So-net無料ブログ作成

続・東京の奥地 [スミレ/野草]

 先週行った奥地の山に再び行って来ました。今回は朝からピーカンで素晴らしい青空と新緑がキラキラと綺麗でした。ただ稜線は風が強くて寒いくらいでした。尾瀬ではこの時期としてはかなりの新雪が降り吹雪いていたようですが、燦々とふりそそぐ太陽の下、ゼーゼーしながら登って見たかったスミレを確認してきました。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】 ※2016.4.29撮影

↓↓ 新緑が素晴らしく綺麗でした!! 目に青葉ですね♫

IMGP8432s.jpg

↓↓ 山ホトトギスはいませんでしたが、ウグイスがあちこちで囀ってました。

IMGP8183s.jpg

↓↓ ギャギャと騒がしいのはカケスです。色は綺麗ですが鳴き声が残念ですね(^-^;)

IMGP8185s.jpg

↓↓ ミツバツツジも陽光を浴びてキラキラしてます。

IMGP8254a.jpg

↓↓ 前回よりも沢山みかけたアカネスミレ

IMGP8277s.jpg

↓↓ 同じところにヒゴも沢山咲いている場所を見つけましたので、念入りに調べましたが雑種は無かったです。

IMGP8272a.jpg

↓↓ そしてこれが見たかった。スルガキクバスミレ。前回は2輪しか開いてませんでしたが、満開です。でもこの大株にしては4つは少ないですね。来年に期待しましょう。見事な株に何枚も何枚もシャッターを切りました。 この株は最低でも10数年はここに生育しているようです。 同じ山にあったフイリは盗掘されたということで腹立たしいですね!! また怨念を飛ばしておきました!! 

IMGP8229a.jpg

↓↓ 同じ山にはもう一つスルガキクバスミレがあります。こちらは小さい株ながら花は多いのですが、どれも虫食いなのか花弁がちぎれたようになってました。 来年に期待ですね。

IMGP8241a.jpg


東京の奥地 [スミレ/野草]

 高尾山あたりのスミレも終わりの感じで標高を上げるか北の大地に行かないと見れなくなってきてちょっと大変です。先日の遠征の翌日、ちょっとお疲れでしたが頑張って東京の奥地の山に出かけてきました。 天気は回復傾向の筈でしたが標高を上げると次第にガスが掛かり濃霧の中、ビショビショになりながらになってしまいました。 遠くが見えないし眼鏡は水滴で曇るし、そのうちレンズは内部結露が始まるしで、後半は散々でしたが、とある古い情報を元にやや半信半疑で初めての山でしたが、なんとか目的のスミレは確認出来たので骨折り損にならなくて良かったです。 

 尾根筋ではミツバツツジも咲き出して一部は満開で霧に浮かぶ花が幻想的でした。 ここはもう一度、行くことになりそうです。

【機材: K-5IIs】

↓↓ しっとりと濡れた新緑が艶やかで綺麗です。 霧で髪の毛はびっしょりで参りました・・・。

IMGP8147a.jpg

↓↓ 霧の中に咲くミツバツツジが綺麗です。

IMGP8119a.jpg

IMGP8124a.jpg

↓↓ サクラタチツボスミレ。 桃色っぽいした個体は時々見かけますがこの個体はハッキリと桃色と判ります。

IMGP8052a.jpg

↓↓ アケボノスミレも点々と咲いてました。 少し標高を下げると沢山咲いてます。

IMGP8056a.jpg

↓↓ アカネスミレ。

IMGP8143s.jpg

↓↓ 大柄な葉のフモトスミレ。花色も色が濃い感じです。 

IMGP8105a.jpg

↓↓ そしてこの子。 スルガキクバスミレ! エイザンとフモトスミレのハーフです。花は1つしかありませんで、まだ開いたばかりのようでした。 花柄はもう一つありますが、蕾がちぎれたしまったようです。 摘まんだ感じでは無く、葉っぱが絡んだりして風で折れたのかもしれません。 このギザギザの葉が堪りませんね(^-^;) 

IMGP8079a.jpg


スミレ遠征 [スミレ/野草]

 土曜日は、神奈川県の山にスミレ遠征してきました。 目的は、久しぶりにトウカイスミレを見るためです。 名前の通り東海地方に見られる小さなスミレです。何とか見ることが出来ましたが、株数に対して1割くらいしか花がないという花付きが悪いスミレの一つです。

 他にもシコクスミレやヒメミヤマスミレらしいものも見ることが出来、さらにナガバノシコクスミレも見ることが出来ました。 しかし晴れの予報に反して曇り空でガスがかかったりして展望はまったくありませんでした。まあ足下だけ見えればスミレは探せますから良いのですが、せっかく遠出したのだから山々の展望は見たかったですね。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ このあたりのタチツボスミレには異様に色の濃い個体が多くてびっくりします。かと思ったら普通の淡いのもあるので変異が際立ってますね。

IMGP7962a.jpg

↓↓ そしてこのオトメスミレもやたらに多いです。高尾山あたりでは希に見る程度ですが、ここは群生を作っていたりします。 オトメスミレはタチツボスミレの白花で距に紫色が残るタイプを差します。

IMGP8004a.jpg

↓↓ シコクスミレ。 林床に点々と咲いてますが、この子たちは木のくぼみの苔の中に咲いてました。

IMGP8023s.jpg

↓↓ そしてこちら、シコクスミレですが、下弁の紫色の筋がないタイプ。 シラユキシコクスミレとでもしておきましょうか。

IMGP7986a.jpg

↓↓ ナガバノスミレサイシンも多くそこにシコクスミレが混じっていたので、あるだろうと思ってましたが、やはりありました。交雑種のナガバノシコクスミレです。 やっぱり雑種が見つかるのは嬉しいですね。

IMGP7992a.jpg

↓↓ そして、目的のトウカイスミレです。 葉も花も全体的にとても小さく歩いてるだけだとたぶん目につかないかもしれません。

IMGP8028a.jpg

↓↓ こちらもトウカイスミレ。 これくらい花がまともって咲いてるのは少ないです。 淡いブルーな花色が綺麗です。

IMGP8039a.jpg

↓↓ ヒメミヤマスミレじゃないかと思うのですが・・・ちょっと判断が難しいですね。葉裏が紫色を帯びないものが普通らしいですが、帯びるものもあるそうです。全体的にはフモトスミレよりシュッとした花と葉の鋸歯が粗いという点はヒメミヤマスミレなんですが・・・

IMGP8040a.jpg

↓↓ 湿度の高いところにはヤマルリソウが沢山咲いてました。

IMGP7973a.jpg

↓↓ 桜には詳しくないのですが、山桜ではないようで、花が小降りですしフジザクラかな?

IMGP7977a.jpg

↓↓ やっぱりこの登山鉄道には乗りたくなりますね。新型はそれほどでもないですが旧型車両は良く揺れます。

Img_4438.jpg

↓↓ 小田原では「魚国」で2人共、海鮮系どんぶりを頂きました。まいうーです。

Img_4449.jpg

続きを読む


やっと咲いた! [スミレ/野草]

 九州で大地震が頻発して大変なことになってますね、専門家も首をかしげるような地震の発生状況のようで先行きがわからないと気象庁も行ってます。犠牲者も多く出ています。 これ以上の被害が拡大しないことを祈りたいです。

 さて、先日は、スミレ散策に東京西部に行って来ました、スミレも本格的になりあちこちで咲いてますし野草の花もたけなわです、山桜も咲き出して山々が生き生きとしているようでした。そんな中、数年前に見つけたとある雑種のスミレがやっと花を咲かせてまして感激しました。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ 山々は新緑で山桜も咲き出して華やかです。

IMGP7692s.jpg

↓↓ 渓流沿いにはユキヤナギが咲き誇ってました。

IMGP7600a.jpg

↓↓ ジロボウエンゴサク

IMGP7832a.jpg

↓↓ ミヤマハコベ

IMGP7819a.jpg

↓↓ ミミガタテンナンショウ

IMGP7810a.jpg

↓↓ カテンソウ

IMGP7633a.jpg

↓↓ イカリソウ

IMGP7690a.jpg

↓↓ マルバスミレが最盛期でこれが咲き出すとスミレシーズンもピークを迎えるという感じです。

IMGP7817s.jpg

↓↓ マルバスミレの中にはうっすらとピンク色をしたものも出ます。

IMGP7813a.jpg

↓↓ ナガバノスミレサイシンもまだまだ見られます。

IMGP7755a.jpg

↓↓ 道ばたに群生していたエイザンスミレ。

IMGP7611a.jpg

↓↓ そして、発見から数年ぶり咲いた、フギレナガバノスミレサイシン。 エイザンスミレとナガバノスミレサイシンの交雑種です。 各所で見つかってますがなかなか花がつかないことで有名で中には数十年咲いてない株もあるそうです。幻の雑種ですね。原色日本のスミレにも掲載がありません。 1輪しか咲いて無くしかも少し痛んでましたが、初めて見る花に感激で何十枚も撮ってしまいました。ナガバノスミレサイシの葉がギザギザになってます。

IMGP7721a.jpg

↓↓ 淡い紫色で、即弁には毛があります。エイザンスミレにはありますが、ナガバノスミレサイシンにはありません。 痛んではいますが咲いたばかりのようで新鮮でした。 距はぽってりしてます。  次回はいつ咲くのか判りませんから見ることが出来てラッキーでした。

IMGP7731s.jpg

IMGP7748s.jpg

続きを読む


今日は奥地へ・・・ [スミレ/野草]

 高尾山界隈は一通り廻ったので、今日は奥多摩の方へ行ってみました。標高の高いところはまだ早いかと思いましたが、早かったです(^-^;) それでも、低い尾根ではマキノスミレが咲き始めていました。 目指した山は2つ、最初は目的の雑種のスミレまで上りましたがすっかり衰弱して花は無し、別の山にも雑種を目指して登りましたが、花は無し、咲きそうなのは1つありましたが、咲かない気がします。今年はどうも雑種系が不調です・・・ それでも、変なマキノを見つけたり、オトメタチツボスの群生をみつけたりと、基本種系の発見があってちょっと収穫ありかな? でも、2つも山ハシゴしたので疲れました・・・

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM / Nikon P510】

↓↓ 道ばたにヒメスミレがた~くさん咲いていてびっくりしました。 しかも一株が多花です! しかし、こういうアスファルトの隙間とか石垣とか好きですね~

IMGP7460a.jpg

↓↓ 初めて歩いた山村の道で見つけた素敵な場所。 タチツボスミレに混じってかなりの株数のオトメタチツボスミレが咲いてました。山で偶に見つけますがここは楽園です。 ちょうど桜が満開で一緒に写してみました。

IMGP7448a.jpg

↓↓ 上と同じところには色の濃いいエイザンスミレの群生もあって、ちょっと面白いところです。アカネスミレ、マルバスミレも少しですがあるので、もしかしたら? と探しましたが、そう簡単には出ませんよね・・・(^-^;)

IMGP7436a.jpg

↓↓ 昨年、見つけたカワギシスミレのあった尾根にはマキノスミレがポツポツと咲き始めてました。まだ少し早いようですが、撮影に困らないくらいは咲いてました。肝心のスミレは衰退してしまって風前の灯火です・・・

IMGP7475a.jpg

↓↓ ちょっと変わったマキノ。 唇弁が白くて紫条がほとんどありません。 

IMGP7476a.jpg

↓↓ そして、びっくぽんなのがこの子!! 距が複数あります! タチツボやエイザンでは見たことがありますがマキノでは初めてです。しかも、突発的ではなく、同じ多距の個体が狭い範囲に点々と複数個ありました。DNA的に安定していて種で増えてる可能性があります。

IMGP7489a.jpg

↓↓ 花の中はどうなってるのかと見ると、ほとんどは1つの花頭ですが、この個は2つあるようです。花を開いて見てないので、もしかしたら子房も二つあるかも?

IMGP7484s1.jpg

↓↓ 後ろから見ますと、こういう風になってます。分解してみたいですね~ ほとんどは4つです。

IMGP7508s.jpg

他にみたスミレは、タチツボスミレ、アカネスミレ、マルバスミレ、ナガバノスミレサイシン、ヒナスミレ。

↓↓ 初めて見ました、ヤマブキソウ。 樹木のヤマブキに似た草です。 花はとても大きいです。

IMGP7428a.jpg

↓↓ カタクリも見頃でした。 管理されてワサワサと群生してるのも綺麗ですが、やはりほどほどに咲いている方が野性味がありますね。

IMGP7543a.jpg

↓↓ イワウチワは見頃でした。 急峻な岩場での撮影はおしりの××がムズムズします(^-^;) やはりこれが見頃ですから高い所のスミレはまだこれからということでしょう。

IMGP7577a.jpg

IMGP7582s.jpg

↓↓ アカヤシオはまだ咲き始め。

IMGP7547a.jpg

↓↓ 薄暗い谷沿いではミソサザイが綺麗な声で鳴いてました。鳴きながら巣の材料になる苔を集めてました。 農作業に歌いながら作業するところもあるようですが、ミソサザイもそうなんでしょうかね~?

Dscn9640a.jpg

続きを読む


まだまだスミレ野草散策 [スミレ/野草]

 土曜日に裏高尾から奥高尾を散策しましたが、日曜日も行ってしまいました(^-^;) 朝のウチは雨だったので少し迷いましたが、もう少しスミレの雑種を探してみたいという目的でしたが、こちらはまったくダメでした。そう簡単に見つかるわけがありませんね。

 それでも、スミレはいろいろ見ることが出来ましたし、タカオスミレの群生も久しぶりにいいタイミングで見ることが出来ましたので行って良かったかなと思います。

 帰り際には撮り鉄も少しやりました。そのあたりは別のblog 「たまに撮り鉄」 の方でご覧ください。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ やっとまともなエイザンスミレの撮影が出来ました。 の付近はこの色合いが多いです。鼻を近づけると僅かに香りがしました。

IMGP7213A.jpg

↓↓ とある整地した斜面いっぱいにタチツボスミレの大群生を見つけました。毎年通ってる場所ですが、いつのまにこんなに増えたのやら、びっくぽんです!! あ、終わってしまいましたね朝が来た! 話は逸れましたが、こういう群生は意外と撮り方が難しいです、どうやれば大群生に見えるのか・・・ ローアングルで撮ると下草に埋まってしまいます・・・

IMGP7263a.jpg

↓↓ コケに覆われたところからひょこっと咲いていたナガバノスミレサイシン

IMGP7167a.jpg

↓↓ ちょうど見頃だったタカオスミレの大群生。 裏高尾では一番の密集度ではないでしょうか? 人気の場所なのでかなり踏み込みがあり土が踏み方待ってまして、以前はもっと群生してましたが、このままだとどんどん減るばかりです。 そこで、群落の縁に拾った太い枝などで囲ってきました。踏み場所をこれ以上広げないように撮影して頂きたいです。

IMGP7235a.jpg

↓↓ マルバコンロンソウ

IMGP7195a.jpg

↓↓ セントウソウ

IMGP7150a.jpg

↓↓ カントウミヤマカタバミ。 陰ってるとなかなか開いてるのがなくてやっと半開きのを見つけました。

IMGP7198a.jpg

↓↓ フタバアオイ。 今年はかなり花付きが良いです。

IMGP7180a.jpg

↓↓ ムラサキケマン

IMGP7257a.jpg

↓↓ ミヤマキケマン

IMGP7088a.jpg

↓↓ ジロボウエンゴサク

IMGP7146a.jpg

↓↓ ラショウモンカズラ

IMGP7239a.jpg

↓↓ ニリンソウ。やっと開いてる群生が見られました。 白いのは花弁ではなく萼片。普通萼片は5枚ですがたまにこういう多片のものも現れます。

IMGP7245a.jpg

続きを読む


高尾すみれ野草散策 [スミレ/野草]

 4月2日土曜日は、曇り空、小雨の予報もありましちが、やはりスミレの花はどんどん咲くので行かないわけにはいきません(^-^;) というわけで3週連続で裏高尾から奥高尾を巡ってきました。1週間前より花は咲き進み高尾すみれも見頃でしたマルバスミレも咲き出してましたが、前夜からの雨、そして霧雨などでエイザンスミレなど柔らかい花弁の花はうなだれていてイマイチでした。

 スミレ以外には野草もいろいろ咲き出していてこちらも見逃せませんので、必然と亀足になりますが、確認したいスミレがあったので頑張って稜線も歩いたのでちょっと筋肉痛です(^-^;)

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM /iPhone6】

↓↓ 日影沢のタカオスミレは見頃です、寒の戻りでまだまだ蕾はあるので1週間くらいは大丈夫でしょう。

IMGP6990a.jpg

IMGP6997a.jpg

↓↓ ヒカゲスミレもあちこちで咲いてます。このくらいまとまって咲いてるのは少ないです。

IMGP6976a.jpg

↓↓ マルバスミレも咲き出しました。 崩れかかった斜面が好きでよく群生します。 ここにはオカスミレもあって雑種でも出ないかと毎年見てますが今年も出てないようです。混生するところは常にチェックするのが雑種探しのコツですね。

IMGP7013a.jpg

↓↓ ナガバノスミレサイシンは最盛期です。 普通は花弁が波打つことが多いですがこの個体はスッキリして綺麗です。

IMGP7045a.jpg

↓↓ 濃い色のヒナスミレ。 水滴がついていい感じですね~

IMGP7055a.jpg

↓↓ ピンク色のやや強いエイザンスミレ。 雨でうなだれているのが多くて咲いていてもなかなか撮れませんでした。

IMGP7079a.jpg

↓↓ コスミレのブーケ。 日影沢林道上部は、意外にもまだあまりスミレは出てませんでした。寒の戻りの影響かな? 

IMGP7096a.jpg

↓↓ バス停近くに咲いていたノジスミレをiPhone6でパチリ。被写界深度が深いので一眼より綺麗に撮れることが多々アリ困ってしまいます(^-^;)

Img_4303a.jpg

↓↓ シロバナエンレイソウ (ミヤマエンレイソウ)も咲き出しました。ただし、個体数は少ないです。

IMGP7017a.jpg

↓↓ モミジイチゴ。 下向きに咲いてるのでこういう風に撮らないと花の中が見えません。実はとても美味しいです。

IMGP7077a.jpg

↓↓ 見頃なんですけど太陽が出ないとニリンソウは閉じてしまいます。 でも閉じたのも可愛らしいですね。

IMGP6985a.jpg

↓↓ そして、久しぶりに見つけました。 ミドリニリンソウです。 こんなの探してるとなかなか進めなくなります(^-^;) 下の蕾もミドリなんでしょうかね~? 確かめてみたいものです。

IMGP7030s.jpg

↓↓ ちょっと気になっていたので、探しまくってやっと見つけました。タマゴケです。 実が卵のように丸くなるのでこの名前があるようです。とっても小さいので酸欠になります!! 特段希少というわけでもなさそうですが、これ目当のカメラマンもいるようですね。

IMGP7107s.jpg

↓↓ 小仏城山のねこ君はまるまる太って幸せそうです。ゆで卵は食べませんがドーナツは食べました。甘党のようですね~! お目当てのナメコ汁は何と!売り切れて食べれませんでした、無念・・・  

IMGP7059a.jpg


夜桜  [散歩/旅]

 暖かい日が続いて東京も31日に満開宣言が出ましたね。開花から2週間も時間が掛かりましたが、おかげで長く楽しめそうです。 急に夜桜が撮りたくなって、近くの井の頭公園に行って来ました。 都内でも屈指の桜の名所で金曜日や週末は混むだろうと平日夜を選びましたが、すでにかなりの宴会状態で酒臭かったです! それでも、少ない方かな? 

 この時期はライトアップもされているのでとても綺麗です。見た目より写真にした方がさらに綺麗ですね。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM / DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED】

↓↓ 七井橋から見た光景。 池の周りに桜が植えられていてかなりの大木ばかりです。水面に映り込んで綺麗ですね。 池は広いですが東側が特に多くの桜があります。

IMGP6853a1.jpg

↓↓ 池の中の紐が邪魔ですが映り込む桜がいいですね~

IMGP6863a1.jpg

↓↓ 弁財天が祭られている弁天池。桜は少ないですが朱色の神殿が浮かび上がって綺麗でした。

IMGP6883a.jpg

↓↓ 池の幅が狭くなって桜が一番密集しているところです。

IMGP6886a.jpg

↓↓ 魚眼レンズで頭上の桜もいれて撮影してみました。

IMGP6899a1.jpg

↓↓ 池の一番東橋にあるひょうたん池。 この付近が神田川の始まりとなる基点だそうです。

IMGP6916a.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。