpg

↓↓ 【左】 ハクサンコザクラ      【右】 ハクサンイチゲ

IMGP3622a.jpgIMGP3617a.jpg

↓↓ タカネイワヤナギ(別名、レンゲイワヤナギ)  日本固有の植物で比較的珍しい部類だそうです。 上に延びず匍匐しながら枝分かれしてゆきます。

IMGP3620a.jpg

↓↓ 【左】 エゾウサギギクが咲き始めました。  【右】 オオバツツジ

IMGP3651a.jpgIMGP3702a.jpg

↓↓ シナノキンバイ

IMGP3657a.jpg

↓↓ 展望ベンチもガスガスでした。 ここで関西からのおばちゃんグループと遭遇。いろいろ花の名前を教えてあげました。 オゼソウが見たかったということで「これ」がそうですよと教えるとえらく感激していました(^-^;)

Imgp0419a.jpg

↓↓ ベニサラドウダンが鈴なりに咲いていて圧巻です! 今年はとても花付きが良い株が多いです。

IMGP3693a.jpg

↓↓ アカモノの花は可愛いですね。

IMGP3638s.jpg

外した花もありますが、とにかく百花繚乱の至仏山という感じでした。花好きにはほんとに素晴らしい山ですね。


尾瀬ヶ原と至仏山 【1】 ~尾瀬ヶ原編~ [尾瀬]

 大量のRAWを確認して500枚ほど現像し終わりました。目がシブシブします(^-^;) 今回はお天気に恵まれなかったので風景写真的にはいいのがありませんのでいつものように風景、花などと分けないで、レポ風にいろいろ織り交ぜて尾瀬ヶ原編と至仏山編に分けようと思います。そのため、掲載写真はかなり多めになっております。

 まずは尾瀬ヶ原編です。 ちょっと端境期で林床も湿原も花は少なく感じました。キスゲも咲き出しましたが蕾が少なく今年は駄目な感じですね。例年ならカキツバタも群生しているはずですがそれもありません。遅霜や春の水不足などいろいろ影響しているようです。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM/Nikon P510/W60】

↓↓ 山の鼻湿原。予想よりも天気はいいようで日差しも出ていました。

Imgp0326a.jpg

上の写真から少し前に撮った花たちです。 ※クリックで拡大します。

↓↓  【左】  モミジカラマツ。   【右】 オオレイジンソウ。

IMGP2738a.jpgIMGP2758a.jpg

↓↓ ツルアジサイ。これは鳩待峠の登山口横にある大株です。

IMGP2727a.jpg

↓↓ 木に着生する、フガクスズムシソウ。 

Dscn0205a.jpg

↓↓ ショウキラン。 湿った林床なら何処でも生えそうですが、なかなか見かけません。

IMGP2775a.jpg

↓↓ ヤマオダマキ。 

IMGP2783a.jpg

↓↓ 上田代もすっかり緑の湿原でした。水も幾分増えてようです。 今年はカキツバタが少なくてほとんど咲いてません。

Imgp0329a.jpg

↓↓ ヒツジグサだけはあちこちの池塘で咲いてました。 入山した時間帯も良かったのかもしれませんね。

IMGP2811a.jpg

↓↓ トキソウ。 草に紛れて目立ちませんが結構咲いてます。

IMGP2798a.jpg

↓↓ アサヒラン (別名、サワラン)も沢山咲いてますがなかなかこちらを向いて開いた状態のが見つかりません。

IMGP2805a.jpg

↓↓ カキツバタ。少ないです。

IMGP2791a.jpg

↓↓ 湿原にじーと目をこらすと見つけたのが、日本一小さいハッチョウトンボ。 大きさは大きくても10円玉くらいだそうで、それならばと一度やってみたかった比較写真です。 そーと近づけないと逃げるので難しかったですがこの個体は何故か逃げなくて撮影出来ました。

IMGP2831s.jpg

↓↓ ヤマドリゼンマイも遅霜でやられたものが多かったようですが復活して新たに芽を出した若葉が美しいです。

IMGP2848a.jpg

↓↓ 人気の少ない湿原では夏鳥達が盛んに鳴いてます。これはノビタキ。 

Dscn0218a.jpg

↓↓ 上の写真の下の方にももう1羽いて撮影してみるとどうやら幼鳥でした。 親の方をじっと見つめて鳴き方を教わっていたのかしれもしれませんね。

Dscn0223a.jpg

↓↓ こちらは、ホオアカ。小さな虫を咥えて鳴いてました。こちらもどこか茂みに幼鳥がいて巣立ちの誘いをしていたのかもしれません。ちなみに留まってる花はオタカラコウです。

Dscn0235a.jpg

↓↓ 定番ポイントもすっかり緑です。

Imgp0343a.jpg

↓↓ クロバナロウゲ

IMGP2883a.jpg

↓↓ 【左】 ツルコケモモ   【右】 コタヌキモ

IMGP2948a.jpgIMGP2885a.jpg

↓↓ オニノヤガラ  龍宮小屋付近で見かけましたが4~5本かたまって出ていました。

Dscn0226a.jpg

↓↓ 龍宮小屋でまったりとコーヒーを頂きながら小家主さんらと談笑しました。NHK取材班は10名ほど、うち1人はキャスターの方でした。名前は忘れましたが(^-^;)  

IMGP2914a.jpg

↓↓ 小屋前で出演する永井さんと打ち合わせ中? スタッフの中にはヒマラヤなどの取材で同行した山のエキスパートの方もいました。至仏山も取材したそうです。 カメラは4Kでした。

Imgp0349a.jpg

↓↓ 夕焼け待ちをするスタッフを見ながら、こちらは山ノ鼻へ帰還するためトボトボと歩き出しました。 ちょっと焼けそうな空模様ですが・・・

IMGP2910a.jpg

↓↓ 下の大堀川のビューポイント付近のヤマドリゼンマイ畑? 夕暮れの中でも緑が綺麗です。

IMGP2927a.jpg

↓↓ 劇的な夕焼けはなく、これが最高潮でした。

IMGP2939a.jpg

↓↓ 上の大堀川を渡る直前、牛首山の麓でなにかガサガサと動いていたのでじーと見ると、黒いものが!! ツキノワグマでした! その距離100m近くくらいでしょうか? こちらをちらちら見ますが食べ物探しで忙しいようでした(^-^;) 遠いのでこちらも安心してNikon P510で撮影しました。

Dscn0241a.jpg

↓↓ 上田代の来る頃にはすっかり薄暗くなってます。 hanamiさんが撮影しているかも?と思いましたが違う人1人だけでした。 昼間吹いていた風も静まり逆さ燧ヶ岳が見れました。

IMGP2954a.jpg

↓↓ そして、夕食後、すっかり暗くなった20時過ぎ、見本園へ入ると沢山のホタルが飛んでて感激でした! 映るか映らないかわからないけど高感度撮影してみたら、なんとか映るようで、100枚近く撮影してしまいました(^-^;) でもほとんどは薄っすらなので、少しシャープネスを上げて調整するとハッキリ光が出てきます。 ゆっくり飛んでくれると映るのですが、サーと飛ぶと流星と同じでダメですね。 それでも、雰囲気は映せたかなと思いますが、この感度では荒れが酷いですね。

IMGP2976a.jpg

↓↓ 結構高い所も飛んでました。下の方で点になって動かないのはほとんどメスだそうです。 iso3200 露出30秒ですが、タイミングがいいと沢山寄ってきてくれます。

IMGP3007a.jpg

↓↓ 尾瀬のホタルはヘイケボタルです。 近くで光っていたのを一瞬ライトをあてて姿を撮影してみました。

IMGP3028s.jpg

次回は至仏山編です。


尾瀬ヶ原と至仏山 【速報版】 [尾瀬]

 天気予報が悪かったので直前まで悩みましたが、年間計画通りに7月2日~3日で尾瀬に行ってきました。今回は至仏山がメインですが初日の午前中に沼田駅付近でカシオペアクルーズの撮り鉄をやっらかしてから正午過ぎに鳩待峠、そこら尾瀬ヶ原の龍宮小屋まで散歩に行って来ました。 龍宮小屋ではNHKの取材班が入ってました。小さな旅の収録だそうです。常連さんということで私の名前が出ていたそうですが回避しました(^-^;) 澄夫さんと永井さんは出演のようです。

 また。尾瀬ヶ原ではhanamiさんと旦那さんにお会いしました。日曜日に至仏山とのことでしたが、登られたのかな? 

 2日目は早朝から至仏山でしたがこれも雨予報でしたのでかなり迷いましたが、運を天に任せて4時から登り始めました。森林限界を越えたところで本降りの雨に降られ30分くらい停滞しましたが、その後はガスと強風はありましたが概ね雨はあまり降らず、高天が原までは尾瀬ヶ原がよく見えていたのでラッキーでした。

1000近いショットになっているので、とりあえず速報版ということで掲載します。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM/DA18-55mmF3.5-5.6AL WR】

↓↓ 尾瀬ヶ原はポツポツとニッコウキスゲがさき始めてますが蕾は少なく、とても寂しい年になりそうです。

IMGP2794a.jpg

↓↓ ヤマドリゼンマイの黄緑が綺麗でした。 夕方に雨予報もありましたが、日差しもあり降られることは無かったです。

IMGP2849a.jpg

↓↓ ヒツジグサが最盛期です。 やはり上田代が多いですね。

IMGP2819a.jpg

↓↓ 竜宮十字路で夕焼け待ちのNHK「小さな旅」のスタッフ。 結局焼けませんでしたけど・・・ 

IMGP2911A.jpg

↓↓ 竜宮付近でホタルが沢山出ているとの情報でしたが、夜まで居るわけには行かず。もしかしたら山ノ鼻も出てるんじゃないかと暗くなってから見本園の奥にいってみたら沢山飛んでました! 久しぶりに尾瀬のホタルの乱舞を堪能しました。ヘイケボタルなのでなかなか映りませんが、ISO3200で30秒ほどでときおりカメラ前に飛んできてくれるので何十枚も撮影して映ったものの1枚です。 画質はとても粗いのでフォトコン用のプリントに出すのは厳しそうです。 たまたまやってきた小屋スタッフの人の話では多いと何千何万匹の時もあるとのことでした。でもそれがいつ来るのかとかは判らないみたいです。ただ今年は出るのが早いようです。

IMGP2994a.jpg

↓↓ そして、翌日朝方は星も見えたりして晴れそうな気配もあったので思い切って4時に出発。テント一式は厳しかったですが、何とか登り切りました。森林限界で降雨のため停滞。 稜線はガスガスで風速20Mくらいの強風でしたが暖かい風で寒くは無かったです。ただ、花の揺れがおさまるのを待ったりしたので、鳩待峠まで8時間も掛かってしまいました。

IMGP3079a.jpg

↓↓ 山頂も小至仏山も終始ガスガスでしたが、一瞬だけ晴れたりしますが終始ガスの中でした。天気が悪い予報だったので鳩待峠から登ってくる登山者は僅かでした。 山ノ鼻からの方が多数でした。 この写真では判りにくいですが強風が吹き荒れてます! 時々よろけそうになるからいの烈風が吹いてました。

IMGP3469a.jpg

↓↓ ホソバヒナウスユキソウ。 今年はこんもりしている株が多いようです。 高天が原のはピークが過ぎているようでしたが、沢山咲いてました。あまり水滴はついてなかったですが、少ししっとりした感じが良いです。

IMGP3451a.jpg

↓↓ ジョウエツキバナノコマノツメ。 もう終わって見れないかと思ってましたが、大群生の場所がありました。 しかしとにかく風があるのでおさまるのを待たないとまともに撮ることが出来なくて参りました。

IMGP3430a.jpg

↓↓ オゼソウ。 今年は多いようですが、単に一斉に咲いただけかも? 小至仏山のほうはもう終わりかけのものが多く茶色くなってきてましたが、高天が原上部~山頂直下のはまだまだ新鮮でした。

IMGP3348a.jpg

今回は、熊にも遭遇したりしましたが、期待していた至仏山のオコジョは見ることが出来ませんでした。 

次回は本編です。

続きを読む


至仏山Now

image1.JPGimage2.JPG昨日は尾瀬ヶ原、今日は早朝から至仏山に登ってます。高天ヶ原のホソバヒナウスユキソウは満開です。山頂までもうすぐですが、稜線は強風でガスガス

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。