So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンチャンス! [野鳥/カワセミ]

 矢継ぎ早の更新で失礼します。 いよいよ今年もあと残すところ明日1日となりました。 今日から年末年始の休みですが特に遠出する予定もないので、渓流へ行って来ました。 今年ラストという気持ちだったので日の出前から出張りましたが、待てど暮らせど現れず・・・結局現れたのはもう薄暗くなった16時過ぎ。撮影には厳しい時間帯ですが、とりあえず姿も見えて証拠写真も撮れたので良かったです。 

 アップするかどうか迷いましたが、とりあえず数枚ですがアップしときます。

【機材: K-5IIs SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM】  ※クリックで拡大写真。

↓↓ 早朝から待てど暮らせど現れず、姿も鳴き声も聞こえないまま時間だけが過ぎてゆきます・・・ トビとカラスがにらみ合いです! カラスは時に自分より遙かに強い猛禽類に挑んだりするのですから、何を考えているのやら・・・(^-^;)  今回は睨み合いだけで両者立ち去りました。 【トリミング

IMGP9398s.jpg

↓↓ これはもう今日はボウズかと諦めてましたが、撤収しようかと思っていたらケケケケと鳴きながら下流から飛んで来るではないですか!! キターーーーー(^o^)/とばかりに追尾!! 【大トリミング】

IMGP9413s.jpg

IMGP9417s.jpg

↓↓ 目の前を通過して上流へ向かうと岩の上にちょこんと着陸。この個体はメスですね。 キヨキョキョと泣き続けてました。たぶんオスを呼んでいたのでしょう。 【大トリミング】 

IMGP9422s.jpg

↓↓ さらにこの枯れ枝に移動して、鳴いてます。 上流を向いて鳴いてるのでオスは上流?? 【大トリミング】

IMGP9448s.jpg

↓↓ すると、また下流へ飛んできましたが、こちら向きの時はピンが来ません!?  かなり近いところを通過しまして何とかフレーミングは出来ていたのですがピンが来ず・・・(T-T)  【ノートリミング】

IMGP9469a.jpg

↓↓ 下流の奥まった枝に・・・ 前回もこのあたりに入ろうとするので、どうやらこのあたりが寝床のようです。 【大トリミング】

IMGP9485s.jpg

寝床が近いと撤収が難しいので、かなり暗くなって人だと判らないように這うようにして山林に入り撤収しました(^-^;) とにかく早朝から待機生活でしたので疲れましたが、何とか見ることが出来て良かったです。でもちょっと消化不良・・・

続きを読む


辛うじてダイヤモンド富士 [高尾/奥多摩]

 今日は会社の納会でした、たぶん早く終わるだろうと、機材を持っていき、ダイヤモンド富士を撮ろうという作戦でした。 しかし、予想より終わりが遅くて14時にささっと挨拶をして電車に飛び乗り高尾山口についたのは15時20分! 走ってケーブルカーに乗り山頂駅に着いたのは15時31分。 普通に歩けば山頂まで50分は掛かります。 でも変な自信がありました(^-^;) 早足でサクサクと歩いて山頂に着いたのは何と15時50分! 20分ほどで走破でした。おかげでゆっくり機材を設定出来ました。少し雲はあったものの、天候的には好天なダイヤモンド富士が見れました(^-^)/ 今年は冬至前後は雲に覆われたりでほとんど見れなかったそうですから、今回はラッキーでした、といっても富士山山頂には落ちなくて少しズレてしまうのですが、まあダイヤモンドには見えます。 人も少なくてじっくり見れました。なのに・・・トホホホ

 そして、今回の高尾山が2015年の山納めになりました。高尾山に始まり高尾山で終わりました(^o^)/

【機材: K-5IIs DA50-200mm F4-5.6 】  ※3枚目からクリックで拡大します。

↓↓ GPVの雲予想で16時過ぎには雲が富士山から離れるだろうとの予測でしたが、当たりでした!  ただ少し薄ーいくもというか霞があるようですが、まずまずです。

IMGP9310a.jpg

↓↓ 山頂から南東へずれると富士山山頂の真ん中に落ちるのですが、良い場所がありません。そんなことしているうちに雲が出てきてヤキモキです!

IMGP9313a.jpg

↓↓ 何とか山頂には雲は掛かりません!!このまま落ちろ~!! 16時10分頃いよいよ山頂に接近してゆきます。 三脚は動画で使ってるので手持ちで撮影です。動画スタート!

IMGP9322a.jpg

↓↓ 山頂の真ん中上ですが、太陽はまだ設置してません。でも太陽の光芒のおかげで、ダイヤモンドに見えますね。goodです!!

IMGP9328a.jpg

↓↓ 山頂真ん中から右寄りに接地! ここから少し稜線にはみ出しながら沈んでゆきます。

IMGP9333a.jpg

↓↓ 少し引いて撮影してみました。

IMGP9340a.jpg

↓↓ このあたりで日没です。 これくらいになると肉眼でも眩しくなく見えるので集まった人たちから歓声が上がってました。三脚使ったカメラマンは10人くらいであとはギャラリー。 冬至の頃は身動きがとれないくらいですが、この時期に撮影するのも悪くないですね。

IMGP9351a.jpg

↓↓ そして、完全に富士山の影になり、夕焼け空が綺麗です。

IMGP9356a.jpg

↓↓ 帰りは、近くのシモバシラを探しましたがまったく無かったです。で、帰りはお約束の都心の夜景撮影です。 スカイツリーと新宿副都心の向こうに東京タワー。 空気が澄んでいるのでスッキリ見えてます。

IMGP9380a.jpg

↓↓ こちらは横浜方面。ランドマークタワーが見えてます。

IMGP9382a.jpg

さて、トホホホは、何と、動画のスイッチを押したと思ったら、シャッターボタンでした。動画は録画始まってなくて、気づいたのは半分以上沈んだ頃でした。いちおう撮りましたが、せっかくの好条件でへまをやらかすとは・・・ ちょっとがっかりでした・・・


2015年スミレ総括 [スミレ/野草]

 いよいよ押し迫ってきましたね~ ウチは29日が納会なのであと1日です。 さてさて、今年も春先からスミレを追いかけましたが、尾瀬以外の山にはあまり出かけなかったので、ちょっと物足りない感じもしますが、それでも、初めて見たのや久しぶりにみたものなど、いろいろな出会いがありました。 全種出してると大変なので印象深かったものをピックアップして振り返ります。

↓↓ 今年もこの石垣のヒメスミレから始まりました。今年はちょっと咲き出しが早かったようです。でもなんだか少なくなってる気がします。

IMGP2065a.jpg

↓↓ ヒナスミレは相変わらず可愛いですね。 いつか大豊作だった高尾山の斜面は今年は少なかったです。あれだけの規模はやはり十数年の1回なんでしょうね。

IMGP2766a.jpg

↓↓ イブキスミレ。これは信州などに行くと見つけることが出来ますが、東京都でも極わずかに生育していて、今年初めて見ることが叶いました。 ただ今年は花付きが悪かったようでやや歪な花が1輪咲いているだけでした。 でもこのスミレを東京で見ること自体珍しいので嬉しい出会いでした。

IMGP2997a.jpg

↓↓ とある尾根で見たのがこの、ミドリミツモリスミレ 【マキノスミレ×フモトスミレ】 です。とても美しい花を沢山咲かせていました。もううっとりで何十枚も撮ってしまいました。

IMGP4862a.jpg

↓↓ フモトスミレの花弁に紫色の筋がまったくない「シラユキフモトスミレ」。 偶に見つかるのですが、見たのは初めてです。

IMGP5173a.jpg

↓↓ 昨年見つけた、スルガキクバスミレ 【フモトスミレ×エイザンスミレ】 今年は咲くのが早くて行った時は遅咲きのものが咲いていただけでした。でも沢山の株は健在なので来年に期待です。 

IMGP5710a.jpg

↓↓ こちらも、昨年葉っぱだけ見つけてあった、フギレミヤマスミレ 【ミヤマスミレ×エイザンスミレ】 です。 ミヤマスミレの美しい色合いを反映した花でした。株は無数にあります。また来年沢山咲いて欲しいです。

IMGP5847a.jpg

↓↓ 薄暗い谷沿いなどに咲く、コミヤマスミレ。 これも早く咲いてしまったのでダメかと思いましたが美しい株が残ってました。

IMGP6531a.jpg

↓↓ かなり久しぶりに見たのはこのタチスミレです。 以前見たのはもう10年近い昔でそのときのポイントは全滅していて別のところで沢山見ることが出来ました。 この自生地でも環境の変化などでいつ見れなくなってもおかしくない感じです。

IMGP8425a.jpg

↓↓ 尾瀬では、ジョウエツキバナノコマノツメを堪能しました。昨年は見てないので新鮮な花を見れて嬉しかったです。 尾瀬ではオオバキスミレも綺麗ですが、稜線に咲くこの花はやっぱり好きです。

IMGP9795a.jpg

↓↓ こちらも尾瀬ですが、チシマウスバスミレです。 こんなにかたまって咲いているのはあまり見かけませんでしたが、今年は花付きが良かったようです。 小さなスミレなので撮影が大変です。

IMGP9533a.jpg

↓↓ 花はなかったですが、別の場所で見つけた、カワギシスミレ 【マキノスミレ×エイザンスミレ】。 来年は花の時期にまた訪れてみたいです。 昨年沢山咲いたカワギシスミレは今年はほとんど花がつかなかったようです。

IMGP3643A.jpg

↓↓ こちらは、フギレナガバノスミレサイシン 【ナガバノスミレサイシン×エイザンスミレ】 。新しい個体ですが、こんなに葉っぱが多くても花がまったくつかなかったという個体です。 3箇所知ってますがいづれももう何年も咲いてません。この雑種はかなり花付きが悪いです。

IMGP6505a.jpg

 このほか、全国的にも珍しい雑種のナガバノヒナスミレ(仮称)は遅い雪にやられてしまい、花もありませんでした。 ハグロスワスミレは花期が早すぎて花を見れませんでした。 残念なスミレもありましたが、まあ総じて初めてのものも見ることが出来たのでスミラーとしてはまずまずの年でした。

 毎年思いますが、来年は高山のクモマスミレやフスバスミレなどを見に行きたいです。


祭りだ祭りだ♪ [野鳥/カワセミ]

 渓流へいってきました。 これまでのパターンから、個人的に名称をつけた「別荘地」、もうこの場所しかないだろうということで、再び訪れました。しかし寝坊したのでかなり明るくなってからの到着。タイミング良くヤマちゃんの姿なく、前回よりさらに100mくらい進軍した岩場にブラインドを設営。まず、11時くらいにメスが遠いところに現れて、いきなりホバリングしたのですが、遠すぎてピンがこず(T-T)

 しかし、その後、オスが真正面約35mくらいの枝にきました! この場所では比較的至近かもしれません。 いったん遠くに行ったものの15時くらいからオスメスそろい踏みで飛び回って楽しませてくれました。相変わらずピンが来ませんが良さそうなのを一気に20枚アップします。 

【機材: K-5IIs SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM】 ※クリックで拡大。 感度はISO1600~2200。

↓↓ 11時ころに遠いこの枯れ枝にメスが飛来。 以前より近くなったとはいえトリミング出来るほどの大きさではありませんのでノートリミングで出してみます。  

IMGP8929A.jpg

↓↓ そして、いきなり飛び出したかと思うとホバリング!! しかし遠すぎるのかAF迷うばかりでピン来ず・・・  魚は捕れず、また最初の枝に戻って動き無く30分くらいしてから上流へ消えました。  【超大トリミング】

IMGP8947s.jpg

↓↓ 待てど暮らせど戻ってこず、陽も山陰に落ちて薄暗くなった15時くらいに一気に近づいてくるヤツが! オスさんです!! 【トリミング】

IMGP9000s.jpg

↓↓ ほぼ正面にこの枝に到着! オスの方が警戒心が薄いようです。久しぶりの近い枝止まりに固唾をのみます・・・ 【ノートリミング】

IMGP9012a.jpg

↓↓ そして、バッと飛び出し!  腕が悪いので着水まで追えず・・・トホホホ・・・【ノートリミング】

IMGP9026a.jpg

↓↓ 何処だ何処だと探すとこの食事岩に! 何か咥えてます!  【ノートリミング】

IMGP9037a.jpg

↓↓ 少しトリミング。 カジカのようです。  【トリミング】

IMGP9040s.jpg

↓↓ ちょっと大きい獲物なので何度も何度も叩きつけてました。  【大トリミング】

IMGP9043s.jpg

↓↓ 5~6回叩いてから一気に飲み込みました。  【トリミング】

IMGP9071s.jpg

↓↓ そして、水浴びです。大物の割には2回しか水浴びしませんでした。  【ノートリミング】

IMGP9092a.jpg

↓↓ 岩に飛び移ります。カッコイイですね~  ここの一連のシーンは珍しくジャスピンばかりです。   【大トリミング】

IMGP9097s.jpg

↓↓ 食べたオスは遠い枯れ枝でまったりしてから上流へいったん消えましたが、再びやってきてこの枝に飛来。 【ノートリミング】

IMGP9120a.jpg

↓↓ 更に斜め前の枝に飛来。 なかなか魚が見つからないようです。  【ノートリミング】

IMGP9163a.jpg

↓↓ さらに真正面の枝に!! 必死で探しますが、このあとも見つからず・・・ 16時過ぎ・・・  【ノートリミング】

IMGP9213a.jpg

↓↓ そこへメスがケケケケと飛んできたかと思うと追いかけっこが始まります。 どうも夕方になるとこの行為をやるようです? 飛び回るのを必死で追いますがなかなか大変! 一番ピントが来ていたのはこのカット。 なかなかいいですよね!! 【トリミング】

IMGP9229s.jpg

↓↓ 小刻みに旋回しまくるのでフレームに入れるだけで精一杯です。ほとんどピンが来てませんでした。 このカットもまずまずか・・・  【ノートリミング】

IMGP9233a.jpg

↓↓ オスだけ戻ってきました。 正面を何度か通過しますが、AFが宜しくないのでボケ写真だらけ・・・  【ノートリミング】

IMGP9264a.jpg

↓↓ 下流へ行ったらまた戻ってきます。 忙しい時間帯のようです。 寝床が近いようなので付近を偵察しているのかもしれません。【ノートリミング】

IMGP9294a.jpg

↓↓ メスはほとんど枝の混み合ったところをいったりきたりです。 もう暗い・・・ 16時半。 帰らせて~~   【ノートリミング】

IMGP9275a.jpg

↓↓ オスも中に入りますが・・・ ここが寝床ではないようです。また出てきて下流の枝に・・・ でも鳴き声がしなくなったのでやっと撤収~ 時間は16時45分でした。  【ノートリミング】

IMGP9288a.jpg

暫くはこのポイントがメインになりそうですが、急斜面や藪漕ぎなど、場所が難点です・・・ 


クリスマスの夜の満月 [天体写真]

 皆さんメリークリスマス(^-^)/

 今宵は大きな満月が出てますね、クリスマスの夜に満月となるのは実に38年ぶりだそうです。 今年最後の満月ということで撮影しようとおもったら、この情報を知ったので、完全な満月になるのは日本時間で20時11分頃に外に出ましたが雲に覆われて見えませんで、1時間後にやっと雲の隙間から撮影出来ました。 少し雲の影が出てますが見事な満月ですね。

【機材: K-5IIs DA50-200mm F4-5.6 / Nikon P510】

↓↓ Nikon P510 で捉えた聖夜の満月。

Dscn9017s.jpg

↓↓ 会社帰りに撮影した、昇る満月。 御茶ノ水駅の聖橋からビルの合間にスカイツリーが見えてます。

IMGP8918a.jpg


2015尾瀬総括 [尾瀬]

 今年もあと1週間余りとなりましたね~ 1年がホントに早く感じます。 年末恒例、尾瀬シーズンを振り返りたいと思います。 今年は8回の尾瀬入山でした、そのうち2回は2泊3日があったので、10回分くらいは行った勘定でしょうか? 至仏山にはなんと都合5回も登りました。といっても5回とも本当の山頂には行ってません(^-^;) そして初めての会津駒ヶ岳にも登りました。 反面、燧ヶ岳には一度も登らなかったというのはちょっと心残りではあります。

 沢山の花にも出会い、尾瀬仲間との交流もいろいろありましたし、楽しい想い出が多い尾瀬シーズンでした、コンパクト写真を選ぼうと思いましたが結局20枚にもなってしまいました(^-^;) では、1回ずつ振り返ってみましょ~

【4月18日~19日 尾瀬沼】

↓↓ もう毎年恒例となっている、小屋開け前の尾瀬沼入山です。新雪はありませんでしたが、ほとんど汚れの無いこの真っ白な残雪の尾瀬には痺れますね~! この白い尾瀬を見てしまうとGW頃の残雪は見るに堪えなくなります(^-^;)

IMGP4144a.jpg

↓↓ まだでこぼこと溶けてない尾瀬沼が美しかったです。

IMGP4118a.jpg

【5月30日~31日 尾瀬ヶ原】

↓↓ 今年は水芭蕉は少し早めに咲き始めたので5月下旬頃が一番綺麗でした。写真は見本園ですが、新緑と水芭蕉の組み合わせが絶妙です。

IMGP8059a.jpg

↓↓ そして今年もトガクシショウマに会うことが出来ました。やはりこの花は毎年見たくなりますね。

IMGP7888a.jpg

【7月11日~12日 尾瀬ヶ原と至仏山】

↓↓ 1回の尾瀬で2回至仏山に足を踏み入れるという暴挙を達成した時です(^-^;) この写真は、2日目の朝に森林限界から撮影したものです。 久しぶりに星空の広がる時間から日の出まで堪能出来ました。

IMGP0192a.jpg

↓↓ こちらは1日目に鳩待峠から小至仏山まで往復したときの写真です。昨年はホソバヒナウスユキソウの時期に登ってないので今年は何とか新鮮な花を見ることが出来ました。

IMGP9826a.jpg

【8月7日~9日 尾瀬ヶ原~尾瀬沼~会津駒ヶ岳】

↓↓ 夏休み後半を利用して一挙に会津駒ヶ岳まで巡る欲張りツアーです。 初日は今年2回目の白虹を見ることが出来ました。平日とあって人もいなくて何度も現れては消える様子を堪能しました。

IMGP1239a.jpg

↓↓ 今回の欲張りツアーの目的の一つでもあったのがこのヒロハツリシュスランを見ることです。昨年は咲かなかったので今年はどうかと思いましたが、見事に咲いてました。何カ所か知ってるところも満開。どうも2年ごとに咲くような感じです。

Dscn8221a.jpg

↓↓ 2日目に会津駒ヶ岳に入る必要があったので初日に尾瀬沼まできました。 沼尻のキンコウカガ綺麗でした、この休憩所がこのあと全焼してしまうとはとてもショッキングで信じられない思いでした。 来期の再開を望みたいですね。

IMGP1383a.jpg

↓↓ そして、人生初めての会津駒。星空も素敵でしたが、この山頂からのこの景色が秀逸です!! めったにこれだけ完璧に晴れる朝は少ないそうですが、山の神様の初登頂のプレゼントでしょうか? 

IMGP1941a.jpg

【9月12日~13日 至仏山~アヤメ平~尾瀬ヶ原】

↓↓ 恒例の尾瀬オフの初日は単独でまたまた小至仏山手前の展望ベンチまで行って折り返し、今年初めてのアヤメ平を歩きました。草紅葉も始まって綺麗です。 そして、今期で営業を終える冨士見小屋で最後の挨拶と名物のカレーうどんを頂きました。 来年から営業しなくなると思うとここを訪れる度に寂しくなりますね。 出来たら食堂だけでもしばらくやって欲しいです。

IMGP3326a.jpg

↓↓ オフ会は少人数でしたが、とても楽しく過ごすことが出来ました。やっぱり仲間はいいですね~(^-^)/ 窓際の若旦那も頑張ってます!

IMGP3685a.jpg

【10月10日~12日 至仏山~尾瀬ヶ原~尾瀬沼】

↓↓ 久しぶりの秋の尾瀬縦断です。初日にはまたしても森林限界まで上がりこれまた久しぶりの錦織の尾瀬ヶ原を撮影しました。ちょっと天気が良くなかったですが、美しい色合いの尾瀬ヶ原が綺麗でした。

IMGP4800a.jpg

↓↓ 終日曇り空で夕焼けもダメかと思いましたが、予想外に焼けて燃え上がりました! ほとんどの人は諦めて小屋の中に居たので一番綺麗な時を見逃した人は多数いたようです。 テントなのですぐに異変に気づき撮影に出れたのが幸いでした。こんな大焼けは滅多に見れません。

IMGP5065a.jpg

↓↓ 翌日、尾瀬沼に入りますがやはり曇り空が続きました。でも、夜中には満天の星空が広がって撮影を堪能出来ました。 尾瀬沼の星空はやっぱり綺麗です。

IMGP5521a.jpg

↓↓ 最終日は早朝からピーカンの青空で紅葉が映えて美しかったです。

IMGP5763a.jpg

【10月31日~11月1日 至仏山~尾瀬ヶ原】

↓↓ 今年5回目の至仏山です。前日からの降雪や冷え込みで新雪と着雪、霧氷が綺麗でした。 

IMGP6473a.jpg

↓↓ そして、2日目は、前日の夜からサラサラと降った雪がけっこう積もりまして、新雪の尾瀬ヶ原を見ることが出来ました。 霜はダメでしたが、何とか今年は新雪を踏み、見ることが出来たのは収穫でした。 そして、10月27日に小屋仕舞いして挨拶が出来なかった龍宮小屋の澄夫さんがまだ居残っていたので、たくさん談笑することが出来ました。

IMGP6631a.jpg

【11月7日 尾瀬ヶ原】

↓↓ 今年も道路閉鎖直前の尾瀬ヶ原を訪れることが出来ました。今回は今年初めての相方も同行で、寂しい風景の広がった尾瀬ヶ原を一周してきました。 このあと、アヤメ平には行くことが無かったので、これがラスト尾瀬となりました。

IMGP6767a.jpg

↓↓ オゼヌマアザミのなれの果て。 花の尾瀬、今年も沢山の花々を見ることが出来ました。

IMGP6785a.jpg

 今年も楽しい出会いと想い出があり、反面、冨士見小屋の営業終了や、沼尻休憩所の火事、渋沢温泉小屋の残雪による全壊など哀しいこともありました。 来年はどんな尾瀬になるのでしょうか? 尾瀬沼の再開発で消えてしまう風景もありそうで、ちょっとまた激動のシーズンになりそうな気もしますが、楽しいこともあるでしょうから、楽しみですね。 ありがとう今年の尾瀬! また来年(^o^)/

続きを読む


遠きかな~♪ [野鳥/カワセミ]

 尾瀬シンポジウムの翌日は、渓流へ! 近くで見られたポイントにはまったく寄りつかなくなったヤマちゃんたちなので、通称「別荘地」に思い切って早朝から待機してみました。 付いたときはまだ薄暗くて周りはほとんど見えません、どこかでケッと鳴いた?と思いましたが判らず・・・ ブラインドを設置し終わって双眼鏡で見渡すと、ありゃ! かなり上流の枝に1羽、その対岸にもう1羽いるじゃん! コレまでの無経験でこの距離だと逃げるのですが、逃げないので見つからなかった?ようで、しめしめとばかりに撮影でした。

 陽の当たる日中はどこかへ行ってしまいますが、陰ると出てきてくれて、夕方まで見える範囲に居てくれて撮影できましたが、相変わらず近寄ってこないので遠い遠いヤマちゃんです。 シャッターだけはいっぱい切りましたが、遠いとピンが来ないことが多くてトマリモノ以外はボケボケの嵐でした(T-T) ま、そんな中から掲載します。 暗いのでiso1600~3200で撮ってますので荒れてます。

【機材: K-5IIs SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM】  ※クリックで拡大。

↓↓ ブライド設置終わって見たらこの枝にまず発見しました! もっと暗いうちからいたようです。 この枝から何度か飛びこんでました、1回だけホバリングをしたのですが、双眼鏡で見ていたので慌ててファインダーを覗くと終わってました(T-T) 1年ぶりのホバリングだったのに悔しい思いでした・・・  (ノートリミング)

IMGP8378a.jpg

↓↓ 日が当たり始める9時半くらいまで遠くに見えてましたが、川面に陽が入る頃、更に上流へ行ってしまい、帰ってきません。暇なので近くにたまにやってくるカワガラスで遊びます。(ノートリミング)

IMGP8421a.jpg

↓↓ 12時半ころでしょうか、1羽戻ってきて、続いてもう1羽戻ってきました。オスメスそろい踏みです。 これはメス。 (大トリミング)

IMGP8478s.jpg

↓↓ 何かをしきりに警戒してました。 (大トリミング)

IMGP8484s.jpg

↓↓ 離れて枝止まり。 さーて、これからいろいろ撮影出来るかな? と思っていたら上流からカヌーの集団が!! 2羽ともキャッキャッと警戒音を出しながら逃げ出してしまい、下流へ行ってしまいました! あああ・・・ そしてカヌーの1人がブラインドを見つけると指さしてなにやら言ってました。 まったく邪魔ですカヌー! (ノートリミング)

IMGP8510a.jpg

↓↓ 15~30分後に揃って戻ってきてくれてホッとしました。 逃げたのでお腹が空いたのかすぐに捕食行動! (ノートリミング)

IMGP8454a.jpg

↓↓ 飛びこんで途中でプチホバリング?? でもゆっくり下がっていたので完全なホバではないですね。ピン甘ですが何とか見れるシャープさで捉えました。 このときはカジカをゲットでした!  (大トリミング)

IMGP8526s.jpg

↓↓ 朝止まっていたこの枝はお気に入りのようです。 また魚狙ってます。 オスメス同時に離れて捕食行動するので、どちらを撮影するのかほんとに迷い、迷ってるとシャッターチャンスを逃すので大変です。 (大トリミング)

IMGP8604s.jpg

↓↓ 飛びこんで見事カジカ?を咥えてこの岩へ来ました。すでに食べてまったりしているオスがいますが、岩の向こう側からタイミング良くカワガラスが飛び出てきて、メスはもうビックリポン!! 慌てて上流へ飛び去りました(^-^;) 魚は落とさなかったようで、凄く遠いところで食べてました。 (大トリミング)

IMGP8616s.jpg

↓↓ このカップルはとても仲が良くて、時々追いかけ合って遊んでます。 遠いのが幸いして追いかけられるのですが、遠すぎでAFが迷うらしくなかなかピンが来ませんでした。 まあレンズの解像度の悪さの影響もありますが、これもかなりボケてますが、捉えた記念にアップします。 ジャスピンなら格好良かったでしょうね~  (大トリミング)

IMGP8814s.jpg

↓↓ これは、いくぶんピンがきてます! しかも、かなり接近した場面です。  (大トリミング)

IMGP8816s.jpg

↓↓ 今回、一番至近です。それでもたぶん100mくらいはあると思います。 (ノートリミング) 

IMGP8860a.jpg

↓↓ 飛び出しの瞬間。 こちらもまずまずの近さです。 (ノートリミング)

IMGP8754a.jpg

↓↓ 向かってくるヤマちゃん。 もう薄暗いのでISO3000で荒れ荒れですがピンは来たかな!?  (大トリミング)

IMGP8768s.jpg

↓↓ 飛び去るヤマちゃん。  (大トリミング)

IMGP8792s.jpg

↓↓ そして、ラストカット。 かなり暗い林の中へ鳴きながら出たり入ったり・・・ もしかしたらここが寝床? このあと鳴き声も聞こえなくなり移動したのだろうということで撤収しました。 寝床で無いとは思いますが・・・

IMGP8904s.jpg

ヤマちゃんまで遠いポイントですが、暫くここで撮ることになりそうな感じです。

続きを読む


尾瀬保護財団設立20周年記念シンポジウム [尾瀬]

 今日は寒風吹きすさぶ中でしたが、東京虎ノ門で行われた尾瀬保護財団設立20周年記念シンポジウムに行ってきました。会場では沢山の尾瀬の知り合いがいて、少しですが談笑も出来て良かったです。また、初めての方にもお会い出来て嬉しかったです。お会い出来た方、ありがとうございました。

 まあシンポジウムの内容は眠いところもありましたが、新井先生のドローンの映像は面白かったです。規制が厳しくなったので一般人にはなかなか許可は下りなくなりそうですね・・・。

【機材: Nikon P510】

↓↓ ビルの間に囲まれた谷間にある金毘羅宮。なんだか不思議な感じです。

Dscn8934a.jpg

↓↓ 尾瀬に貢献した方々の表彰式の様子。壇上に群がる報道?カメラマンが凄まじいです(^-^;) さすがに壇上に群がるのはいかがな物かと・・・

Dscn8939a.jpg

↓↓ スライドトークの新井先生のドローンの映像は新鮮でした。 このほか基調講演で山ガイドテレビでおなじみの橋谷 章さんのお話もありましたが、やや眠かったです(^-^;)

Dscn8943a.jpg

↓↓ パネルディスカッション。 

Dscn8949a.jpg

↓↓ 写真展の様子。 真ん中の写真は尾瀬仲間のkyon2 さんの銅賞の写真。その後ろは尾瀬仲間のhanamiさんの銅賞の写真です。過去の金賞の写真もありました。 やはり大きい写真は良いですね。

Dscn8936a.jpg

↓↓ 受付でもらったパンフどっさりの一部とDVD。 缶バッヂは200円以上の寄付で1個選んでもらえました。 時間差で2個ゲットしました(^-^;)

Dscn8955a.jpg

強い寒気で尾瀬はそれなりに積雪しているようですね、さらにこのあとクリスマス寒波も襲来と言うことで、あわばアヤメ?とも思いましたがもう無理そうです? また来年。

続きを読む


カタリナ彗星と月面X [天体写真]

 今朝は早起きしてカタリナ彗星を撮影しました。寒気が入り透明度も良く高度も上がってきたので、今回はナノトラッカーで追尾撮影してみました。 探し出すのにちょっと苦労しましたが、何とか捉えました。 でも、東京の市街地では尾は出ませんね・・・ 特に今回は暗いので夜空の暗いところで無いと無理そうです。

 また今日は「月面X」という現象が起こる日でもありましたので、撮影してみました。これは上弦の月のときにだけ見られるものですが、またまだ認知度は低いようです。

【機材: K-5IIs M200mmF4 / Nikon P510 / ナノトラッカー】  

↓↓ カタリナ彗星。 換算300㎜ノートリミングです。 トーンカーブをちょっと弄ってみましたが、あまり変わりませんでした。 【ISO800 10秒】 ※画像は大きくなります。

IMGP8348S.jpg

↓↓ 別画像のを大きくトリミングしてみました。 夜空の暗いところだと、右斜め上と下に大きくコンパスのように開いた尾が伸びています。 また河口湖あたりに撮影に行きたいですが・・・

IMGP8352s.jpg

↓↓ 月面Xです。 矢印の所にX状に白いものがあります。 上弦の月の時にだけ見れる現象で、太陽の光が複数のクレーターの縁が重なったところにあたることで起きますが、僅かに1時間余りしか鮮明に見ることが出来ません。上弦の月は毎月ありますが、上手い具合に夜間でないと見ることが出来ませんので年間でも3~4回くらいしかチャンスがないそうです。 この写真はNikon P510で撮影しました。

Dscn8924ss2s.jpg

↓↓ 拡大してみます。

Dscn8924ss2ss.jpg

続きを読む


【お知らせ】 スパムメールにご注意ください!! [雑談]

 お知らせです、私のメールアドレスを使った、または経由したような督促状のようなメールが出回っているようです。もちろん私とは一切関係ありませんが、添付されているファイルをあけたり、内容を鵜呑みにしないようにお願いします。

 迷惑メールを防ぐことは出来ても、こういうふうに使われてしまうというのは個人ではどうしようもありませんから困ったものです。

 ちなみにそのスパムメールは私にも届いているのですからマヌケな話しです(^^;)

 ということで、見つけたらすぐに破棄してください。

 お知らせでした。